レポート

「PyCon China 2019 Beijing」参加レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめまして,合同会社長目の小川英幸です。今回はPyCon China 北京への参加の顛末をお届けします。私が同イベントに参加するきっかけは,当サイトの鈴木たかのりさんの「海外のPythonカンファレンスにトークやポスターを応募しまくって,採択されたら行く」というレポートでした。毎回興味深く読んでいたのですが「どうせなら真似してみるか」という気持ちが芽生えたので,トークを応募してみたところ採用されました。

中国のイベントに参加するいうことは中国語がかなりできると思われるかもしれませんが,中国語を習い始めて1年経った程度なので,全然できません。当初は,語学力の向上を図ってから来年参加することも検討したのですが,⁠先送りしたことは行われない。人間,勢いが重要」ということで今年参加しました。トークの応募及び,実際に行うトークは英語です。

「PyCon China 2019 Beijing」会場エントランス

「PyCon China 2019 Beijing」会場エントランス

PyCon China 北京を選んだ理由

参加するPyConの開催地に中国を選んだのは,中国の最近の発展に興味があったからです。中国の機械学習などの技術を取り込むスピードはとてつもなく速く,IT分野の躍進が目覚ましい状況です。今年に入り『アントフィナンシャル』という本を読んだのですが,その中では中国がコピー文化から独自にサービスを作り始めたことも感じられました。

以上から,それらを支えるエンジニアが参加する会に行けば,いろいろと学ぶことが多いと考えました。また,中国から来られたエンジニアの方と話す機会があったのですが,中国の中でも北京に優れたエンジニアが多いということを聞きました。PyCon Chinaは上海,北京,杭州,深圳,成都,南ニンの6ヵ所で行われているのですが,上記のような理由から北京を選びました。

会場付近のビル

会場付近のビル

PyCon China 北京

PyConはプログラミング言語Pythonに関する国際カンファレンスです。アメリカや日本をはじめ世界中で開催されています。

PyCon Chinaは2011年から行われています。2019年は私が参加した北京以外にも全6ヵ所でPyCon Chinaが開催されました。上海の規模が最も大きく2日間のイベントだったようです。私が参加した北京のPyConは1日のイベントで,参加者は200人くらいだったそうです。

会場となった北京「360大厦」

会場となった北京「360大厦」

参加費はスピーカーは無料,早割チケットは3,000円,通常チケットは4,500円でした。イベントは北京の360大厦という会社のオフィスの1室で行われました。

オープニングトークの模様

オープニングトークの模様

注目セッション

当日は40分のトークが8本,LTが4本ありました。セッションは私を除きすべて中国語で行われました。その中から筆者が注目したセッションを3本紹介します。

Python在金融领域的商业应用及创新(Python金融分野におけるビジネスアプリケーションとイノベーション)

王宇韬:华能信托华小智智能平台发起人(Huaneng Trust Huaxiaozhi Intelligent Platformスポンサー)

発表資料:Python在金融领域的应用与创新

金融セクターでは多くのデータを取り扱います。当セッションではPythonを用いて,多くのデータから企業が必要なデータを抽出して,メールで企業に提供する事例が紹介されていました。

王氏のセッションの模様

王氏のセッションの模様

内容は非常に具体的で,すべての過程のコードを見せながら行われました。まずはrequestsを用いて百度新聞をスクレイピングし,次に正規表現で取得したデータのクリーニング及び,データ作成を行い,表題と内容でその記事が必要なものか判断します。この記事の判断はこの事例では,単語が含まれるかどうかでした。そして,それが必要な情報であれば,企業の担当者にメールで送信します。

そのあとはIP制限があるサイトではIP変えようとか,Seleniumを使ったりみたいな話が行われていました。今後の話として,この辺りに機械学習を入れるとか,ビッグデータ+機械学習でリスク管理のような話がありました。

ちなみにこのレポートではこのセッションの⁠面白さ⁠は1ミリも伝えていませんが,会場ではかなりの頻度で笑いが起こっていました。王さんのトーク力凄かったです。

Python的智能问答之路(PythonでQAボットを作る)

张晓庆:来也网络科技算法研发工程师(Lai Yeネットワークテクノロジー アルゴリズム R&Dエンジニア)

発表資料:Python的智能问答之路

機械学習,深層学習を用いてチャットボットを作成する一連の流れを紹介するセッションでした。Pythonの豊富なライブラリを活用しながら,Pythonでつらいところは補助的にほかの言語を活用するというものでした。

話題について網羅的に触れながら,用いているライブラリやそのほかどのようにモデルを作成しているのかも,詳細にも触れられていました。個人的に最近取り組み始めた分野なので,非常に参考になりました。

テキストの分析に関しては,このセッションの前にも「文本的结构化信息提取(テキストからの構造情報抽出:発表資料⁠」というものがあり,日本も中国も自然言語処理周りが注目されている流れは同じだなと感じました。

Python与高中技术课程教学 以声音制造为例(中高校教育でのPythonとテックのカリキュラム音声作成の事例)

罗丹:北京大学附属中学技术中心与艺术中心任课教师(北京大学附属中学校 テクノロジーセンター/アートセンター教師)

発表資料:Python and Tech-Curriculum in High School Education

学校教育でどのようにPythonが用いられているかの事例を話すLTがありました。この学校のITテクノロジー課では,それほど決まったカリキュラムがなく,先生がカリキュラムを作成することができるそうです。そのため,生徒が視野を広げキャリアプランを作成でき,かつ同年齢で学ぶ知識を入れ,生徒の研究能力も引き上げられるものを,先生が作られるそうです。

その一例として紹介されたのが,Pythonを用いて音声信号を学ぶカリキュラムです。音声信号の知識とモデルを深く理解して,生徒自身が電子楽器を作成するというのが主題となっていたようです。まずは物理と数学の知識を学んだあと,データ処理とPythonで音声を扱うこと学び,そのあとコンピュータと電子楽器を連携させ,楽器を開発します。

罗氏のセッション

罗氏のセッション

自分の昔を思い返すと,ひたすら数学の問題を解いて何の意味があるのかと思ったものです。しかし,このように多くの知識を結びつけるハブとしてのプログラミングの使い方は面白く,また簡単に利用できるPythonならではの特色も生かされいて素晴らしいと感じました。日本のプログラミング教育もこういう風になると良いですね。何か協力できることを探せたらと思います。

ちなみに中国の学校制度では,日本の高校にあたる学校が高級中学,中学が初級中学となるようです(※1)。この事例は学習する内容から日本の高校で行う内容に思えます。北京大学は2020年の世界の大学ランキング(※2)で24位で,中国では清華大学の23位に次ぐ大学で,これが行われているのはその付属学校です。ちなみに日本の大学トップは東京大学で36位でした。

※1)
中国の学校制度について(文部科学省)
※2)
Times High Education World University Rankings 2020

著者プロフィール

小川英幸(おがわひでゆき)

京都在住。合同会社長目 FOUNDER&CEO。金融データの分析をきっかけにPythonを使い始める。データ分析をメインにPythonを用いていたが,最近はウェブアプリケーションも扱う。

データ分析を分かりやすく行うことで,データの活用が進むのではないかという発想のもと,可視化フレームワークDashに関してPyConJP2019,PyCon China 北京2019でプレゼンテーションを行う。外部のデータ分析の仕事もたまに受ける。

最近はC++を学習中。はんなりPythonの会,Python Kansai主催。証券アナリスト資格保有。