レポート

Zappa作者が語る“何でも作ってみよう!”―「PyCon Singapore 2019」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

鈴木たかのりです。2019年の個人的な挑戦「海外のPythonカンファレンスに応募しまくって,採択されたら行く」も終盤戦です。今回レポートするPyCon Singaporeは8ヵ国目です。過去のレポートもgihyo.jpに掲載していますので,ぜひ興味のある国のレポートを読んでみてください(PyCon JPのみ運営スタッフによるレポートです⁠⁠。

PyCon Singapore

シンガポールは2010年からPyConを開催しており,日本よりも歴史のあるカンファレンスです(アジアではインドが最も歴史があるようです⁠⁠。この2010年のPyCon APAC(初回はAPACという名前でした)に日本から参加した4名が出会ったことがきっかけとなって,2011年にPyCon JPが初開催されました。

PyCon Singapore 2019 Webサイト

PyCon Singapore 2019 Webサイト

以下はPyCon Singapore 2019の開催概要です。

URLhttps://pycon.sg/
日程2019年10月10日(木⁠⁠~12日(土)
場所シンガポール
会場Republic Polytechnic
参加費180シンガポールドル(約14,000円)

筆者自身は2014年に訪れて以来,5年ぶり2度目のPyCon Singaporeです。

カンファレンス前夜

カンファレンス前夜は,シンガポール在住の元PyCon JPスタッフ(神谷さん,斧田さん)と食事に行きました。せっかくなので私以外の日本人スピーカー2名(どちらもシンガポール在住)と,日本から参加する他のメンバーとも一緒に交流しました。

店はChin Chin Eating Houseというローカルに人気の中華料理店です。お昼は結構混んでいるそうです。特に名物の蒸し鶏はとてもおいしく,結局丸々1羽を7人で食べました。

おいしい中華で前夜祭

おいしい中華で前夜祭

この前夜祭での筆者の重要なタスクの一つに,Python Boot CampTシャツ」を神谷さんに渡すというものがありました。神谷さんはPyCon JPスタッフだけでなく,2016年に私と一緒にPython Boot Campを立ち上げてくれたスタッフです。しかし,Tシャツを作り始めた2018年にはすでにシンガポールに住んでおり,ずっとこのTシャツを渡せずにいました。今回こうしてTシャツを直接渡すことができて,3年越しで立ち上げの恩に少しだけ報いることができたかなと思います。本当にありがとうございました。

Tシャツを受け取ってご満悦の神谷さん

Tシャツを受け取ってご満悦の神谷さん

オープニング

会場はシンガポールの北部にあり,マレーシアの国境に近いWoodlandsという地区にあります。中心部のホテルからGrabで30分ほど移動して会場に到着しました。会場のRepublic PolytechnicはPyCon Singaporeの立ち上げメンバーであるLiew Beng Keat氏の職場でもあります。ちなみに彼は今年のPyCon APACのキーノートスピーカーでもありました。

さて,会場に着くとすでに参加者が朝食を食べながら交流していました。私も朝食をとってマレーシアから参加した知人などとあいさつをしました。

朝食をとりながら交流する参加者

朝食をとりながら交流する参加者

時間となったのでオープニング会場に移動です。オープニングの進行はOrganizerのMartin氏です。Martin氏は以前参加したPyCon Singaporeでも見た記憶があり,継続的にイベントを主宰しているんだなと思いました。オープニングでスポンサー一覧と合わせてスピーカーの一覧も表示されました。私も左下の方にいます。

オープニングでスピーカーも紹介された

オープニングでスピーカーも紹介された

Keynote:「Accelerating AI in Singapore」―Laurence Liew

Laurence Liew氏はAI SingaporeというプロジェクトのDirectorです。AI Singaporeとは,シンガポールでAIの人材を育成してエコシステムを構築するという国家プロジェクトです。

Laurence Liew氏

Laurence Liew氏

最初に「RかPythonか」という問いかけがあり,Googleトレンドによると世界的にもシンガポールでもPythonの人気が高まっているということが示されました。また,2017年にデータ分析,データサイエンスなどの分野でPythonを利用している人の数がRを超えたそうです。

続けてある人の生活を例にして,AIはすでに生活の中に溶け込んでいるという話をしました。その内容は,AIスピーカーで音楽をかけ,Googleマップで会社までのルートを調べ,顔認証でオフィスに入り,メールではスパムをはじき,ランチを食べて安全にカードで支払いをし,家に帰っておすすめリストから映画を見るというものです。ちなみに,このときに例として「OK Google...」と言ったら,参加者のスマートフォンが反応していました(笑⁠⁠。

次に「AIは魔術ではない」と題して,その元となる理論について解説しました。線形回帰,ニューロン,ニューラルネットワーク,深層学習,自然言語処理,音声認識などについて概要が語られました。

その次は「AIとJob(仕事⁠⁠」と題して,AIは仕事を置き換えるのではなく作業(Task)を置き換えるものだと説明がありました。たとえば「ある人が1日に6個の作業ができるとしたら,そのうち2つの作業をAIができるようになれば,その人は別の2つの作業ができるようになる。」という説明です。この説明は,AIが職を奪わないという説明としてとてもわかりやすいなと感じました。

最後にAI Singaporeの紹介や今後のビジョンについて説明がありました。現在はPhase Iで2020年からPhase IIが始まるそうです。またAI人材を開発するプロジェクトを2017年から進めており,最初はプロフェッショナル向けだったものからだんだん初級者向けと裾野を広げているそうです。今後は学生や子ども向けなども進めていくそうです。

締めくくりに,⁠AIは私たちをより人間らしくする」と述べて発表を終わりました。

シンガポールが国をあげてAIに力を入れているということと,その方向性が感じられる発表でした。首相がC++でプログラムを書く国はすごいなと感じました。

ランチ

ランチはビュッフェスタイルです。PyCon Singaporeでは朝食,ランチ,午後のおやつが提供されます。ランチは中華系でおいしいです。相変わらずPyConに行くとデブ活が捗ります。台湾やマレーシアと違って,コーヒーや紅茶に砂糖がデフォルトで入っていないのがせめてもの救いです。

ランチ

ランチ

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory