レポート

さまざまな工夫をこらした施策の展開で,システム設計・開発におけるモデリングツール,MBSEの価値最大化を目指す

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

技術力の維持・育成を目的として標準開発手法の確立に取り組む

続く2つめのセッションの壇上には,三菱スペース・ソフトウエアの藤原啓一氏が上がった。自社が進める標準設計手法に基づく開発を紹介し,その実践の中でEnterprise Architectをいかに活用しているかについて説明した。

三菱スペース・ソフトウエア株式会社 関西事業部 副事業部長 藤原啓一氏

三菱スペース・ソフトウエア株式会社 関西事業部 副事業部長 藤原啓一氏

三菱スペース・ソフトウエアの事業では,高品質かつ高度な信頼性を備えたソフトウェアの供給が最優先の課題であり,同社では継続的な技術革新に取組みながらそうした要請に応えている。⁠様々なドメインのシステム開発に取り組む中で当社では,ドメイン横断で活用可能なMBSEに基づく標準的なシステム設計手法を策定。その適用による開発を実践しています」と藤原氏は語る。

「組織品質自体は表面上,非常に良好になってきていましたが,一方,その裏ではスクラッチ開発が少なくなり,派生開発が増大。その結果,プロダクト品質確保に必要な技術力の維持・育成がなおざりになってしまうという問題が浮上してきました」と藤原氏は語る。特に機能安全設計を行うには,アーキテクチャ開発力が必須であり,スクラッチ開発の形式化,手順化を図る,つまり標準開発手法を確立することで,自社の開発力の底上げを図ることが喫緊の課題であると捉えるに至った。

標準開発手法の確立に向けた考え方としては,規格や手法,ツールありきではなく,まずは,真の目的であるところの品質の向上や安全の確保,コスト低減を達成できる開発・管理プロセスを検討。そのプロセスと各種規格や手法,適用ツールとのギャップを洗い出して,それをプロセスに反映させていくかたちで,標準設計手法を要覧,ガイドラインへとまとめ,それに基づいて現場の開発プロセスを統制していくというアプローチをとることにした。

設計手法の基本的な流れとしては,MBSEをベースに開発対象となるドメインで扱う用語にかかわる辞書の構造定義に始まり,要求図によりシステム要求の構造化を行って,ユースケース図やシステムコンテキスト図を用いてシステム要求仕様を作成。その後ドメイン分割を行って各ドメインごとにユースケースによって振る舞いを定義し,ロバストネス分析を実施したのち,ブロック定義図を用いて論理的な機能分割を行う。それを今度は,ハードウェア,ソフトウェアの視点で分割を行ってそれぞれにおいてなすべきことを決定するというかたちでシステム方式設計を進めるということになる。

このとき,モデリングツールとして同社ではEnterprise Architectを採用している。⁠ただし,設計プロセスをモデリングツールのみでサポートするには無理があると考えます。そこで当社では,Enterprise Architectをベースに据えながら,自社開発したアドインツールやWord,Excel,Visioを適宜,分析において活用するというアプローチをとっています」と藤原氏は紹介する。Enterprise Architectの採用に際しては,APIが公開されていて,その仕様がリリースやバージョンによってブレることがないという点を高く評価したという。

藤原氏の後を受けて登壇した三菱スペース・ソフトウエア 関西事業部 第五技術部第四課長の馬場明子氏からは,Enterprise Architectを用いた設計において,どのような工夫をしているか,すでに述べた自社製の補完ツールにフォーカスするかたちで紹介がなされた。これについて同社では,3つの補完ツールを開発し,設計にかかわるより高度な効率性を追求している。

1つは「CONVExⅡ+」と命名されたツールで,これは開発プロジェクトにおいて不可欠な用語統一を支援するもの。このツール自体,Enterprise Architectのアドインツールではないが,Enterprise Architectのファイルの検証が可能となっている。⁠目視に比べて,はるかに迅速かつ正確な用語のチェックおよび統一が可能となっています」と馬場氏は紹介する。

2つめは,仕様とモデル間のリンクを編集するためのツールだ。同社では,Excelを使ってUSDMを作成しているが,Excel上で記述したものを,Enterprise Architect上にコピー&ペーストで持ってくるといった作業に大きな手間が生じていた。そこでこのツールをEnterprise Architectのアドインツールとして開発。Excel内のUSDMをアドインで読み込んで,画面上の操作でEA上のコントロールと容易にリンクできるようにしている。

そして3つめは,⁠SUBSpACE」と呼ばれる,サブシステムの定義を支援するツール。一般にサブシステムやサブブロックの定義は,設計者の主観に頼ることが多く妥当性,正当性を評価しにくいという問題がある。設計・評価のためには,DSM(Dependency Structure Matrix)を用いる場合には,その作成には時間を要する。そこで同社では,Enterprise Architectのアドインとしてこのツールを開発した。具体的にはロバストネス図のバウンダリやコントロール,エンティティなどの要素の結合性についての評価値が自動出力できるようになっており,評価値を見ながらEnterprise Architectの画面上でサブシステム境界を決定するといったことも可能。設計の効率,品質を向上に大きな貢献を果たしている。

最後に馬場氏は「これらのツールは,当社ホームページで公開しており,どなたでもダウンロードして,無償でご利用いただけるようにしています。ご利用いただいた皆様の声をフィードバックし,継続的にツールを改善していきたいと考えています」と語った。