企業動向

Zoom,オラクルをコア・オンライン・ミーティング・サービスのクラウド・インフラストラクチャ・プロバイダーに選定

Zoomは「Oracle Cloud」を数時間で展開し,数週間で数百万人の会議参加を可能に

(本資料は米国2020年4月28日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

Redwood City – 2020年4月28日

オラクルは本日,エンタープライズ・ビデオ・コミュニケーション企業のZoom Video Communications, Inc.(以下,Zoom)が,今や不可欠となったビデオ・コミュニケーション・サービスの継続的な提供および革新に伴う同社のビジネス・ニーズに対応するために「Oracle Cloud Infrastructure」を選定したことを発表しました。

ZoomのCEOであるエリック・S・ユアン(Eric S. Yuan)氏は,次のように述べています。「最近生じた急激な成長により,サービス提供能力の拡大が必要になりました。複数のプラットフォームを調査しましたが,キャパシティを迅速に拡張し,新規ユーザーのニーズを満たす上で『Oracle Cloud Infrastructure』が有益であると判断しました。業界をリードするセキュリティ,卓越したパフォーマンス,比類なきサポート・レベルが『Oracle Cloud Infrastructure』を選定した理由です」

1日の会議参加者数が3億人に到達するなど,Zoom ( https://zoom.com/ )はサービス需要の急激な増加に対応するために,追加でクラウドのキャパシティが直ちに必要でした。パフォーマンス,拡張性,信頼性,卓越したクラウド・セキュリティに利点があることから,「Oracle Cloud Infrastructure」( https://www.oracle.com/cloud/ )を選定しました。「Oracle Cloud Infrastructure」は数時間で展開を完了し,Zoomで同時に会議に参加する数十万人をサポートしました。フルで運用が実現した現在,Zoomは「Oracle Cloud Infrastructure」上で数百万人の同時参加者に対応可能です。オラクルの第2世代クラウド・インフラストラクチャは,Zoomが拡張によって万全なサービスを顧客に提供し続け,変化する需要に適応し,ビデオ・コミュニケーション業界をリードすることに貢献します。

オラクルのCEOであるサフラ・キャッツ(Safra Catz)は,次のように述べています。「ビデオ・コミュニケーションは,業務用のみならず個人の生活にも不可欠なものとなり,Zoomはこの業界のイノベーションを主導しています。Zoomが成長し,世界中の企業,人々,政府機関を接続し続ける中,クラウド・インフラストラクチャ・プロバイダーとしてだけではなく,顧客としても同社と連携できることを誇りに思います」

Zoomの迅速な拡張と革新的なビデオ・コミュニケーション・プラットフォームを実現する上で,オラクルは,ネットワーク・アーキテクチャ,キャパシティ,データセンター配置の面で唯一無二の存在です。Zoomはすでに,「Oracle Cloud Infrastructure」のサーバーを通じて7ペタバイト(HDビデオ換算で約93年分)を毎日転送しています。オラクルの第2世代クラウド・インフラストラクチャと,セキュリティに関する知見により,エンタープライズ利用に対応したビデオ・コミュニケーション・エクスペリエンスを提供するZoomを支援します。

関連資料
•「Oracle Cloud Infrastructure」の詳細情報(英語)
https://www.oracle.com/cloud/
•Zoomとオラクルが人々を接続し続ける方法に関するブログ(英語)
https://www.oracle.com/corporate/blog/zoom-selects-oracle-042820.html

オラクルについて
Oracle Cloudは,セールス,サービス,マーケティング,人事,経理・財務,製造などを網羅する広範なアプリケーション群,「Oracle Autonomous Database」に代表される,高度に自動化され,高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については,www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田・石山
Tel: 03-6834-4837/E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルームhttps://www.oracle.com/jp/corporate/press/index.html

* OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名,商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり,いかなる契約にも組み込むことはできません。



News2uリリース詳細へ