レポート

サイバーエージェントのエンジニアが「Go」言語を語る ~「オレシカナイト Vol.2」イベントレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2017年6月23日,サイバーエージェントはエンジニア向けのイベントであるオレシカナイト Vol.2 アドテク×golang勉強会を開催しました。本稿ではその模様をレポートします。

新しい技術への挑戦に付きものの“つまずきポイント”を共有

オレシカナイトは,サイバーエージェントが運営するメディアの広告部門である,メディアディベロップメント事業本部(以下,MDH)のエンジニアが,新規技術に挑戦する中で踏み抜いてしまった⁠地雷⁠を共有するというもの。なお,オレシカナイトは,今回で2度目の開催となります。

最初に,2014年からMDHのアドテクノロジー局 局長を務め,現在は株式会社AJAの取締役である小越崇広氏が,開会の挨拶としてMDHの業務内容や今回のオレシカナイトの趣旨について説明しました。

株式会社AJA 取締役 小越崇広氏

株式会社AJA 取締役 小越崇広氏

小越氏はMDHについて「自社メディアのマネタイズの専門組織」だと説明し,具体的なメディアとして国内最大のブログメディアである「Ameba」や,インターネット放送局として話題を集める「AbemaTV」などを挙げました。そしてMDHの価値観の1つに「技術的挑戦」があると話し,次のようにオレシカナイトの趣旨を語りました。

「MDHでは新しい技術を使ったり,課題を解くために新たなプロセスを試したりするといった挑戦を積極的に行っています。ただ,新しい技術を使うと必ず⁠つまずきポイント⁠があります。そこで,どうせなら我々が取り組んできたことの苦労をみなさんにお裾分けしたいと考え,オレシカナイトを実施しています。今回に関してはGo言語を使ったプロダクトが多かったので,我々がGo言語を使ってつまずいたところ,あるいは感じたところを共有させていただきます」⁠小越氏)

新卒エンジニアがgolangに触れて感じたこと

小越氏の挨拶に続いて登壇したのは,新卒で入社して2年目のエンジニアである大江善渡氏です。大学時代,分散処理関連の研究を行っていたという大江氏は,配属当初は社内レポートツールを担当し,現在はDSPの計測サーバー部分の開発に従事しています。今回は「1年目でgolangとScalaを触った話」というタイトルで発表を行いました。

メディアディベロップメント事業本部(MDH)⁠ 大江善渡氏

メディアディベロップメント事業本部(MDH) 大江善渡氏

大学時代は主にJavaを使っていたという大江氏は,当時のMDHのサーバーサイドエンジニアが主に使っていたScalaについての感想から話し始めます。その中で印象に残ったのは,⁠開発以前にScalaの言語仕様で苦しめられました。苦労する分,習得する報酬も大きいのですが,Scalaを身に付けるのにどれくらいの時間がかかるのやらと,当時はかなり焦りました」と感想を述べた部分。Scalaには多くのメリットがある一方,習得するにはそれなりのハードルをクリアしなければならないことが分かります。

一方,golangについては他言語に比べて習得が容易ではないかとしました。

「Scalaの後に触った影響もありますが,かなりラーニングコストが低いのかなと印象を持ちました。言語仕様がシンプルで,習得するのがほかの言語に比べて比較的簡単なのではないでしょうか。具体的には,golangには継承やGenerics,例外処理といった機能が備わっていません。これらの正しく使うことが難しく,乱用することの弊害が生まれやすい可能性があるものが取り払われている印象です。また継承とかがないので,既存のコードだとかをすべて読むのに,それほどの時間を割く必要がない。そこもメリットだと感じています」⁠大江氏)

新たな言語にチャレンジする際,ひととおり使いこなせるようになるまでにどれくらいの時間がかかるのかは,誰しも気になるところでしょう。その点について,若い大江氏ならではの視点でストレートにScalaとgolangを比較した説明は分かりやすく,とても参考になりました。

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトおよびオウンドメディアの構築及び運用支援のほか,エンタープライズ領域を中心に執筆活動を行っている。

バックナンバー

2017年

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入