レポート

「Dell Technologies Forum 2019 - Tokyo」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

真のトランスフォーメーションを支えるPivotalのプロセスとプラットフォーム

Pivotalジャパン⁠株⁠プラットフォームアーキテクトの柳原伸弥氏が登壇し,クライアントのDX実現を支援する取り組みについて,プロセスとプラットフォームという2つの視点から紹介しました。同氏はDXのためには,プラットフォーム,ツール,メソドロジーに加え,企業内カルチャーの整備も重要だと考えているそうです。

Pivotalジャパン プラットフォームアーキテクト 柳原伸弥氏

Pivotalジャパン プラットフォームアーキテクト 柳原伸弥氏

Pivotal Labsによるプロセス改善によるDX支援

Pivotal Labsとは,クライアントチームにフルタイムで出向してもらい,一緒にチームを組み,数ヵ月かけて実際の案件に取り組みながらアジャイル手法を学んでもらうためのオフィス拠点です。その目的は,ソフトウェアの開発ではなく,クライアント企業におけるエンジニア,デザイナー,プロダクトマネジメントの3点のバランスドチームの成立にあるそうです。その実現のために,Pivotal Labsで取り入れられている具体的な活動としては,次のようなものがあります。

スタンドアップ・ミーティング

毎朝短期間チームで実施する短期間のコミュニケーション活動です。オフィス全体でコミュニケーションを取るオフィススタンドアップと,チーム単位でコミュニケーションを取るチーム・スタンドアップの2種類の活動が実施されています。コミュニケーションを促進することと,自己を組織化することが目的です。

ペアリング

効率と品質向上のためのペア作業です。実作業を担当する「ドライバー」と指導役の「ナビゲーター」に分かれ,ペアプログラミング,ペアデザイン,ペアによるストーリーの作成,ペアによるプラットフォームの構築・運用などさまざまなペア作業を行い,フィードバックするという流れで,役割を交代しながら作業をします。ペア作業による「気づき」「学び」を得ることができます。

レトロスペクティブ

付箋などを使いながら,ブレインストーミング的に各自の意見を出し合ってアクションプランを決定する試みです。チームの課題点の洗い出しと,個々のアクションプランの認識が狙いです。

レトロスペクティブ

レトロスペクティブ

こういった活動を通して,意識的な面でクライアントのプロセス改善に努めているそうです。

プラットフォーム整備によるDX支援

また,同社はさまざまなフレームワークやOSSの提供によって,開発効率性の向上化と自動化の支援を行っています。

たとえば,同社の提供する「Pivotal Platform」は,CaaS,PaaS,FaaSのレイヤをまたがって一貫しているプラットフォームAPIであり,これらの中から用途に応じて適切な抽象度を選択できます。ほかにも,Pivotal Application Service,VMware Tanzuなどさまざまなサービスを通してクライアントのプラットフォーム改善を支援していることが説明されました。

こういったプロセスとプラットフォームの2つの視点からの取り組みを通して,⁠Enable clients to deliver value fast, forever」というスローガンのもと,同社はクライアントのDX促進を支援していくそうです。

Enable clients to deliver value fast, forever

Enable clients to deliver value fast, forever

どこまで出来る? DRサイトとしてのパブリッククラウド活用を検証してみた!

ノックス⁠株⁠技術本部プリセールス部部長清家晋氏が登壇し,DR(災害復旧)サイトとしてのパブリッククラウドサービスの検証について,実際の計測結果などを交えながら説明しました。

ノックス 技術本部プリセールス部部長 清家晋氏

ノックス 技術本部プリセールス部部長 清家晋氏

データを守る

現在,国内でデータ「量」が急増しており,2016年の1.2ペタバイトから,2018年では約6倍の8.8ペタバイトにまでなっています。また,データの「価値」も増大しており,国内外を問わず多くの企業がデータに対する投資に取り組んでいます。このような状況で,何らかの災害によるデータロス発生時の損失も増大しています。さらに,データロスによる平均損失額もさることながら,計画外のシステムのダウンタイムによる平均損失額も非常に大きな損失となっているようです。そこで,データの保護策として,同氏はDell Technologiesのソリューション「Dell EMC Cloud Data Protection」を紹介しました。

データロスの恐怖

データロスの恐怖

Dell EMC Cloud Data Protectionの検証

Dell EMC Cloud Data Protectionは,アーカイブ,バックアップ,DRに対応しているデータ保護ソリューションです。特徴としては,VMwareで構成されたオンプレミスシステムを災害発生時に自動的にAWSへ変換,データ圧縮機能でバックアップデータ容量の削減,オンプレミスバックアップシステムとの機能統合,の3つがあります。

今回,Cloud DRの検証は①デプロイの容易さ,②設定の容易さ,③FailOver/FailBackの3点の評価項目に基づいて行われました。

検証に利用する製品

検証に利用する製品

①について,OVA(Open Virtual Appliance)によって容易なデプロイが実現できます。

②について,Cloud DRの保護設定はAvamarインターフェースで作成され,バックアップジョブのオプションとして設定できます。運用管理については,Webインターフェース上で状態の確認,FailBack/FailOverの処理,DRプランの準備ができます。

③については,Web UI上で感覚的に操作するだけでリストアできます。なお,東京リージョンにおけるFailOver時のデータ変換速度は約5.6MB/sで,Rapid Recoveryという機能を使用すればさらにデータ復旧速度を上げられるとのことです。

FailOver時間の検証結果

FailOver時間の検証結果

最後に,同氏は「Cloud DRはクラウド活用を加速する新たなソリューションである」としつつも,⁠クラウドは万能ではないため,活用にあたっては十分な検討が必要だ」と締めくくりました。

さいごに

Dell TechnologiesのDX事業の展望と,ユーザー企業のDXへの取り組みが体感できるイベントでした。

著者プロフィール

山本紘彰(やまもとひろあき)

Software Design編集部所属。2019年度入社。