レポート

Fluentd,EmbulkなどTreasure Dataの最新技術を総チェック! 「TD Tech Talk 2018」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

トレジャーデータ⁠株⁠は,2013年に日本で本格的な事業展開を開始して今年で5周年を迎えます。その節目にあたり同社は,2月19日(月)~21日(水)の3日間,東京都丸の内(JP TOWERほか)にてプライベートイベント「TREASURE DATA⁠PLAZMA”」を開催しました。

TREASURE DATA“PLAZMA”公式サイト
URL:https://plazma.red/

画像

イベントでは多くの講演やショーケースが設けられ,新規事業担当者やマーケター向けに,国内外企業のデジタルイノベーション事例やトレジャーデータサービスの活用事例が紹介されました。参加者は3日間で1400名。これは同社がこれまでに開催したイベントの中では最大規模となります。

また,このイベントの一環として,2月15,19日に技術者向けのイベント「TD Tech Talk 2018」も開催されました。

2月15日は「PLAZMA OSS Day」と題し,トレジャーデータが開発を主導するOSSプロダクトに関する講演が多数行われました。そして,2月19日は「PLAZMA TD Internal Day」と題して,トレジャーデータサービスの内部実装を解説する講演が行われました。

両日とも講演内容は動画で公開されています。

PLAZMA OSS Dayの講演
URL:https://youtu.be/kK80-awh_NM
PLAZMA TD Internal Dayの講演(1)
URL:https://youtu.be/RzQT_9jcrx8
PLAZMA TD Internal Dayの講演(2)
URL:https://youtu.be/wdnNb3yZmro

講演の詳細はこれらの動画で視聴できるため,ここではいくつかの講演のトピックを紹介します。

Fluentd v1.0 and the future

2月15日に行われた中川真宏(@repeatedly)氏の講演「Fluentd v1.0 and the future」は,2017年12月にリリースされたFluentd v1.0の新機能を紹介する内容でした。

Fluentdとは,いろいろなサービス,ミドルウェア,センサーなどからログやデータをリアルタイムで収集するログコレクタと呼ばれるソフトウェアです。Flulentd 1.0では以下の機能が導入されました。

  • 新しいプラグインAPI(より複雑なユースケースに対応できるようになった)
  • イベント時間のナノ秒対応
  • Windowsサポート
  • マルチコアサポート
  • プラグイン作成のための支援機能(Plugin Storage,Plugun Helpers)

講演ではこれらの機能の概要,内部実装,過去のバージョンとの互換性などが説明されました。

Fluentd v1.0の新機能を紹介する中川真宏氏

Fluentd v1.0の新機能を紹介する中川真宏氏

このほか,

  • td-agent 3(Fluentdの安定版パッケージ)の状況
  • Fluentdのコンテナイメージの提供
  • KafkaやPrometheuseとの連携
  • ベンチマークセットに関する作業状況
  • fluent-bit(組込み機器向けの軽量なデータコレクタ)の紹介

など,Fluentdを中心としたエコシステムにも話が及びました。

この講演の内容は,Fluentdのユーザにとっては旧バージョン(v0.12など)からv1.0以降のバージョンに移行する際の1つの判断材料となるでしょうし,プラグイン開発者にとっては既存のプラグインの修正要否の見極めをしたり,新規プラグイン開発を効率化するノウハウを把握したりするのに役立つでしょう。内容が気になる方は動画で講演を視聴してみてください。

また,その際には次の2つの講演も合わせてチェックすると良さそうです。

Cooperative works for Fluentd Community(Kenji Okimoto氏,Hiroshi Hatake氏)

プラグイン開発者から見るv1.0の活用法(Tomohiro Hashidate氏)

この2つの講演では,中川氏の講演で紹介された機能(Kafkaとの連携,Plugun Helpersなど)の詳細が語られています。

コメント

コメントの記入