Linux Daily Topics

2018年12月13日 Btrfs,スワップファイルをふたたびサポートへ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Btrfsファイルシステムでは,スワップファイル作成時に使用するbmapとBtrfsのコピーオンライト(COW)機能の親和性が低いことから,2009年1月からスワップファイルのサポートを停止してきたが,約10年ぶりにその制限が解除となりそうだ。

FacebookのLinuxカーネルチームに所属するOmar SandovalがBtrfsのGitに投稿した,スワップファイルをサポートするパッチが12月4日付けでコミット済みとなっており,順調にいけば2019年の最初のカーネルリリースとなるLinux 4.21でマージされる見込みだ。

kernel/git/kdave/linux.git - Btrfs kernel development

Sandvalによれば,bmapを使用しなくてもスワップファイルをアクティベートできるiomapに近い機能を「add_swap_extent()」によって付加することで,Btrfsでもスワップファイルを作成可能にしているという。

実装されれば約10年ぶりのサポートとなるBtrfsのスワップファイルサポート,現在は年末となるLinux 4.21のマージウィンドウがオープンするのを待っている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。