企業動向

南紀白浜エリア「IoTおもてなしサービス実証」を延長
~顔認証を活用した,さらなるサービスの拡充と施設の拡大を目指して~

2019年8月19日
日本電気株式会社
株式会社南紀白浜エアポート

日本電気株式会社(注1,以下NEC)や株式会社南紀白浜エアポート(注2)などが,2019年1月14日から2019年8月31日まで南紀白浜エリアで行っている顔認証を活用した「IoTおもてなしサービス実証」(注3)を,2020年2月29日まで延長します。
本実証は,NECの生体認証「Bio-IDiom」(注4)の中核技術であり,世界No.1(注5)の認証精度を誇る顔認証技術を用い,スマートフォンから顔情報とクレジットカードなどの情報を登録し,一つの共通IDとして利用できる環境を提供しています。本実証を通じて,顔認証技術の有効性や各サービスへの適用による利用者満足度向上などについて検証を行い,利用者メリットや実装時の課題など,有効な検証結果が得られていることから,検証期間の延長を決定しました。今後は,さらなるサービス拡充,施設の拡大を目指していきます。
なお,本実証にご参加いただいているお客様向けに,実証の延長とプライバシーポリシー改訂に関してのご案内をメールにてご連絡いたします。

NECは,AIやIoTを活用した本実証を通じ,観光客やビジネス客の利便性を向上させ,南紀白浜エリアでのおもてなしサービスによる地域経済の発展を支援します。

【本実証の利用方法について】
https://jpn.nec.com/news/announce/20190111.html

【実証で使用するカメラ映像データの取扱いについて】
https://jpn.nec.com/news/announce/20181211.html

本実証は弊社wisdom WEBサイトでもご紹介しています。
https://wisdom.nec.com/ja/collaboration/2019032601/index.html


(注1) 日本電気株式会社
https://jpn.nec.com/

(注2) 株式会社南紀白浜エアポート「南紀白浜空港」
http://shirahama-airport.jp/

(注3) 「IoTおもてなしサービス実証」2018年12月13日プレスリリース
https://jpn.nec.com/press/201812/20181213_02.html

(注4) 「Bio-IDiom(バイオイディオム)」は,顔,虹彩,指紋・掌紋,指静脈,声,耳音響など,NECの生体認証の総称です。世界トップクラスの技術や豊富な実績を活かし,ニーズに合わせて生体認証を使い分け,あるいは組み合わせることで,「誰もが安心してデジタルを活用できる世界」を実現していきます。
https://jpn.nec.com/solution/biometrics/index.html

(注5) NEC,米国国立標準技術研究所(NIST)の顔認証技術ベンチマークテストで4回連続の第1位評価を獲得。
https://jpn.nec.com/press/201703/20170316_01.html


<本件に関するお問い合わせ先>
NEC デジタルプラットフォーム事業部
E-mail:shirahamaiot-pr@dpf.jp.nec.com

株式会社南紀白浜エアポート
E-mail:info@nsap.co.jp


News2uリリース詳細へ