レポート

HTML5 Conference 2017 基調講演レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

9月24日,東京・北千住にある東京電機大学にて,HTML5 Conference 2017が開催されました。本稿では,基調講演の模様をレポートします。

基調講演の進行役であるhtml5j代表の吉川徹氏は冒頭,⁠HTML5の最初の草案が2008年に作成されてから,9年ほど経っています。これまでHTML5 Conferenceという名前でイベントを行ってましきたが,もしかしたら⁠HTML5⁠と冠するのは今年が最後になるかもしれない。そういう意味ではカンファレンスの節目です」と述べました。

画像

そして,村井純氏と及川卓也氏の話がありました。

村井純氏「Internet for 2050」

慶應義塾大学環境情報学部長・教授の村井純氏は,先日IAB(Internet Architecture Board)にて「Internet for 2050」というタイトルで,2050年に向けてインターネットは何をすればいいのか,という議論を行ったと言います。そのときの議論が面白かったそうで,今回はそのときの村井氏自身の意見を,この場の参加者に尋ねてみたいと話しました。

画像

この本題に入る前に,こんにちのインターネットについて,いくつか話がありました。

  • WIDEプロジェクトが来年30周年を迎える。管理している,M-Root DNSサーバーは今年20周年を迎えた。2050年がこれから30年と考えると,インターネットをデザインしてきた過去30年のトピックを振り返り,それらを反対側に折り込むと,なにか思いつくことがあるのではないか。
  • 日本のIT周りの法整備の変化。インターネットを国民が使えるようにするための理念をまとめたIT基本法(高度情報通信ネットワーク社会形成基本法)が2000年に,セキュリティのためにサイバーセキュリティ基本法が2014年に制定された。そして昨年2016年に制定された官民データ活用推進基本法で使われるデータは,Webの上で動き,Web上で使われることになる。
  • 科学技術イノベーション予算戦略会議での資料官民研究開発投資拡大プログラムについてでは,ターゲット領域検討の全体俯瞰図における基盤技術として,サイバーセキュリティ,プロセッシング,ネットワークなどのOSに近い技術が示された。

画像

そして,⁠俺にとってのインターネット原理」⁠Principlaes of the Internet to me)という村井氏自身の意見,次の8つの項目それぞれについて,同意するかどうかを参加者に問いかけました。問いかけとともに持論を説明しました。

  1. フラグメントするなよ。グローバル標準だ。⁠The Internet is the Internet, not internet.)
  2. 全部の計算機資源はインターネットで最適利用できる。⁠Single platform for the global computing.)
  3. 洗練された分散処理の理想の基盤であるべきだ。⁠Ideal platform for sophisticated distributed systems.)
  4. 計算速度と量に対する要求はムーアの法則どころじゃない。⁠Moore type requirements on computing and processing.)
  5. インターネット上のデータ量は無限に増えると考えるべきだ。⁠Infinity digital data traffic)
  6. 経路の冗長性,資源の補完性,その切替の判断がインターネットの命だ。⁠Redundant path, backup, contingency system)
  7. 分散した協調運用が神。安定して,柔軟な運用は分散システムとしてのみ可能。⁠Solid and flexible distributed system for operations)
  8. システムを守ろう。人を守るのは社会がやる。⁠Secure the network system, not users)

画像

村井氏は最後,9番目の項目を取り上げるにあたり,スペースシャトルから見える夜の地球,そして日本は昼のように明るいことを示しました。このことは地球がテクノロジーで支えられている環境であることだとし,このことを9番目の意見:

  1. WEBが地球の環境だ(WEB is the environment of the planet)

につなげ,発表を締めくくりました。

画像

著者プロフィール

高橋和道

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

URL:https://twitter.com/k_taka

コメント

コメントの記入