レポート

オートモーティブ,医療分野で採用が進むQtの今 -「Qt World Summit 2017」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

2017年10月10日から12日の3日間,ドイツ,ベルリンのBCC(Berlin Congress Center)にてQt World Summit 2017(以下,QtWS)が開催されました。筆者は,今年より弊社SRAのQtチームにアサインされ,Qtの知識を高めるためにQtWSに初めて参加しました。ここでは,その時の模様をレポートします。

QtWSは,クロスプラットフォームアプリケーションフレームワークであるQtの開発者や,Qtで製品を作成するベンダ,ユーザが集まるカンファレンスです。今回は,QtWSに先立って,Qt開発者が集まるQt Contributors' Summit 2017(QtCS)が10月9日から10日の2日間,ベルリンにて開催されています。詳細については別レポートを参照ください。QtCSは,Qt開発に関わる人たちが長期的なトピックを議論するのに対し,QtWSは,QtユーザがQtベンダーなどからの短期,中期的なトピックについて,いろいろ学ぶ場という位置づけです。

会場となったBCC(Berlin Congress Center)

会場となったBCC(Berlin Congress Center)

また,QtWSアプリがAndroidおよびiOS用で提供されており,これらはQt 5.9およびV-Play SDKにより実装されています。このアプリでは,QtWSカンファレンスのスケジュール内容や詳細情報の確認,お気に入りに登録し自身が参加するセッションの管理を行うことも出来ます。筆者は,QtWS期間中,このアプリにて,セッション内容の確認やカンファレンスルームの確認に使用しました。なお,アプリはオープンソースとしてGitHubに登録してありますので,興味がある方は参考してください。

カンファレンスの内容としては,初日にトレーニング,残り2日はキーノートとセッションが行われました。

トレーニングデー

トレーニングデーを受講するには,QtWS申込時に,希望のトレーニングコースを選択する必要があります。今年は,以下の13コースが行われました。

  1. Introduction to Qt/QML
  2. Introduction to Multithreading with Qt
  3. Introduction to Model/View Programming with Qt
  4. Introduction to Qt for Mobile Platforms – Android/iOS
  5. Introduction to Qt 3D
  6. Introduction to Modern OpenGL
  7. Introduction to Profiling and Debugging for Qt Development on Linux
  8. Introduction to CMake
  9. Introduction to Testing Qt GUI Applications with Squish
  10. User Experience Design for Embedded Devices by ICS
  11. Advanced QML
  12. Advanced Modern OpenGL
  13. What's new in C++14 and C++17?

筆者は,⁠Introduction to Qt for Mobile Platforms – Android/iOS」を受講しました。

トレーニング会場への案内板

トレーニング会場への案内板

トレーニングの模様

トレーニングの模様

このコースは,KDAB社のMike Krus氏により,AndroidやiOSのQt Mobile環境における開発手法に興味がある人を対象に,主にスライドを用いた講義形式で,時折デモも交えて詳細の説明が行われました。本コースには,20人程度の受講者が参加しており,講義中に受講者からの疑問や質問に,ていねいに回答していました。

講義内容では,最初に,AndroidとiOSそれぞれの開発環境の構築方法について,次に,QMLとQuick Control 2導入の説明および,QMLをMobileで使用する際の注意点について,最後に,各Mobile環境特有の機能と統合するための説明がありました。

トレーニングでは,説明に使用したスライドの印刷物を受講時に配布されました。本コースの資料は400ページを超えており,そのため,だいぶ駆け足の説明になった部分もありましたが,あとから参照してもわかるように細かな部分まで配慮して資料が作成されていました。また,コースで使用したデモのサンプルコードも事前に配布されており,これらも合わせて復習するのもよいと思います。

著者プロフィール

鈴木哲也(すずきてつや)

株式会社SRAの開発エンジニア。2017年度からQt関連プロジェクト専任となり,Qtのコンサルティングやアプリケーション開発を担当している。

コメント

コメントの記入