レポート

日本をはじめ各国のスピーカーが語るPythonのいま ―「PyCon Thailand 2019」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7 分

PyCon Thailandとは

PyConはプログラミング言語Pythonに関する国際カンファレンスです。アメリカや日本をはじめ世界中で開催されています。近年はアジアでの開催も活発で,そのうちの1つが今回レポートするPyCon Thailandです。

PyCon Thailandはタイで開催されるPyConで,今回が2018年に続き2回目の開催です。筆者はこのイベントにスピーカーとして参加してきました。他にも日本からスピーカーやブース出展で参加した人がいるので,その方からの視点も交えてレポートします。

PyCon Thailand 2019 Webサイト

PyCon Thailand 2019 Webサイト

以下はPyCon Thailand 2019の開催概要です。

日程2019年6月15日(土⁠⁠,16日(日)
場所タイ,バンコク
会場True Digital Park
参加費1,600タイバーツ(約5,600円)
主催PyCon Thailand Organizing Team

前夜祭

カンファレンス前日の夜にスピーカーなどを招待した簡単なパーティーがありました。事前にWebサイト上で「カンファレンス前日にPartyを計画中」と書いてあることを確認していたので期待していたのですが,まったく連絡がありません。するとその日(6月14日(金⁠⁠)の18時45分ごろに「Nowhereという店で20時30分から飲むよ」というメールが来ました。⁠ゆるいな」と思いましたが,誘われたら飲みに行く人なので,当然いきました。

そこでスタッフやスピーカー数名と交流しました。スタッフのFrancoisさんと,次の日のキーノートスピーカーのDavidさんは日本語も少し話せるので,日本語でも交流できました。

このパーティー,最初の1杯が無料だったんですが,そのビールがなんとアサヒスーパードライ。私はあんまり好きじゃないのと,なぜタイに来てまでアサヒビールという気持ちでしたが,まぁ飲みました。ちなみにアサヒビールは結構海外進出しているようです。タイのローカルクラフトビールも飲みたかったので,駅からNowhereに歩いて行く途中にあったEkamai Beer Houseという店に寄り道して,Ekamai IPAを飲んで帰りました。ちなみにこの店にもアサヒビールは置いてあり,他に常陸野ネストビールも置いてありました。

オープニング

カンファレンス1日目のオープニングです。最初にアイスブレイクがあり,よくある「まわりの席の人と挨拶しましょう」といったものです。面白かったのが,このホールの席は階段状になっているのですが「奇数列の人が立って後ろを向いて話してね」というものでした。確かにお互いに目線がちょうどあって良い感じです。私の後ろの席の人は偶然にも台湾からの参加者でした。⁠私は今年のPyCon Taiwanにもトークしに行くので,また会いましょう」といった話をしました。

オープニングの様子

オープニングの様子

なお,写真の右側がPyCon ThailandのChairのDylan Jay@djay75氏で,左側が最初のキーノートスピーカーのDavid Cournapeau氏です。

自分の発表 ― 「Automate the Boring Stuff with Slackbot」

GitPitch Presents: github/takanory/slides

Modern Slide Decks for Developers on Linux, OSX, Windows 10. Present offline. Share online. Export to PPTX and PDF.

1日目のランチタイムの前に私の発表がありました。このトーク自体はPyCon APAC 2019で行ったものと同じでしたが,いくつかスライドを手直ししたり,スライド中のAPAC用のネタをタイ用のネタに変えたりして発表に臨みました。

会場の中に電源のあるファミレスっぽい席があって,集中して直前の準備作業ができました。この席に,他の2名の日本人スピーカー(2人は次の日が発表)もやってきてもくもくと作業を進めていました。

ファミレス席

ファミレス席

さて,実際の発表です。最初にタイに初めて来たよということと,いくつか簡単な質問をすることでアイスブレイクとしました。

「日本に来たことある人?」と質問すると50%くらいの人が手を上げてくれました。⁠まだ来たことがなかったら,ぜひPyCon JPに来てください。PyCon JPで再会しましょう。」という話をしたら少し笑ってもらえました。

「日本に来たことあるひとー?」と聞いているところ

「日本に来たことあるひとー?」と聞いているところ

担当スタッフから「発表が30分で質疑応答が15分で」と言われて「えー,まじかー」と思いつつ,全体的に早口でしゃべっていたら,時間配分を間違えて28分くらいで発表が終わってしまいました。自分的にはちょっと巻いた感じで40分くらいしゃべろうかと思っていたんですが,ペース配分を完全にミスしました。

とはいえ,時間がきてしまったのでしょうがないので質疑応答に入ります。質問は結構な数がでて,そこをなんとかこなすことができたので,筆者自身の自信にもつながりました。いくつか質疑応答の内容を紹介します。

―LINEBotを作りたいんだけど,この仕組みでできますか?

基本的にはメッセージを受け取って,なにか処理をして返すのでLINEBotでもプログラムの考え方は同じです。ただし,SlackbotはSlackに特化したフレームワークなので,LINEBotの場合は別のフレームワークを使用してください。errbotは汎用のbotエンジンと各チャットのアダプターを持っているので,こっちの方が用途には合っているかも知れません。

―このbotはどこで動かしていますか?

PyCon JPではWeb用にサーバーを借りているので,そこで動かしています。Slackbotは動作させ続ける必要があるので,EC2とかHerokuとかを使用するのが楽です。

―Googleカレンダーと連携する機能を作ってみたいが,どうすればよいですか?

この例ではGoogleスプレッドシートを出しましたが,同様にGoogle カレンダーのAPIが提供されているので,そのAPIを使うとよいと思います。私も別のツールでCalendar APIを使っています。カレンダー上のイベントの取得や変更など,一通りの操作ができます。

―このBotはあなたの発言にしか反応しないのでしょうか?

いえ,そうではありません。BotをSlackのチャンネルに招待したら,そのチャンネルの全メッセージに反応します。どのチャンネルでBotが反応するかは,Botをチャンネルに招待するかどうかなので,プログラムではなくSlack側での設定となります。

他に発表に関するネタとしては,発表の中でSlackで送信するメッセージの例として「私はタイのクラフトビールバーを探しています」と書いて「本当に探しています」と言いました。すると参加者の1人が「俺知ってる知ってる!!」というリアクションをしてくれて「じゃあ,あとで教えてね!!」とやりとりできたのは楽しかったです。その方は実際に1日目のパーティー中に「ここの店がいいよ」と教えてくれました。ただ,2日目の夜にそこに行こうとしたら,残念ながら日曜は営業していませんでした…。

また,質疑応答で1名どうしても質問が聞き取れない方がいましたが,他の人が言い直してくれて無事質疑応答ができました。参加者のサポートに感謝です。

発表前に参加者を撮影(この後さらに増えました)

発表前に参加者を撮影(この後さらに増えました)

発表後にBot作ってみるよというフィードバックや,一緒に写真を撮ろうみたいに言われたりしました。私の発表を楽しんでくれたようでよかったです。

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory

バックナンバー

2019年

バックナンバー一覧