豊富な機能でホームユースからSOHOユースまで幅広く対応するスペシャルモデル――ネットギア「ReadyNAS Ultra 4」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ネットギアのプラットフォームを使ったサードパーティー製のアドオンツールにも便利なものがたくさんあります。たとえば「orb」では,NASのフォルダに入っている画像や動画をiPhone,iPodTouchプラットフォームに最適化された形で提供できます。

orbをダウンロードするには,先ほどと同じくネットギアのコミュニティサイトへアクセスします。ただし,orbの入手は米国ネットギアサイトからになるので,ご注意ください。まずはNAS本体へのアドオンをインストールしておきましょう。

図11 インストールされたアドオンツールは,⁠サービス」「インストール済みのアドオン」に格納されます。機能を使うにはチェックボックスにチェックを入れ,必要事項を入力していきます。

図11 インストールされたアドオンツールは,「サービス」の「インストール済みのアドオン」に格納されます。機能を使うにはチェックボックスにチェックを入れ,必要事項を入力していきます。

続いて,iPhone/iPodTouchへクライアントをインストールします。Appstoreへアクセスし,⁠orblive」で検索すればすぐに見つかります。有料版と無料版がありますが,有料版はNAS本体のファイルをすべて表示できるのに対し,無料版は最大3つのファイルまでしか表示されないところに違いがあります。

図12 Appstoreからorbliveを入手しておきましょう。

図12 Appstoreからorbliveを入手しておきましょう。

図13 orbオフィシャルサイトから手続き完了のメールが届くので,案内に従って認証を済ませれば準備はOKです。端末のorbアプリケーションを開きログインすれば,NASのディレクトリへアクセスできます。

図13 orbオフィシャルサイトから手続き完了のメールが届くので,案内に従って認証を済ませれば準備はOKです。端末のorbアプリケーションを開きログインすれば,NASのディレクトリへアクセスできます。

図14 モバイル環境にある端末からでもNAS内のデータが表示可能です。

図14 モバイル環境にある端末からでもNAS内のデータが表示可能です。図14 モバイル環境にある端末からでもNAS内のデータが表示可能です。

orbが提供するサービスは幅広く,PCをサーバとして利用することも可能ですが,SOHOや個人利用では使いたいシーンで必ず起動されているとは限りません。常時稼働を前提としたNASをorb用のサーバとすることで,モバイル環境においてもorbliveを通じてNASに保存されているメディアファイルにいつでもアクセスできるようになるので,使い勝手はかなり向上するはずです。

NASに保存してある動画や画像ファイルだけでなく,ワードファイルやPDFなどのドキュメントも表示可能です。スマートモバイル端末で,これだけのことができればビジネスの可能性も広がるといえます。たとえば,制作したプレゼンテーション動画を外出先で閲覧したり,画像などをチームで共有し,外出先でスマートモバイル端末を使ってチェックしたりできれば,ノートPCを持ち歩くよりも軽快なフットワークが期待できます。

このほか,DLNA機器との連携をサポートする「Skifta」をはじめ,すでに多彩なツールが市場に出ています。アドオンツールを活用することで,使い方の幅が広がりますので,今後もチェックしておくとよいでしょう。

スタイリッシュ&高機能,時代のニーズを満たしたネットワークストレージ

ネットギアのホーム向けNAS製品群は,すでにその品質や高い性能が実証されています。今回の「ReadyNAS Ultra 4」も,最新スペックによるハイレスポンス,容易な管理性と多機能性など,最新のIT環境に合わせてネットワークストレージに求められるようになった様々なニーズを受け止められる製品だといえるでしょう。

また,製品のデザインもこれまで以上にスタイリッシュになっており,ディスクスピンダウンモードやパワーオン/オフスケジューラ,Wake-on-LANといった省電力性も備わっています。さらには,ホーム向け製品でありながら,3年間の無償保証も標準でついてきます。設置場所にも困らず,消費電力も低く抑えられ,安心して使い続けられる。一般家庭だけでなく,SOHOなどでも非常に使いやすいといえるでしょう。

現在,⁠ReadyNAS Ultra 4」は,2TBのハードディスクを2基搭載した4TBモデル「RNDU4220」と,ベアボーンタイプの「RNDU4000」がラインアップしています。価格はオープンですが,ベアボーンタイプの「RNDU4000」で市場平均5万円前後で販売されています。

今後のデジタルライフやビジネスに必要不可欠な機能が簡単に手に入る「ReadyNAS Ultra 4⁠⁠。デスクトップ型のNASをフル活用したいとお考えの方に自信を持ってオススメできる製品です。

協力/ネットギアジャパン株式会社