レポート

エンタープライズからエンドユーザまで取り込む求心力―「Dell EMC Forum 2017 Tokyo」基調講演レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて

2017年10月26日,ザ・プリンスパークタワー東京にて,⁠Tokyo Dell EMC Forum 2017」が開催された。会場来場者数2,085名と昨年よりも約500名ほど多く,会場規模もそれに合わせ大きなものになった。昨年はDellとEMCの統合がどのような顧客メリットがあるのか,それに「デジタルトランスフォーメーションの必要性」と関連付けてのプレゼンテーションが多かったが,今年はより一段階進めて「デジタルトランスフォーメーションの実現(Realize)⁠がテーマである。

基調講演は,デル⁠株⁠代表取締役社長 平出智行氏写真1とEMCジャパン⁠株⁠代表取締役社長 大塚俊彦氏写真2による開会の挨拶から始まり,米国Dell EMC サービスおよびIT担当プレジデント ハワード・エライアス氏による講演,そしてゲストスピーカーとしてコニカミノルタ⁠株⁠代表取締役兼CEO 山名昌衛氏,サイボウズ⁠株⁠代表取締役社長 青野慶久氏による講演が行われるという構成だ。

写真1 デル⁠株⁠代表取締役社 長平出智行氏

写真1 デル(株)代表取締役社 長平出智行氏

写真2 EMCジャパン⁠株⁠代表取締役社 長大塚俊彦氏

写真2 EMCジャパン(株)代表取締役社 長大塚俊彦氏

デジタルトランスフォーメーション実現への4つの旅

米国Dell EMC ハワード・エライアス氏写真3による戦略発表は,デジタルトランスフォーメーションの実現(Realize)をするために何が必要なのか,自社の製品群と絡めてプレゼンテーションするものだった。

写真3 米国Dell EMC サービスおよびIT担当プレジデント ハワード・エライアス氏

写真3 米国Dell EMC サービスおよびIT担当プレジデント ハワード・エライアス氏


デジタルトランスフォーメーションの実現とは

デジタルトランスフォーメーションとは劇的な形の変化を意味し,すべての企業・業界でこの変革が起きています。多くの企業はデジタルトランスフォーメーションをするための旅の途中にあります。当社はファミリー企業全体でこれを支援します。

IT導入により常識の破壊が起きています。人間の集中力の平均持続時間は8秒に縮まり,在宅勤務を希望する社員の割合は80%に増加,現在流通しているデータの90%は過去2年間に機械・デバイスが生成したデータです。IoTのデバイスはコストも下がり,流通個数が1兆個を超える日も近いでしょう。すべてのモノがつながる。それは脅威にもつながります。新しい攻撃が毎日百万回も起きています。当社はセキュリティ異常の検知もしています写真4)⁠

写真4 ITによるさまざまな変化(今すぐ,どこでも仕事,データの氾濫,脅威の増加)

写真4 ITによるさまざまな変化(今すぐ,どこでも仕事,データの氾濫,脅威の増加)

数年前にUberやAirBnBのような会社が生まれて,ここまで成長するとは誰もわかりませんでした。今,Internet of Everythingが目の前にあります。この3年で当社は大きな投資をしてきました。エッジからクラウド,そしてコアに対してです。だからこそ当社を作ったのです。これをファミリー企業で実現していく,ビジネスに欠かせないインフラをユーザに提供していく企業になろうというのが目標です。我々ファミリー企業各社のビジネスの専門性を使うことで,皆さんの変革に役立ちたいと考えています。

アプリケーションのデータからビジネスが始まります。ビジネスの価値をデータから使えるようにするのが課題です。インフラはクラウドを土台にしています。そしてクラウドはマルチクラウドの世界になっています。そのすべてでセキュリティが担保されていなくてはなりません。当社はインフラのプロバイダになりたいわけです写真5)⁠

写真5 アプリケーション,ユーザ,クラウドの関係性

写真5 アプリケーション,ユーザ,クラウドの関係性

エッジからコア,クラウドまで

当社は,製品との製品と接続性を実現し,どこでも使える・接続できる方法を提供しています。現在,アプリケーションはまだまだパッケージ製品が多く,SOR(システムオブレコード)を扱ったものをサポートしています。しかし,ユーザはプログラミングを自分でする重要性に気づいています。そこで出てくるのがPivotalです。開発において知見を得て,そこから価値を導き出す,ユーザとより良いやり取りをするためのノウハウがあります。

ここで重要なのがマルチクラウドの世界では,マネージメントと管理をやっていく,世界中にある基幹系のアプリケーションをクラウドに持っていくものです。ですからインフラが重要で,どんどんクラウドにしています。仮想化,コンバージドインフラをクラウドにもっていく,それらの市場でトップシェアになっています。毎年,45億ドルを研究開発に投資し,安全で信頼のおけるインフラを作っています。もちろん,すべての攻撃を防ぐことがきませんので,危機の検知にも力を入れています。

そうしたさまざまなサービスがあり,コンサルから導入・保守まで提供できます。価値を上げる時間を最大限に増やしノンストップで提供します写真6)⁠

写真6 エッジからコア,クラウドまでファミリー企業でカバー可能

写真6 エッジからコア,クラウドまでファミリー企業でカバー可能

Dell Finanscial Serviceは従量課金システムを柔軟に提供します。ITを必要なときに使使ってもらうしくみです。つまりすべて必要なものがそろっています写真7)⁠

写真7 ITエコシステム全体をカバーする4つの道のりを示す

写真7 ITエコシステム全体をカバーする4つの道のりを示す

コメント

コメントの記入