レポート

これからの業務アプリにXAMLがもたらす可能性―「ECHO Tokyo 2017」で見えた業務アプリ開発の未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Windows 10 Fall Creators Updateが2017年10月にリリースされ,いよいよ仮想現実(VR)⁠複合現実(MR)といった,まったく新しい分野のアプリケーションが身近なものになってきました。背景には,スマートフォンやタブレットなど,さまざまなフォームファクタのデバイスが普及し,従来のPCだけでなく,身近になった新しいデバイスの業務領域での活用ニーズが広がっています。コンピューティングはこれからも変貌を続けることになりますが,激変するコンピューティング環境の中で,今後の業務アプリケーションはどのような姿に変わっていくのでしょうか。

XAMLは業務アプリの未来を照らす技術となるのか?

現在でも,オフィスのほとんどのPCにはWindowsがインストールされています。業務アプリも,Windowsデスクトップアプリとして動作するのが主流です。しかし従来型のWindows Formsベースの業務アプリでは,たとえば高解像度ディスプレイを持つ新しいWindowsデバイスや,iOSやAndroidを搭載したスマートフォンやタブレットに対応して,それらの能力を十分に引き出すのは簡単ではありません。

このような状況で,企業と開発者がこれまでに蓄積してきた業務アプリや,開発者自身のスキルを生かしながら,業務アプリの新い可能性を切り拓くためのキーワードの1つとして,⁠XAML」⁠Extensible Application Markup Language=ザムル)が再び注目を集めています。

XAMLをテーマとして,2017年10月6日に開催された「ECHO Tokyo 2017」

XAMLをテーマとして,2017年10月6日に開催された「ECHO Tokyo 2017」

2017年10月6日,このXAMLをテーマとして,⁠ECHO Tokyo 2017」という技術カンファレンスが開催されました。本稿では,このイベントを主催したグレープシティ株式会社の福地氏と津留氏に,イベント開催の背景や,XAMLがこれからのWindows業務アプリ開発にもたらす可能性などについて伺いました。

左:グレープシティ⁠株⁠ ツール事業部 津留季子氏
右:グレープシティ⁠株⁠ ツール事業部 福地雅之氏

左:グレープシティ(株) ツール事業部 津留季子氏。右:グレープシティ(株) ツール事業部 福地雅之氏

今なぜXAMLなのか?

グレープシティが主催する「ECHO」では,これまでJavaScriptやTypeScript,Angularなど,どちらかというとWeb系,OSS系技術をテーマにしていました。今回のECHOではなぜ,XAMLを取り上げたのか。福地氏に伺うと,その答えは明快でした。

福地:

「using XAML」⁠XAMLを活用できるエンジニアを増やしたいんです。

デスクトップアプリのUIをWindows Formsアプリよりもはるかにリッチなものとすべく,XAMLはWPF(Windows Presentation Framework)と同時に登場しました。それ以降,XAMLはその適用領域をWPFからSilverlight,Windows Phone,Windows RT,そしてUWP(Universal Windows Platform)へと変えながら使い続けられており,これからも使われていくことになるといえます。

XAMLの変遷(⁠ECHO Tokyo 2017」における日本マイクロソフト 高橋忍氏のセッションより)

XAMLの変遷(「ECHO Tokyo 2017」における日本マイクロソフト 高橋忍氏のセッションより)

WPFとともに登場した当時,XAMLの主な用途はWindows用のデスクトップアプリのUIを記述することでした。だが,Windows 10が登場すると,さまざまなデバイス(Windows 10デバイス)で動作するアプリのUIを記述するための技術として適用領域が広がりました。さらにXamarin.Formsを使えば,その対象領域はWindowsばかりでなく,iOS/Android向けのネイティブアプリ開発まで広がります。Windowsデスクトップを含め,クロスデバイス対応/クロスプラットフォーム対応のアプリを開発可能にすることが現在のXAMLの大きな魅力の1つです。

業務アプリの中には,何十年という長期にわたり使われ続けられるものもあります。だからといって,業務アプリが社会の変化とは無縁でいられるというわけではありません。業務アプリは,業務(=ビジネス)の機能性や生産性を高めるツール。時代とともに私たちの生活が変われば,マーケットが変わり,ビジネスを変貌させることもあります。マルチデバイス/マルチプラットフォーム対応に代表されるように,業務アプリへのニーズは,時代とともに変わるのです。はたしてこれからの業務アプリには,どんなことが求められるようになるのでしょう?

コメント

コメントの記入