手軽に使える専用サーバ「さくらのマネージドサーバ」を徹底チェック

第4回 ブログをさくらのマネージドサーバに移行する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

WebDAVを利用してファイルを共有する

インターネット上のサーバを利用するメリットとして,こうしたブログなどのコンテンツを公開したり,Webアプリケーションを利用できたりすることに加え,ファイルの送受信に利用できることが挙げられます。

小さなファイルであればメールで送受信することが可能ですが,多くのメールサーバにおいて1通あたりの容量制限があり,大きなファイルは送信することができません。しかしインターネット上のサーバがあれば,それを利用してファイルのやり取りが可能になります。

さくらのマネージドサーバには,こうした用途で利用するために「ファイル共有(WebDAV⁠⁠」という仕組みが用意されています。WebDAVとは,Webサイトを閲覧する際に使われる「HTTP(HyperText Transfer Protocol⁠⁠」を拡張し,サーバとの間でファイルを送受信するためのプロトコルです。これを利用することで手軽にファイルのアップロードやダウンロードが可能になり,さらにユーザー認証にも対応しているため安心感もあります。

実際に利用するには,まずユーザーアカウントを作成します。なお,さくらのマネージドサーバでは,利用設定欄に「ファイル共有を利用する」という選択肢が用意されており,ここをチェックすることでWebDAVによるファイル共有が可能になります。忘れずにチェックしておきましょう。

さくらのマネージドサーバの「新しいユーザの追加」画面。⁠ファイル共有を利用する」にチェックを入れると,WebDAVを利用する権限を付与できます。

さくらのマネージドサーバの「新しいユーザの追加」画面。「ファイル共有を利用する」にチェックを入れると,WebDAVを利用する権限を付与できます。

ファイル共有を利用するにチェックを入れると,⁠対象共有フォルダ」という項目が表示されます。すでに共有フォルダを作成している場合は,アクセスを許可するフォルダを「アクセスできる共有フォルダ」に移動すれば完了です。

まだフォルダを作成していない場合は,画面右の「サーバツールの設定」欄で「ファイル共有(WebDAV⁠⁠」をクリックします。続けて「新しいファイル共有フォルダの作成」をクリックすると,フォルダ名やアクセス可能なユーザーを設定する画面が表示されます。ここでフォルダ名を入力し,さらにアクセスを許可するユーザーを「アクセスできるユーザ」欄に移動すれば完了です。

WebDAVを利用したファイル共有を行うフォルダを作成する「新しいファイル共有のフォルダ作成」画面。ここで作成したフォルダをWebサイトとして公開することも可能です。

WebDAVを利用したファイル共有を行うフォルダを作成する「新しいファイル共有のフォルダ作成」画面。ここで作成したフォルダをWebサイトとして公開することも可能です。

こうして作成した共有フォルダにアクセスするために,さまざまなWebDAVクライアントが公開されています。またダウンロードだけであれば,Webブラウザからアクセスするだけで利用できるため,たとえば外部の人にファイルを送りたいといった場面では,気軽に利用できるでしょう。

さくらのマネージドサーバ Core 2 Duoプランで提供されるサーバは,500GBのHDDを搭載しているため,大容量のファイルのやり取りにも余裕を持って対応できます。さらにHDDはRAID1構成により信頼性を高めているほか,バックアップも行われているのも嬉しいポイントではないでしょうか。負荷の高いWebサイトを運用したいといったケースはもちろんですが,安心感のあるストレージ環境が用意されている点を活かし,外部とのファイルの受け渡しにさくらのマネージドサーバを利用しても便利でしょう。

高速なIntel Core 2 Duoでキビキビした操作性を実現

さて,本連載では4回に渡ってさくらのマネージドサーバ Core 2 Duoプランをご紹介してきました。前述したようにサーバ自体のパフォーマンスの高さは大きな魅力ですが,それに加えてWebサーバやFTPサーバなどとして使うための事前の設定が不要であること,OSや各ソフトウェアのパッチの適用といった運用業務もユーザー側で作業する必要はないことなど,1台のサーバを気軽に利用できることも大きなメリットになっています。

このように見ていくと,さくらのマネージドサーバ Core 2 Duoプランは,現状のサーバのパフォーマンスに満足していないユーザはもちろん,素早くWebサイトを構築したい,あるいは運用管理の手間を削減したいといったニーズにも応えられるのではないでしょうか。ホスティングサーバの利用を考えているのであれば,ぜひ検討してください。

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトの構築及び運用支援のほか、エンタープライズ領域を中心に執筆活動を展開している。

メール:mail@insightimage.jp