サイエンスに片思い

第2回 横浜サイエンスフロンティア高等学校へ片思い

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第2回は取材を元に,今,日本で取り組まれているサイエンスに関する教育,その先にある人の成長,学問としての発展,Webへのつながりについて俯瞰しました。

横浜サイエンスフロンティア高等学校から感じたこと

横浜サイエンスフロンティア高等学校

横浜サイエンスフロンティア高等学校を訪ねて,先生方が「学生自身が考える」ということを理念にしていることを強く感じました。和田氏が別誌のインタビューで答えた言葉を借りると「耳学問だけではダメなのです。耳学問は,他人が整理した情報をただ自分の頭に移す行為でしかない。」そして「実験とは,目の前にある暗黙知に対して,切り出す断面を自分なりに決め,形式知として自分の中に入れる作業」だということです。

たとえば,実験室には確かに最新式の実験装置があります。USBやBluetoothのついたセンサーや力学セットイージーセンスIIがあり,物理・化学・生物の多種多様な応用実験が可能です。しかしながら,こういった機器を使った実験装置を大人が教え込まないこと,が重要だと言うのです。つまり目で見てやってみるという精神が重要ということです。センサーを使い,音速を測ろう,それだけならば手順通りにすれば簡単にできてしまう。そうではなくて,どうやって実験すれば良いかから考えさせるというのです。もちろん機器が高度化した分だけ考察の範囲も広くなりますから,データを取ってパソコンで分析するといったところまで実験の範囲です。

生徒達が実際に触れて使うことができる実験設備が豊富に用意されている。

生徒達が実際に触れて使うことができる実験設備が豊富に用意されている。

生徒の人数分用意されたイージーセンスII。

生徒の人数分用意されたイージーセンスII。

また個人的に,横浜サイエンスフロンティア高等学校の数々の実験機器の中で最も魅力的なもののひとつが巨大な天体観測ドームタカハシ製でした。高度な実験機器や工作機械は取っ付きにくい印象があるものの,大きな天体望遠鏡はロマンティックに見えます。先生方も,今年は天文年で日食もあるし盛り上がるでしょう,と。それにとにかく大きなドームなので天文部の皆がこたつを持ち込んで徹夜で観測をしたりするんでしょうね,と愉しそうに説明してくれたのも印象的でした。

横浜サイエンスフロンティア高等学校の設備の中でも,とくに注目したいのが天体観測ドーム。タカハシ製の天体望遠鏡が用意され,学生自身が自分たちの目で宇宙の星を眺めることができる。

横浜サイエンスフロンティア高等学校の設備の中でも,とくに注目したいのが天体観測ドーム。タカハシ製の天体望遠鏡が用意され,学生自身が自分たちの目で宇宙の星を眺めることができる。

横浜サイエンスフロンティア高等学校の設備の中でも,とくに注目したいのが天体観測ドーム。タカハシ製の天体望遠鏡が用意され,学生自身が自分たちの目で宇宙の星を眺めることができる。

横浜サイエンスフロンティア高等学校の設備の中でも,とくに注目したいのが天体観測ドーム。タカハシ製の天体望遠鏡が用意され,学生自身が自分たちの目で宇宙の星を眺めることができる。

著者プロフィール

前田邦宏(まえだくにひろ)

株式会社クォンタムアイディ代表取締役。株式会社関心空間取締役ファウンダー。東京大学大学院情報学環講師。ウェブ草創期から「見えない関係性の可視化」をテーマにネット上での人と人とのつながり方をデザインし,2001年にその活動を発展させたコミュニティサイト『関心空間』を立ち上げる。趣味や嗜好の共感にもとづくコミュニケーションをウェブ上で生み出すネットワークオーガナイザー。主な受賞に,グッドデザイン賞新領域デザイン部門入賞,日本広告主協会WebクリエーションアウォードWeb人賞。オーバルリンク共同代表。

コメント

コメントの記入