レポート

30歳未満のエンジニアたちによる参加型技術カンファレンス、Battle Conference Under30開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2019年7月6日,30歳未満のUnder30エンジニアによるUnder30エンジニアのための参加型技術カンファレンス「Battle Conference Under30(BCU30)⁠が開催された。

BCU30は,Under30エンジニアによるUnder30エンジニアのためのカンファレンスで,今回で3回目の開催となる。名前のとおり,Under 30(30歳未満)のエンジニア向けのイベントで,対象となる(参加できる)エンジニアが30歳未満なだけではなく,運営の主体がすべてサイバーエージェントの30歳未満のエンジニアで行われている点に特徴がある。

司会を努めた株式会社サイバーエージェント野口忠宏氏(左)と上西達也氏(右)⁠会場が元学校施設の体育館ということもあり,時間になると懐かしいチャイムの音が響いた

司会を努めた株式会社サイバーエージェント野口忠宏氏(左)と上西達也氏(右)。会場が元学校施設の体育館ということもあり,時間になると懐かしいチャイムの音が響いた

各スペースでの講演のほか,講演を行った登壇者と直接議論できるブースや誰でも参加できるプログラミングコンテスト,デモ展示やポスター展示など,参加者同士のコミュニケーションを促進するさまざまなコンテンツが用意された。

ここでは,基調講演を中心に,当日の模様をお届けする。

冒頭にて,運営主体の株式会社サイバーエージェントから取締役(技術開発管轄)長瀬慶重氏が登壇。⁠10年前では考えられないぐらい良い時代。エンジニアの未来は明るいです。エンジニアとして活躍するために大事なこと,それは飽くなき探究心,好奇心です。今日はぜひ1日楽しみながらそれを探し,多くの仲間を見つけてください」と述べ,3回目のBCU30の幕が上がった

冒頭にて,運営主体の株式会社サイバーエージェントから取締役(技術開発管轄)長瀬慶重氏が登壇。「10年前では考えられないぐらい良い時代。エンジニアの未来は明るいです。エンジニアとして活躍するために大事なこと,それは飽くなき探究心,好奇心です。今日はぜひ1日楽しみながらそれを探し,多くの仲間を見つけてください」と述べ,3回目のBCU30の幕が上がった

エンジニアとして戦略思考を身に付けること

深澤氏が起業したきっかけ

基調講演は,株式会社AppBrew代表取締役である深澤雄太氏が登壇した。深澤氏は24歳で,3年前に今の会社を立ち上げ,起業から1年後にリリースしたコスメアプリLIPSが順調に成長している。今回はその経験を中心に「技術にまつわる戦略思考」と題したトークを行った。

自身のエンジニアとしてのキャリア,そして,起業経験から,参加者に向けて「経営目線」の重要性について語った,株式会社AppBrew代表取締役 深澤雄太氏

自身のエンジニアとしてのキャリア,そして,起業経験から,参加者に向けて「経営目線」の重要性について語った,株式会社AppBrew代表取締役 深澤雄太氏

深澤氏はもともとフリーランスとして,モバイルアプリからフロント・サーバサイド,など自身が持つスキルセットを生かしさまざまなスタートアップ企業の開発に携わっていた。その中で「社会にインパクトを生み出せるプロダクトを作りたい。その最適な手段として起業を選びました」と,起業まえから起業のきっかけについて,その経緯を振り返った。

そして,⁠起業後,4つのプロダクトで失敗し,5つ目のLIPSで今の状況にたどり着きました」と,現在までを前提に,本題へと入っていった。

戦略的とは何か?

5つ目のプロダクトをリリースし,深澤氏はこう考えたと述べた。

⁠プロダクトを伸ばすためなら何でもやりました。たとえば,エンジニア採用や開発のディレクションといったことから,マーケティング,さらには事業計画作成や資金調達まで,さまざまです」⁠

そして,今,エンジニアに必要なこと,⁠自社のエンジニアに)求めることとして

  • 事業成長のために,技術をいかに選択・運用するかがより大切
  • 採用したエンジニアにも指示出しではなく,事業を理解して個々に判断してもらう

を挙げた。これらを具現化する考え方がエンジニアの戦略的思考につながる。

深澤氏は,⁠戦略思考とは,経営目線を身につけること」と表現した。その理由として,技術と経済発展は両輪であることを挙げた。つまり,エンジニアは,技術を社会に実装するスキルに加えて,経済発展を支える「経営」の考え方が必須となっていると考えているわけだ。

今は技術の高度化により,経営者側の技術理解が足りないため,それを補うためにも,エンジニアとして経営目線が求められる,と,深澤氏自身の経験と現代の状況をふまえたコメントを述べたのが印象的だった。

では,具体的にどうするのだろうか?

とにかく「目的→課題設定→仮説検証」のフローを,長期的・複合的に高い目線で考え,実践すること(深澤氏)とのこと。

中でも,目的の定め方については,⁠世の誰かのニーズを満たすものである必要がある。それがなければ,単に資本主義の考え方に飲み込まれてしまう」とし,世の中のニーズを汲み取ること,そして,それを満たすことで世の中へのインパクトを具現化するために,考えていくことが,結果として戦略的思考につながっていく,と深澤氏は力強くコメントした。

また,技術の位置付けについて「まず仮説(解決策)を考えることが大事であり,技術の出番は仮説のあとです。そして,ただ技術を追求するだけではなく,経済合理性を前提に,その技術をどう活かしていくかを考えることもエンジニアには必要なことではないでしょうか」と,エンジニアでもありながら,経営者でもある深澤氏ならではの見解が,参加した若手エンジニアに伝えられた。

より大きなインパクトを出すためのポイント

最後にまとめとして,どうすればエンジニアとしてより大きなインパクトを出せるかということについて,

  • 技術の高度化に順応する
  • 環境を選ぶ
  • 自ら掴み取る

とまとめ,深澤氏の基調講演が締めくくられた。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

バックナンバー

2019年

  • 30歳未満のエンジニアたちによる参加型技術カンファレンス、Battle Conference Under30開催

バックナンバー一覧