企業動向

旭酒造,「獺祭」のグローバル市場拡大に向け,販売管理システム基盤をOracle Cloudで強化

事業継続計画(BCP)対応および今後のグローバル展開拡大を見据え,信頼性,拡張性に優れたインフラ基盤を実現

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区,執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日,旭酒造株式会社(本社:山口県岩国市,代表取締役社長:桜井 一宏)が同社の「獺祭」をはじめとする日本酒販売の事業継続計画(BCP)およびグローバル市場拡大に向けた販売管理システム基盤強化に「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。

旭酒造は,山口県岩国市に酒蔵を構え,売れればいい酒ではなく,おいしい酒・楽しむ酒を提供する蔵元を目指し,純米大吟醸「獺祭(だっさい)」やその他関連製品の製造,販売を行っています。通常の杜氏と蔵人による酒造りではなく,純米大吟醸に絞った製造から蓄積された豊富な経験に加えて,データを活用しながら,高い精度と品質を達成すべく経験を積んだ社員による酒造りを行っています。

同社では,2018年7月に発生した西日本豪雨により,本社および酒蔵に浸水と停電による被害を受けました。製造,販売に関する全てのデータはオンプレミスで管理されており,そのシステムが稼働するサーバールームは本社上層階にありましたが,当時サーバールームの浸水被害には至りませんでした。しかしながら,同社では,今後の自然災害やその他に起因する物理的なシステムへの影響を考慮し,事業継続計画(BCP)の一環として,まず現在日本国内および海外の取扱酒量販店や飲食店が利用する販売管理システムのパブリック・クラウドへの移行を検討し始めました。その際に,「獺祭」のグローバル市場のさらなる拡大や,2020年から稼働予定の米ニューヨーク州に建設した酒蔵での日本酒製造などの米国での事業拡大など,同社のグローバル事業の拡大に柔軟に対応する基盤としてもパブリック・クラウドの有効性が検討されました。

旭酒造では,複数のクラウド・サービスを比較検討した結果,可用性に対するSLAだけではなく,安定した高速な基盤をもとに,可用性,性能,管理という3つの基準を持ったSLAの提供に裏付けられた高い信頼性,今後の事業拡大にも柔軟かつ安定した性能を提供できる高い拡張性を評価し,「Oracle Cloud Infrastructure」を採用しました。また,主要クラウド・サービス単体価格での優位性のみならず,データ転送料やサポート費などのIaaSに関連する隠れたコストがなく,日本,USなどの世界のリージョンで同一価格で利用できるなど,今後のビジネスの成長やグローバル展開する際にも予測可能なコストで利用できる点も高く評価しています。

旭酒造株式会社 代表取締役社長 桜井 一宏氏のコメント:
当社のミッションとするおいしい酒・楽しい酒の提供を目指し,日本全国および海外のお客様に「獺祭」を楽しんでいただけるよう取り組んでいます。「Oracle Cloud Infrastructure」を基盤とした販売管理システムの強化により,全国の酒販売店および取扱店により安定したシステムを提供することができます。また,「獺祭」のグローバル市場拡大や北米での日本酒製造事業の挑戦など,さらなる成長に向けたシステム基盤としても「Oracle Cloud Infrastructure」に期待しています。

参考リンク
旭酒造株式会社 https://www.asahishuzo.ne.jp/
Oracle Cloud Infrastructure https://cloud.oracle.com/ja_JP/iaas


日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ,広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど,データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と,それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL http://www.oracle.com/jp

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
・Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
・Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは,セールス,サービス,マーケティング,人事,経理・財務,製造などを網羅する広範なアプリケーション群,「Oracle Autonomous Database」に代表される,高度に自動化され,高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については,www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名,商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり,いかなる契約にも組み込むことはできません。


News2uリリース詳細へ