企業動向

【新公益連盟】学生起業家がアジアの社会課題解決に挑戦
-経済産業省「未来の教室」実証事業にて,クロスフィールズの「留職」を学生に提供-

新公益連盟に加盟するNPO法人クロスフィールズ(東京都品川区,代表理事:小沼大地)は,経済産業省が推進する次世代教育プログラムである「未来の教室」の実証事業として,学生起業家3名を新興国のNGOや社会的企業に派遣します。
これまでクロスフィールズでは,主に大企業の若手社員のリーダーシップ育成の機会として,新興国において社会課題解決に挑戦する「留職」プログラムを提供してきましたが,今回初めて,将来のイノベーターとして活躍することが期待される若手の起業家に対して同プログラムを提供することになりました。今回参加する3名は,いずれも既に日本国内にて事業を展開している20代前半の学生起業家で,インドやカンボジアの社会課題を解決する現地のスタートアップ企業やNGOにて3ヶ月弱の社会課題解決に取り組みます。既にアントレプレナーシップを持ってチャレンジを始めている学生起業家が,社会課題をグローバルな視点から解決する高い視座を身につけ,立ち上げ中の事業を更に社会的に価値あるものに発展させていくことを目指し,自身の事業に関連性の高い団体で業務に取り組みます。

出発に先立って行われた報告会の場にて,SAgri株式会社の坪井俊輔代表取締役社長(23)は「農家の課題を深く捉えて,途上国の農家が自立できるエコシステムを作りたい」,株式会社manmaの新居日南恵代表取締役社長(24)は「更に大きなインパクトを出せる社会起業家になるために,自分のリーダーシップや可能性を見つめ直したい」,株式会社ECOLOGGIEの葦苅晟矢代表取締役社長(25)は「昆虫食の事業化に向け,自身の仮説検証を行い,事業をブレークスルーさせるきっかけを掴みたい」と意気込みを語りました。

●未来の教室について
今年度のプロジェクトは経済産業省の公募事業である「未来の教室」実証事業の一つとして実施されています。『経済産業省「「未来の教室」とEdTech 研究会」』での議論内容を踏まえた「未来の教室」の姿を具現化するための実証を行います。実証を通じて,成功例,または成功例に繋がる足掛かりを創出すると共に,開発/運営にあたっての課題を抽出し,解決の方向性を見出すことを目的としています。

本リリースに関するお問い合わせ先:
NPO法人クロスフィールズ(担当:竹内) 03-6417-4804 info@crossfields.jp

【NPO法人クロスフィールズ】
本プログラムを主催するNPO法人クロスフィールズ(東京都品川区,代表:小沼大地)は,『枠を超えて橋をかけ 挑戦に伴走し 社会の未来を切り拓く』をミッションに掲げて活動する団体です。社会課題解決の現場に企業の社員が飛び込み,現地のNPOや社会的企業とともに課題解決に取り組む新興国「留職」のほか,国内外の社会課題の現場を「体感」する経営幹部・役職者向けのプログラム「社会課題体感フィールドスタディ」を展開しています。

・法人名:特定非営利活動法人クロスフィールズ (東京都認証)
・創業日:2011年5月3日
・所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田3-8-3 町原ビル4F
・電話番号:03-6417-4804
・代表理事:小沼 大地
・ウエブサイト:http://crossfields.jp/

◆特定非営利活動法人新公益連盟について
特定非営利活動法人新公益連盟は,NPOや社会的企業のアクションチームを作り,社会課題解決のための制度改革や様々なセクターとの協働,ソーシャルセクターの経営力強化を行うことを通じて,社会的排除や抑圧,貧困,不正等によって苦しむ人々をエンパワーメントし,日本をより多くの社会課題解決事例が創出され続ける社会とすることで,公益の増進に寄与することを目的としており,加盟団体数は団体・個人合わせて100を超えています。

<特定非営利活動法人新公益連盟>(東京都港区元赤坂1-7-20 KIZUNA WESTビル3階)
・代表理事 宮城治男
・新公益連盟Webページ: http://www.shinkoren.or.jp/

【付帯情報】
・学生起業家と派遣先団体の組み合わせ
http://itm.news2u.net/items/output/163888/1
・クロスフィールズ
http://itm.news2u.net/items/output/163888/2


News2uリリース詳細へ

学生起業家と派遣先団体の組み合わせ

学生起業家と派遣先団体の組み合わせ

クロスフィールズ

クロスフィールズ

関連リンク:http://crossfields.jp/