レポート

横浜で始まった自動運転の社会と未来~Easy Ride試乗モニタレポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2017年1月,株式会社ディー・エヌ・エーと日産自動車株式会社は自動運転車両を活用した新たな交通サービスプラットフォームの開発を開始しました。そして,同12月にサービス名を「Easy Ride」とし,2018年3月5日より,神奈川県横浜市のみなとみらい地区にて実証実験を開始しました。

今回,実証実験に参加し,試乗する機会を得たのでその模様をお届けします。

始まりはスマートフォンから

スマホで目的地設定・配車予約

まず,スマートフォンにてEasy Rideのアプリを起動します。

起動画面

起動画面

すると「何しに行く?」とアプリから質問が表示されます。ユーザはここで目的を答えながら,Easy Rideで移動する目的地を決定することになります。今回は,赤レンガ倉庫まで行くことを目的に,横浜のソウルフード「崎陽軒」の赤レンガ倉庫店をゴールに設定しました。

配車予約完了画面

配車予約完了画面

予約日に乗車場所まで

今回の実証実験は,共同開発企業の1社,日産の本社があるみなとみらい・日産グローバル本社前が乗車場所に設定されています。

日産本社の写真

日産本社の写真

筆者は予定の13:30より少し早めの13:15ごろに到着したところ,スタッフから「スタートが13:30なのでもう少々お待ちください」とのこと。時間ぴったりで稼働するあたりはITならではの特徴と感じました。

乗車にあたっての注意事項

乗車にあたっての注意事項

13:30になり,Easy Rideの試作車が到着。外観は普通の車です。車種は日産が開発している「日産リーフ」をベースにしたもの。

Easy Rideの試作車

Easy Rideの試作車

到着するとスマートフォンにアラートが飛び,画面のように到着案内が届きます。

到着案内画面

到着案内画面

そして,乗車時にスマートフォン経由にて鍵を解錠し,乗車ができます。

鍵の解錠

鍵の解錠

タクシー乗客気分で自動運転を体感

さっそく乗車しました。今回は試乗モニタのため,運転席および助手席にはEasy Ride担当スタッフが同乗しています(現行法令では,運転者はいつでもハンドルを握れる状態になっている必要があるため,写真のように座っています)⁠

スタッフはハンドルを握れる状態で同乗

スタッフはハンドルを握れる状態で同乗

後部座席に座ると目の前にタブレットが用意されており,⁠ようこそ」のメッセージとともに,乗車~降車地,時間や気温などの情報が表示されています。

乗車時,席前のタブレットに情報が表示される

乗車時,席前のタブレットに情報が表示される

あとはこのままスタートです。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入