レポート

中国のMakerブーム事情~規模の大きさとハードウェアのレベルの高さが目立つ「Maker Faire Shenzhen」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

メイカーズのためのオープンな文化祭

中国のシリコンバレーと言われ,世界最大の電気街⁠華強北(ファーチャンペイ)⁠があることで知られる中国の深セン。そこでメイカーズのためのお祭りイベント「Maker Faire Shenzhen」が11月10日から3日間開催されるということで,初めて会場を訪れてきました。

Maker Faire Shenzhen 2017
http://www.shenzhenmakerfaire.com/

画像

Maker Faireは,発祥の地であるサンフランシスコのベイエリアをはじめ,世界で200近いイベントが開催され,140万以上の来場者が訪れる人気イベントです。その中でも比較的大規模な開催地は,東京をはじめ33ヵ所ほど(2016年)で,深センはその1つに含まれています。

6回目となる今回は,高度な職業技術を教育する「深セン職業技術学院」を会場に,深センという街のパワーをそのまま感じさせるスケールでの展開でした。構内に入るないなや,正面校舎の壁に貼られた巨大バナーと今回のテーマである「MAKERS GO PRO」というメッセージが目に入り,前庭に飾られたマスコットオブジェや会場へ向かうアーチなど,本格的なディスプレイでイベントを盛り上げています。

画像 画像

展示ブースのほとんどは屋外テントで,香港の隣に位置する亜熱帯気候なので,11月中旬でも半袖で汗をかくほどの暑さです。そこに,さまざまな電子工作機器やレーザーカッター,3Dプリンターを駆使したガジェットやプログラミングキット,アート作品がずらりと並び,その前にはたくさんのお客さんがひしめいています。

画像 画像

屋内ではデジタルサイネージやキネクトを使ったインタラクティブなアート作品が並び,ファッションウェアラブルや電動ミシンでマスコットを作るといったコーナーもあります。

画像 画像

自動折畳み電動スクーターやロボットアーム,鉄パイプ製で人を乗せて動くロボットや木製の垂直離陸型ドローン(VTOL)などは,いずれも体験できるようになっていて,ドローンやロボットで遊べるコーナーもありました。

画像

画像 画像

企業展示もいくつかあり,今回は地元を代表するエレクトロニクスハードウェア企業のSeeedStudioやその一角を使ってソラコムが出展。東芝メモリのFlashAir,Seed Studioの展示もありました。

画像

著者プロフィール

野々下裕子(ののしたゆうこ)

フリーランスジャーナリスト。大阪のマーケティング会社勤務を経て独立。主にデジタル業界を中心に国内外イベント取材やインタビュー記事の執筆を行うほか,本の企画編集や執筆なども手掛ける。掲載媒体は「@DIME」「CNET Japan」「WIRED Japan」などのほか,著書に『ロンドンオリンピックでソーシャルメディアはどう使われたのか』などがある。

Twitter:@younos

バックナンバー

2017年

  • 中国のMakerブーム事情~規模の大きさとハードウェアのレベルの高さが目立つ「Maker Faire Shenzhen」

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入