レポート

Maker Faire Tokyo 2018で見かけたおもしろ作品30選

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

7回目となるMaker Faire Tokyo

年々,出展者も増え,出展作品のクオリティが高まり盛り上がりを見せているMaker Faire Tokyo 2018(MFT2018)⁠7回目となる今年は,8月4,5の2日間,東京ビックサイトにて開催されました。今年の展示ブース数はなんと約530。どの作品も興味深いもので,紹介するのにとても数を絞りきれないものばかりでしたが,それらを泣く泣く絞り込みながら,とくにおもしろかった30の作品を紹介します。

今年も盛況だったメイカーフェア東京

今年も盛況だったメイカーフェア東京

Automatone

明和電機の電子楽器,オタマトーンを自動演奏する装置。オタマトーンがまるでロボットのように見えてくるのがおもしろいです。

iMacを改造したセグメントディスプレイ

パタパタとドットを昔の飛行場の案内板のように切り替えながら表示をするセグメントディスプレイ。デジタルの世界になったからこそ,物理的な表示装置が持つ味に意味があることを感じさせられる作品です。

iMacをディスプレイとしてデジタルとアナログの境界をうまく表現した作品

iMacをディスプレイとしてデジタルとアナログの境界をうまく表現した作品

ミニ四駆用AIプログラミングユニット「mini AI」

ミニ四駆がラップを重ねるごとに速く走るように制御する装置。モータの加減速ができるだけでなく,逆回転もできるためカーブ前で逆回転をかけてブレーキングさせるということも可能です。

AIプログラミングユニットと融合したミニ四駆

AIプログラミングユニットと融合したミニ四駆

Nintendo switchを使ったトイレットペーパーメーター

Nintendo Switchを使ったトイレットペーパーの残量を検知する装置。コントローラのカメラ機能を使うかと想いきや,シンプルにコントローラの傾きを検知して,ロールの残りを算出するという仕組みです。

コントローラの加速度センサで残量を検知

コントローラの加速度センサで残量を検知

全自動スープよく振るマシーン

今年のMFTで見かけたシンプルでバカバカしくもある作品。でも,これが実際に食卓の上にあったら,思わず使ってみたくなるのではないでしょうか。思わずニッコリと楽しくなります。

粉末スープの袋をただ振るだけ(笑)

粉末スープの袋をただ振るだけ(笑)

食べたいご飯の量であなたの将来の姿を映し出す「Tabe g」

皿の上に入ったご飯の量に応じてミラーが曲がり,そこに将来のあなたの姿を映し出します。ご飯の量が少なければ,ミラーはあなたがホッソリと映るように歪曲し,逆にご飯の量が多いときは幅広く映るように歪曲するという仕組み。とてもアナログな仕掛けですが,ドラえもんの世界に出てくるようなユーモラスさがありますね。

ご飯の量が少ないと鏡にはほっそりとした姿が

ご飯の量が少ないと鏡にはほっそりとした姿が

ご飯の量が多いと,太った姿が鏡に映し出される

ご飯の量が多いと,太った姿が鏡に映し出される

著者プロフィール

美谷広海(みたにひろうみ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム,モバイル,Webとデジタルコンテンツの企画,プロデュースを行い,Webサービスの海外進出、海外から日本への事業展開に従事中。ブログは『Fool on the Web』。海外に日本のIT情報を紹介するasiajin.comにも参加しています。

メールは hiroumitani@gmail.com

コメント

  • じつは。。。。。

    「りひと」というのは昔から使っている名前で、とあるパイロットの名前からとっていたりします(´・ω・`)
    でも、「ひとり」のアナグラムというのも面白いですね!次からそう自己紹介しようかな(*´ω`*)

    Commented : #1  りひと工業 (2018/11/15, 01:58)

コメントの記入