理系なおねえさんはアリですか?―内田麻理香が聞いた理系な女性の理系な人生―

第10回 祝・書籍化!御礼と内容紹介とちょっとの打ち明け

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

取材と執筆を終えて……

編:さて,気になる内容をもう少し掘り下げてみましょうか。Webでは,音楽&科学のプロデューサーサイエンスイラストレーターサイエンスコミュニケーターお花屋コンサルタント女医TV番組プロデューサーといった方々を取り上げましたね。

内田:書籍ではさらに,教師&SFライター,グラフィックデザイナー,メーカー研究員からパーソナルヘアカラー講師に転職された方,大学教員,などWeb公開組と同じく「濃い」理系女性を取り上げています。

編:我々はお一人お一人に対して取材を行わせていただきましたが,何が印象に残っていますか?

内田:とにかく一筋縄ではいかない素敵な方ばかりで。取材のたびに刺激を受けました。⁠理系女性」という枠ではくくれない皆さんでしたね。あ,でもユニークで魅力的という点では共通していたかしら。

編:確かに皆さん,例外なくユニークでしたね。ユニークながらもきちんと芯が通っていて素敵でした。そして話が面白い!ページ制限のため泣く泣くカットした部分も多かったですねえ。

内田:取材中,しばしば話も脱線したり。

編:森さんへの取材は,後半なぜか「女子力とは何か」で盛り上がったんですよね…。

内田:結論としては「ゆるふわの勝ちよね」ということでしたね。

編:パーソナルヘアカラー講師さんの取材では,ちゃっかりヘアカラー診断を受けさせてもらったり。そういった脱線部分も「こぼれ話」として高世さんのイラストで再現しております。

内田:オマケ部分ですが,デザート感覚でお楽しみください。

編:また,取材以外にも原稿をご執筆していただきましたが,そちらはいかがでしたか?

内田:本のタイトルと雰囲気からは少々不真面目な印象を受けてしまうかと思うのですが,これは「理系女性」というステレオタイプを壊して再構築したい,という壮大な(?)目標があります。その想いを込めて書かせていただきました。あと,⁠理系」「女性」に限らず,人生一般にも参考になる一冊になったかと思います!……って,かなり暑苦しいですね,私。

編:真夏にアツイ書籍,いいじゃないですか。内田さんのそのアツイ思いがぜひ皆様に伝わることを願っております。いえ,きっと伝わるはず!

8月20日にトークイベント開催!

編:そして,本書の発売を記念して,ジュンク堂池袋本店にてトークイベントが開催されます!

内田:はい!経済学者で数学エッセイストの小島寛之さんと一緒に「サイエンスを諦めきれない人たち」というテーマでいろいろとお話しさせていただきます!

編:小島先生の天才ガロアの発想力もよろしくです。内田さん,イベントへの意気込みをお聞かせください!

内田:小島先生のファンだっただけに,ご一緒できるなんて嬉しくて嬉しくて。こういうのを役得って言うんですよね!……って,またしてもかなり暑苦しいですね,私。とにかく,小島先生に理系女性について語っていただける機会なんて貴重です。ぜひいらしてください。

編:イベントの詳細は,編集部ブログまたはジュンク堂書店さんのホームページでご確認ください。

『理系なお姉さんは苦手ですか?』発売記念
内田麻理香先生×小島寛之先生トーク&サイン会
日時8月20日(土)19:30~(19:00開場)
場所ジュンク堂書店 池袋本店4階カフェ
定員40名
入場料1000円(ワンドリンク付き)

お申し込みは池袋本店1Fサービスカウンターまで(電話:03-5956-6111)

まだまだ理系女性はいる!

編:さて,書籍化された本連載ですが,今後はどうしましょうか?

内田:そうですねえ,今回ご紹介できたのはほんの一部の方々ですし…

編:もしかしたら……

内田:続編もあるかもしれませんね~。

編:ということで皆様,引き続きよろしくお願いします!

内田:よろしくお願いします!

著者プロフィール

内田麻理香(うちだまりか)

サイエンスコミュニケーター。東京大学工学部広報室特任研究員/東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程1年。身近な科学を伝えるために各種媒体で活動中。

URLhttp://www.kasoken.com/