記事一覧

次のページへ

11月13日(水)

第2回 圏論の三つの根本概念 「圏」「関手」「自然変換」 連載

第2回 圏論の三つの根本概念 「圏」「関手」「自然変換」

第2回は『圏論の三つの根本概念 「圏」「関手」「自然変換」』と題して講演会の様子をレポートします。

11月11日(月)

第1回 異分野からも注目される 圏論の魅力とは 『圏論の道案内』発売記念 西郷甲矢人先生講演会 レポート

第1回 異分野からも注目される 圏論の魅力とは

第1回は『異分野からも注目される 圏論の魅力とは』と題して講演会の様子をレポートします。

8月30日(金)

第6回(最終回) センス・オブ・ワンダー 【対談】『圏論の道案内 〜矢印でえがく数学の世界』に先立って

第6回(最終回) センス・オブ・ワンダー

第6回(最終回)は『センス・オブ・ワンダー』です。

8月27日(火)

第5回 圏論をきっかけにした展開 【対談】『圏論の道案内 〜矢印でえがく数学の世界』に先立って

第5回 圏論をきっかけにした展開

第5回は『圏論をきっかけにした展開』です。

8月23日(金)

第4回 世界の見方を拡げる 【対談】『圏論の道案内 〜矢印でえがく数学の世界』に先立って

第4回 世界の見方を拡げる

第4回は『世界の見方を拡げる』です。

8月20日(火)

第3回 圏と確率の融合・Approximate Computing(近似計算)・自然変換の重要性 【対談】『圏論の道案内 〜矢印でえがく数学の世界』に先立って

第3回 圏と確率の融合・Approximate Computing(近似計算)・自然変換の重要性

第3回は『圏と確率の融合・Approximate Computing(近似計算)・自然変換の重要性』です。

8月19日(月)

第2回 計測と圏論/合成系を作る 【対談】『圏論の道案内 〜矢印でえがく数学の世界』に先立って

第2回 計測と圏論/合成系を作る

第2回は『計測と圏論/合成系を作る』です。

8月9日(金)

第1回 圏論との出会い 【対談】『圏論の道案内 〜矢印でえがく数学の世界』に先立って

第1回 圏論との出会い

第1回は『圏論との出会い』です。

6月26日(水)

『生物ミステリー プロ』シリーズ,『リアルサイズ古生物図鑑』著者土屋健氏,2018年度日本古生物学会貢献賞受賞――執筆活動を通じた古生物学普及への貢献が評価される 一般記事

『生物ミステリー プロ』シリーズ,『リアルサイズ古生物図鑑』著者土屋健氏,2018年度日本古生物学会貢献賞受賞――執筆活動を通じた古生物学普及への貢献が評価される

日本古生物学会は2019年6月21日,静岡市内で開催された日本古生物学会2019年総会にて,2018年度日本古生物学会学術賞,論文賞,そして貢献賞の3賞4組を発表した。

1月26日(金)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第10回 小説と数学

少し前に,「数学 想像力の科学」という本を書いた。

1月12日(金)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第9回 確率の問題

もう少し確率の話を続けます。筆者が中学生時代に出会った問題で,その当時なかなか理解できなかったこんな問題がある。

9月15日(金)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第8回 続・モンティホールの問題

前回に続いて,モンティ・ホールの問題について考える。

9月8日(金)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第7回 モンティホールの問題

しばらく確率の話をしよう。確率は難しい! 専門の数学者でも間違えることがある。

6月16日(金)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第6回 数学と数学記号

しばらく前,2013年に技術評論社から『数学記号を読む辞典』という本を出版していただいた。

4月21日(金)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第5回 論理と子どもたち

数学は論理的にものごとを調べる学問である。数学を楽しむためには,ある程度の論理に慣れていることはどうしても必要だ。

2月20日(月)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第4回 18歳までに学ぶべき数学

かつて,名著「数学入門(上下)」(岩波新書)の前書きで故遠山啓は『20世紀後半の世界に活動する日本人に必要な数学として,私は一応「微分方程式まで」という線を引いてみた。

1月10日(火)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第3回 数学大好き人間のもやもや

世に,数学大好き人間は思ったより(隠れ数学派も含めて)多いのかもしれないと思うこの頃である。

11月28日(月)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第2回 数学を目で見る

数学は抽象的な学問である。

11月21日(月)

瀬山士郎先生の 数学よもやま話 瀬山士郎先生の 数学よもやま話

第1回 数学ブーム?

しばらくの間,数学に関するエッセイを連載することになった。数学そのものに深く踏み込むことはできないが,その周辺部を散歩するというスタンスで話を書きたい。

7月29日(金)

未来を救う海底探査 ―その驚異のテクノロジー 未来を救う海底探査 ―その驚異のテクノロジー

第1回 プロローグ:なぜ「いま」深海なのか?

深海。水深200メートルより深い海はこう呼ばれています。暗く冷たく,静寂な海の底。そのような印象を持つ方が多いのではないでしょうか?

8月1日(金)

Nの世界 ─NASAアーカイブから垣間見る宇宙 Nの世界 ─NASAアーカイブから垣間見る宇宙

#6 そして次の25マイルへ ─偉大な記録を更新し続ける火星探査機オポチュニティ

「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが,人類にとっては偉大な飛躍である」─1969年,人類として初めて月に降り立った故ニール・アームストロング船長の名言は今も広く人々に知られています。

11月22日(金)

【特別寄稿】今すぐ役立つ!文系のための数学的発想講座 ──演繹法と帰納法

【特別寄稿】今すぐ役立つ!文系のための数学的発想講座 ──演繹法と帰納法

ぶれのない論理力を身につけて的確に仕事をこなしたい…,そんなビジネスパーソンはけっこう多いはず。そこで『大人のための数学勉強法』などの著書を持ち,NHK(Eテレ)『テストの花道』に出演するなど話題の「大人の数学塾」塾長,永野裕之さんにご登場いただき,“根っからの文系”こそ今すぐ使える数学発想術について語っていただきました。

9月19日(木)

Nの世界 ─NASAアーカイブから垣間見る宇宙 Nの世界 ─NASAアーカイブから垣間見る宇宙

#5 決め手は太陽からのおくりもの ─ボイジャー1号はいかにして太陽圏外と認められたのか

9月12日(現地時間),NASAから世界中の人々を大喜びさせるニュースが発表されました。

次のページへ