レポート

AbemaTV Developer Conference 2017レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

AbemaTVにおけるモニタリング

サーバサイドエンジニアのLe Van Nghia氏による本講演は,各種情報のモニタリングに関するものでした。Prometheusという監視ツールを利用しているとのことで,その理由としてKubernetesと親和性が高い点,性能が良い点,PromQLというPrometheusに用意されたデータベースを操作する言語が使いやすい点などが挙げられるそうです。

そのほか,監視項目が増えて1つのPrometheusでは厳しくなったときの対処や,Configファイルを自動生成してくれるPrometheus Operatorについてなどさまざまな解説がありました。また,トラフィックをリアルタイムに可視化するためにPromvizというOSSを開発し利用しているそうです。

Le Van Nghia氏

Le Van Nghia氏

Microservices下におけるWebの負荷対策 -SSR×SPA×PWAへ向けて

Webエンジニアの大泉 明日香氏による本講演は,今回唯一フロントエンドを扱うものでした。人気番組のいくつかでは想定以上の負荷がかかってしまった結果障害が発生したのですが,その解消に時間がかかってしまったそうです。その原因を調査した結果複数の原因が見つかり,それぞれ行った対策を紹介していました。中には来週くらいに行われる改善もあるそうで,今後もWeb版の「AbemaTV」のパフォーマンスを上げていきたいとのことでした。

大泉 明日香氏

大泉 明日香氏

AbemaTVを支えるアプリの優しさ

Androidエンジニアの小形 昌樹氏による本講演は,アプリ側にもユーザー側にもする優しさである,ネットワーク通信量をいかに抑えるかについてのものでした。プレイリストを余分に取得してしまう問題を発見して解消した模様や,さまざまな条件を考慮してビットレートを動的に変更していることなど,通信量を抑えるさまざまな工夫が紹介されました。

小形 昌樹氏

小形 昌樹氏

MPEG-DASHによるリニア型配信

サーバサイドエンジニアである山中 勇成氏による本講演では,HTTPでストリーミングを行う統一的な規格MPEG-DASHについて取り上げていました。このMPEG-DASHでメディアの情報を記述するファイルであるMPDについて,AbemaTVで利用しているものを参考に要素別に解説されました。あらかじめ編成された番組表に従って行う配信であるリニア配信をMPEG-DASHに対応したことについてさまざまな解説がありました。

山中 勇成氏

山中 勇成氏

AbemaTVの裏側 - 大規模トラフィックを支える技術と負荷対策の話

インフラエンジニアである岡田 翔乃介氏による本講演では,まず負荷試験についての話がありました。

LocustというPython製の負荷テストツールを利用しているとのことで,採用の理由としてスケールに強いこと,Google Kubernetes Engineと相性が良いことを挙げていました。将来的にはChatOps化を進めていくなどしていきたいとのことです。気軽に限界性能試験をしたいときは,wrkというLuaでシナリオを記述できるHTTPベンチマークツールも利用しているそうです。

そのあと自分たちが遭遇したトラブルについての紹介があり,MongoDB Cloud ManagerCloud Bigtableを利用していて遭遇したトラブルや,使いやすくするための工夫などについて解説されました。

岡田 翔乃介氏

岡田 翔乃介氏