レポート

AbemaTV Developer Conference 2017レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2017年10月21日,東京都渋谷区のTECH PLAY SHIBUYAにて,株式会社AbemaTVによる主催で「AbemaTV Developer Conference 2017」が開催されました。その模様をレポートします。なお,発表資料はイベントのWebサイト動画はFRESH!で公開されているので,詳細はそちらを参照してください。

AbemaTV将棋チャンネルの配信技術 ~全国完全生中継への挑戦~

配信技術を担当する藤崎 智氏の本講演では,⁠AbemaTV」で将棋チャンネルを配信する際に利用している技術について解説されました。配信のために光工事をするなどして安定した配信を行えるようにしているそうです。中には会場が国宝であるため工事が行えず大変だったなどの苦労話も聞くことができました。

藤崎 智氏

藤崎 智氏

AbemaTVの画質定義~ラウドネスマネージメント

トランスコードエンジニアの御池 崇史氏による本講演では,⁠AbemaTV」の録画放送で利用する配信用動画ファイルについて取り上げられました。フォーマットがまちまちな素材をどのように配信可能な形式に変換しているのか解説されました。画質はSSIM,PSNRという数値で表現することにより,品質を担保しているそうです。

中でも映像中の音声の大きさを調整するラウドネスマネージメントについては詳細に解説され,制作年代や家庭版,劇場版などによっても異なる特性を持つ音をどのように調整しているのかの解説が興味深かったです。

御池 崇史氏

御池 崇史氏

AbemaTVモバイルアプリの開発体制と開発プロセスの話

iOSエンジニアの波戸 勇二氏による本講演では,特にiOSアプリの開発体制と開発プロセスについて解説されました。

スクラムを採用しているとのことですが,開発とQAが重複する期間が進めにくいので,重複しないようにするなど工夫しているそうです。GitHub Flowをベースにした開発で,ブランチ戦略についても詳細に解説がありました。その他,Slackにさまざまな情報を通知していること,QAを効率化するたためにデバッグメニューを設け,CPUやメモリの使用率はもちろん,リモート/ローカル通知をシミュレートできるようにしていることなど,非常に実践的な内容でした。

波戸 勇二氏

波戸 勇二氏

デザインのBefore & After

デザイナーの松本 俊介氏と清水 康秀氏による本講演は,今回唯一のデザインに関するものでした。スマートフォンで上部に表示していた通知が指が届かなくてタップしづらいため下部への表示に修正するなどさまざまな改善をしているそうです。ビデオページではサムネイルを大きくしたり,文字を多くしたりなどの改善をしており,Before,Afterのスクリーンショットを出してわかりやすく解説していました。

また,再生中の番組のTwitterからの流入が少ないのを調査したところ,ツイートからジャンプしたときにその放送が終了していると現在放送中の番組の情報が表示されていたそうです。こちらを該当番組の情報ページにジャンプするようにするなどを行ったそうです。

松本 俊介氏

松本 俊介氏

清水 康秀氏

清水 康秀氏

コメント

コメントの記入