レポート

日本初開催JSConf!「JSConf JP 2019」参加レポート[前編:1日目]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2019年11月30日,12月1日の2日にわたり開催された,JSConf JP 2019に参加してきました。その模様をピックアップしてレポートします。前編の今回は1日目のレポートです。

JSConf JPとは

JSConf JPは,Japan Node.js Associationが主催するイベントです。昨年まで東京Node学園祭として開催されていたものが,今年からJavaScriptの国際的なコミュニティーカンファレンスJSConfファミリーの一員として,新たに生まれ変わりました。今年2019年はその記念すべき1回目の開催となります。開催場所となったのは中学校の校舎を利用したアーツ千代田 3331です。

オープニング

最初は「会長」の愛称で知られる,Japan Node.js Association 代表理事の古川陽介さんの挨拶でスタートです。

古川さんは「Welcome to JSConf Japan. Thank you for coming to Japan. 来てくれてありがとう」と,英語と日本語のミックスで参加者に伝えました。Code of Condact(行動規範)の説明を行った後に,スポンサーを紹介しました。そして,⁠Please enjoy JSConf.jp, Hoooooo!」と挨拶を締めくくりました。

画像

オープニングキーノート「The State of JavaScript」

初日のオープニングキーノートは,Raphaël BenitteさんとSacha GreifさんによるThe State of JavaScriptです。

画像

発表の冒頭で「今日明日で,色々な話があります。WebComponentsやTypeScript,GraphQLなど。それに共通するものは何でしょうか? JavaScriptですね。JavaScriptは誕生以来,意味するものは大きく変わってきました」と語り,State of JavaScriptというJavaScriptに関するアンケートについての紹介と,そのアンケート結果やそこから読み取れるトレンドについて発表しました。

この取り組みを始めたきっかけは,2016年当時に感じた混乱だとSachaさんは説明を続けます。

「JSエコシステムはとても複雑で混乱している。たくさんのライブラリ,フレームワーク,選択肢があり,JavaScriptを学ぶのはとても大変でした。きっと他の人も混乱していると思い,調査システム⁠State of JS⁠を2016年に立ち上げました。当時,9,000人ものひとが答えてくれました。最初はシンプルだったけど,たくさんの人が興味を持ってフィードバックをくれました」⁠Sachaさん)

その後は毎年改善を続け,今年2019年は新たに⁠State of CSS⁠も加え,シェアや満足度が分かるようになったということです。そしてちょうど今週,⁠State of JS 2019⁠をローンチして,調査に回答できるようになったと案内しました。

ここでアンケートの結果を紹介しました。2016年からの変化をビジュアライズしたものでは,言語系でのTypeScriptのシェアの伸びと継続率の高さが際立っています。

画像

また,フロントエンドフレームワークではAngular, Vue.js, React.jsが高い人気を誇り,その中でもReact.jsの伸びと継続率が高い様子を示しました。

今後の注目株としてはSvelteを取り上げました。今の状況はVue.js登場時の様子と似ていて,今後2~3年で人気が出るかもしれないとのことです。また新しいトレンドとしてJAMStackが注目とのこと。基本的に静的なHTML, JavaScript, CSSを生成する仕組みですが,古いやり方と新しい技術のコンビネーションとして重要な位置付けになるだろうと予想していました。

二人は,このような古い仕組みと新しい技術が同居できるのが,JavaScriptを特別なものにしています,と言うメッセージで発表を結びました。

最後にクイズを行いました。たくさんのJavaScriptのライブラリ名がスクリーンに表示され,その中から1つ偽のライブラリを見つけるというチャレンジです。正解者は見事Tシャツをゲットしていました。

関連サイト

著者プロフィール

がねこまさし

WebRTC Meetup Tokyo スタッフ。
インフォコム株式会社で研究チームのマネージャーをしている。

GitHub:https://github.com/mganeko
Qiita:https://qiita.com/massie_g