Ubuntu Weekly Recipe

第37回 Ubuntu Mobileの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

MidBrowser

ubuntu-mobileにはCellWriterに加えて,さらにタッチパネル環境向けの機能があります。それがMidBrowserです図6⁠。

図6 MidBrowser

図6 MidBrowser

これはFirefox3をベースにしたWebブラウザで,ページを「掴んで」スクロールすることができます。タッチパネル環境であれば指やスタイラスを用いてスクロールが可能ですし,ツールバーが小さく作られているため,NetBookの縦に狭い環境であっても邪魔になりません。

この機能も単体のパッケージとして提供されており,通常のシステムであってもmidbrowserパッケージを導入することで利用できます。また,MidBrowserは既存のFirefoxのものとは別のプロファイルで動作するため,相互に共存させることが可能です。

透明なパネル

もうひとつ,ubuntu-mobileに特徴的なのは,画面上部のパネルが透明であることです。これは実際にはGNOMEのパネルで,⁠プロパティ]「背景」タブで透明度が設定されているだけです。

図7 GNOMEのパネルの[プロパティ]「背景」タブ

図7 GNOMEのパネルの[プロパティ]の「背景」タブ

通常のデスクトップ環境でも同じように設定することで,いつもと違ったデスクトップにすることが可能です。

「閉じる」ボタン

ubuntu-mobile環境のデフォルトのパネルには,右端に大きな[X]ボタンが用意され,これをクリックすることでアクティブなウインドウを閉じることができます。

これは実際にはGNOMEのランチャで,xteコマンドを「xte 'keydown Alt_L' 'keydown F4' 'keyup F4' 'keyup Alt_L'」として起動しているだけです。これも通常のGNOMEデスクトップで利用できますし,⁠xte 'keydown Alt_L' 'keydown F9' 'keyup F9' 'keyup Alt_L'」で最小化,といった操作も可能になります。

著者プロフィール

吉田史(よしだふみひと)

Ubuntu Japanese Team Member株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用している。Ubuntu Japanese Teamではパッケージサーバの管理や翻訳などの作業を担当。