Linux Daily Topics

2019年8月15日 RHELユーザに"遊び場"を ―Fedoraパッケージのサブセット「EPEL-8」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

FedoraプロジェクトのStephen Smoogenは8月14日(米国時間⁠⁠,Red Hat Enterprise Linux 8.0向けのFedoraサブセットパッケージ「Extra Packages for Enterprise Linux 8(EPEL-8⁠⁠」の提供準備が整ったことを自身のブログで明らかにした。エンタープライズ向けのRHELに向けて,Fedoraに実装されている最新の機能を試す環境を提供するパッケージで,対象アーキテクチャはAMD64(x86_64⁠⁠,PowerPC(ppc64le⁠⁠,AArch64(aarch64)のほか,今回からIBM S/390(s390x)が追加されている。

Announcing EPEL-8.0 Official Release -SmoogeSpace

EPELはFedoraおよびCentOSにおけるサブコミュニティの名称で,RHELに含まれていないFedoraパッケージをサブセットとして提供しており,SmoogenなどFedoraコミュニティの有志が運営している。今回のEPEL-8では新たに「FedoraにおけるRawhideのような存在」⁠Smoogen)の追加セットとして「Playground(epel8-playground⁠⁠」が含まれており,アップデートの頻度やAPIの変更が激しいソフトウェアに対応できるようになっている。

現在の最新リリースは「EPEL-8.0」だが,次の「EPEL-8.1」ではモジュールとリポジトリのインプリメンテーションを進め,より多くの開発版のパッケージがビルドできる環境を提供していくとしている。

著者プロフィール

階戸アキラ(かいとあきら)

起きてからまず海外ニュースサイトのハシゴをしないと1日を始められない海外ニュースウォッチャー。英語は英検準一級の資格を持ち,日本人と話すより英語圏の人のほうがウマが合う。