理系なおねえさんはアリですか?―内田麻理香が聞いた理系な女性の理系な人生―

第9回 業界の異分子?! 科学教育系テレビ番組のディレクター NHKエデュケーショナル教育部シニアプロデューサー 森美樹さん

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

テレビを作る人ってどんな仕事? しかも理系出身だと,どんな番組になるのでしょう? 今回は話題の科学番組大科学実験を手掛けるプロデューサーかつ女が誰でも惚れてしまうような姉御系キャラ・森美樹さんにお話をお伺いしました!

森美樹(もりみき)学生時代の専攻:分子生物学。北海道大学理学部生物学科を経て,名古屋大学大学院理学専攻博士前期課程修了後,NHKに入局。⁠大科学実験』など科学系の教育番組を手がける

森美樹(もりみき)

「変だ変だと言われて育ちました」

待ち合わせ場所に颯爽と登場した森さん,堂々として頼りになりそうな立ち振る舞いにうっとりしていたところ,開口一番「私,話すの本当に苦手なんです。」……意外!

――小さいときから科学好きでしたか?

森「はい。小さいときから母親にすごく変だ変だと言われて育ちました。子供のときの友だちはアリとかセミとかバッタとか」

――いえ,科学好きだから変ってことは(笑)⁠でも,虫系だったんですね

森「でも,昆虫系には進学しませんでしたね。小学校3,4年生のときの夏休みの研究課題で⁠アリはどんな液体を好むのか⁠という研究をやりまして。結果を模造紙に書いて提出したら「なんとか賞」をもらいました。母親はアリがすごく嫌いだったので,私が家に寄せたアリを踏みまくっていましたけど,受賞してからはアリを殺さないようにしようと思ったみたい」

――お母様,アリを踏みまくるって! でも,受賞の甲斐あって,アリを救いましたね。

森「とにかく生き物がすごく好きでした。特に生き物の仕組みを見るのが好きだったんですよね。翌年の自由研究は,カタツムリの中身の調査。生きているカタツムリをノコギリで二つに割って,どうなってるのかなとじーっと見たりとか」

――えっ! な,中身ですか……大胆ですね。私だったら卒倒しそうです。小さいときからのアリの観察実験とかカタツムリまっぷたつ実験,すごいと思います。何か参考書はあったんですか?

森「いえ,ありませんでした。やはり母の影響が大きかったのかと思いますね。申し訳ないけど,学校の先生からなにか理科的なことを教えてもらった記憶はないです。

うちの母親,全然理系じゃないんですけど,話し方がすごくロジカルでしたね。例えば些細なことですけど,⁠今は雲がこう流れているからもうじき雨が降るね」とか。話をするときに必ず理屈があって。○○だから◎◎だよね,と」

――なるほど,身近な方のそのロジカルな話し方を自然に思うか否かって,かなり違うでしょうね。

森「母は,虫は全然好きじゃなかったんですが,花が好きでした。この花はこういうところに置いておいたからこれだけ大きくなった,とか言う。そういうところに影響されたのかな。

とにかく虫や花をじーっと観ている子供だった。特にオオイヌノフグリの青色がすごく好きで。あの青っていうのは,表面に塗られているわけでもないし,中に入っているわけでもない。この青色になりたいと考えていたことがあって。」

――「青色になりたい」とは?

森「ええ,なりたいんです。オオイヌノフグリの青色に「なる」には食べたらいいのかな?…でも食べたら消えてしまう。抽出したらいいのかな?…でも抽出しても青になるわけでもない。この青色を自分のものにするにはどうしたら良いのかなと思ったときに,青色の発色の仕組みを知ったら自分のものになるんじゃないかと。」

――まず,私はその対象物に「なりたい」ということ自体,考えたことがない。すごい発想ですね。

森「それがすごく自分がサイエンスをやっていた動機になっている気がしますね。好きな生き物も自分のものにしたい。そのためには仕組みを知ったりとか,なんでここにあるのかとわかったら,自分がそのものと一緒になれるんじゃないかなーと,そういうことばっかり考えていましたね,小さいときは。」

――その思いを大学に進学するまでもち続けていたわけですね。理学部生物学科を選択したきっかけはありますか?

森「⁠ヒトがここに存在するのって,不思議だなあ」というようなこともずっと考えていたんです。そういうのを調べるにはどうすれば良いのか?と思ってたときに,ロシアの生化学者オパーリンの書いた『生命の起源』という本を読んで。ちょうどその頃は日本でも分子生物学がだんだん進んできた時期でした。遺伝子で調べれば何でもわかるのか,と。それが,生命科学のほうに進学したきっかけです。」

1970年代後半~80年代

著者プロフィール

内田麻理香(うちだまりか)

サイエンスコミュニケーター。東京大学工学部広報室特任研究員/東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程1年。身近な科学を伝えるために各種媒体で活動中。

URLhttp://www.kasoken.com/

コメント

  • 理系は生物のみにあらず

    理系なお姉さんとは生物系しかいないのか。
    物理、電気、機械系も紹介して欲しいなぁ。
    先日、体重計を15年ぶりに買い換えたのですが、東日本と西日本で重力加速度の設定を変えることに「すっごーい!!」と感激していたことに共感してもらえない悲しみ・・・。
    トイレに行ってしまえばそんな調整関係ない(誤差範囲)のに、それでも”一般の”体重計にそんな設定をつける日本メーカすごい。
    (そもそも買い換えることになったのは、ゼロ点補正が効かなかったからで、その方法についてもいろいろ考えたのだが、「”ゼロ点補正”を使用とする時点で、一般主婦じゃない」と職場の男子にいわれました)

    Commented : #1  紫苑 (2011/09/04, 22:38)

コメントの記入