レポート

人生を変えたPythonとの出会い ―「PyCon Indonesia 2019」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

鈴木たかのりです。2019年の個人的な挑戦「海外のPythonカンファレンスに応募しまくって,採択されたら行く」も最後の旅となりました。今回レポートするPyCon Indonesiaは9ヵ国目です。過去のレポートもgihyo.jpに掲載していますので,ぜひ興味のある国のレポートを読んでみてください(PyCon JPのみ運営スタッフによるレポートです⁠⁠。

PyCon Indonesia

インドネシアは2017年に初めてPyConを開催し,今回は3回目です。会場は毎年変わっており,初回と今回はインドネシア第2の都市スラバヤで,前回は首都ジャカルタで開催されました。筆者自身は初めてのPyCon Indonesia参加となります。スラバヤは日本から直行便がないので,ジャカルタ乗り換えで行きました。

「PyCon Indonesia 2019」Webサイト

「PyCon Indonesia 2019」Webサイト

以下はPyCon Indonesia 2019の開催概要です。

URLhttps://pycon.id/
日程2019年11月23日(土)
場所インドネシア,スラバヤ
会場Universitas Ciputra Surabaya
参加費150,000インドネシアルピー(約1,200円)

カンファレンス前夜

カンファレンス前日は同じく日本から参加したjbkingがPyCon Indonesia座長(Chair)のDoniのディナーに誘われており,それに私も混ぜてもらいました。他に日本から参加したIskandar(@freedom_holicx)とも連絡をとりあって現地に向かいました(Iskandarはスピーカーであり,Indonesia出身です⁠⁠。

場所はBoncafeというスラバヤでステーキが有名なお店のようです(あとで日本語のガイドブックを見てみたら載ってました⁠⁠。会場に行くと現地PyConスタッフの他に海外PyConではおなじみのNoah(彼は各国のPyConでボランティアスタッフをしています)や,PyCon APACで会ったJosef(彼は台湾でLTもしていました)がいました。

ステーキの他にいろんな物が乗っかっている「おつまみセット」のようなものが頼まれていました。こういうのを「バランバラン」とインドネシアでは言うらしいです。調べてみると「品々」みたいな意味らしいです。聞いたときには「バラバラだからバランバラン?」とか思ってました。ちなみに「おつまみセット」みたいなものやステーキを頼んでいますが,ビールはありません。インドネシアはイスラム教の人が多いのでビールには期待していませんでしたが,想像通りジュースしかありませんでした。とはいえ,よくわからない名前の果物のジュースを頼みましたが,おいしかったです。

バランバラン(奥がNoah)

バランバラン(奥がNoah)

そのあとは軽く飲みに行きたいなーと思いましたが現地スタッフはみんな帰ってしまい,Iskandarがお店を探してくれてビールを飲みに行きました。外国からの参加者6人で南国特有の薄味のビールを飲みながら,各国PyConなどの話をしてその日は別れました。

外国からの参加者だけで二次会

外国からの参加者だけで二次会

オープニング

次の日はカンファレンス当日です。早起きしてきちんと開始前に会場に到着しました。会場に着いたら「前の席が妙に空いてるなー」と思ったんですが,前方の席はスピーカー用に空けているそうです。ありがたいですが,なんだか申し訳ない気持ちになりました。

まもなくオープニングがはじまりました。オープニングはこの写真の2名で英語も交えて行われました。

オープニング

オープニング

オープニングの途中でChairのDoni氏からメンバー紹介やPyCon Indonesiaの歴史について紹介がありました。今年のロゴはPythonのヘビがよく見るとワニとサメになっています。これはスラバヤの語源がスラ=サメとバヤ=ワニだからだそうです(へー⁠⁠。

PyCon Indonesia ChairのDoni氏

PyCon Indonesia ChairのDoni氏

オープニングとしては他に,会場となった大学の教授からのWelcomeスピーチや,Platinum Sponsorであるalterra社のトーク(インドネシア語)がありました。キーノートの前にスポンサートークを入れるのは変わってるなと個人的には思いました。

著者プロフィール

鈴木たかのり(すずきたかのり)

一般社団法人PyCon JP,副代表理事,株式会社ビープラウド所属。

部内のサイトを作るためにZope/Ploneと出会い,その後必要にかられてPythonを使い始める。PyCon JPでは2011年1月のPyCon mini JPからスタッフとして活動し,2014年-2016年のPyCon JP座長。他の主な活動は,Pythonボルダリング部(#kabepy)部長,Python mini Hack-a-thon(#pyhack)主催など。

共著書に『Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書(2018 翔泳社刊)』『Pythonプロフェッショナルプログラミング 第3版(2018 秀和システム刊)』『Pythonエンジニア ファーストブック(2017 技術評論社刊)』『いちばんやさしいPythonの教本(2017 インプレス刊)』などがある。

最近の楽しみはPython Boot Campの講師で訪れた土地で,現地のクラフトビールを飲むこと。2019年は世界各国のPyConでの発表に挑戦している。趣味は吹奏楽とボルダリングとレゴとペンシルパズル。

Facebook:takanory.net

Twitter:@takanory

Github:takanory