Ubuntu Weekly Recipe

第296回 Ubuntu 13.10と日本語入力

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

テキスト入力徹底解説

システム設定にある[テキスト入力]は,13.04では[キーボードレイアウト]という名前でした。システム設定でのアイコンは変わっておらず,ユーザインターフェース的にもだいたい同じです。では何が違うのかというと,⁠次のソースへ切り替え][前のソースへ切り替え]がついたことと,左下の[+]アイコンをクリックするとキーボードのレイアウトのほか,AnthyやMozcといった変換エンジンまでリストされるようになったことなどです注6⁠。すなわち,13.04まではキーボードのレイアウトだけをここで変更し,どの変換エンジンを使用するかはインプットメソッド(IBus)で切り替えていたわけですが,レイアウトも変換エンジンもここで変更するようになりました。

図3 13.04のキーボードレイアウト

図3 13.04のキーボードレイアウト

図4 左下の[+]をクリックすると表示されるレイアウトの選択

図4 左下の[+]をクリックすると表示されるレイアウトの選択

図5 13.10のテキスト入力

図5 13.10のテキスト入力

図6 左下の[+]をクリックすると表示される入力ソースの選択

図6 左下の[+]をクリックすると表示される入力ソースの選択

まず,現状では前述のとおりSuper+spaceキーが機能しません。これをCtrl+spaceに変更するには,⁠次のソースへ切り替え]の下にある枠(Super+spaceと書かれている部分)をクリックします。すると[新しいアクセラレーター]という表記になるので,Ctrlキーを押しながらスペースキーを押してください。⁠前のソースへ切り替え]ではShiftキーとCtrlキーを押しながらスペースキーを押してください。ちなみにESCキーを押すと,変更をキャンセルできます注7⁠。Ctrl+spaceキー以外に設定したい場合もあるかと思うのですが(たとえばShift+spaceなど⁠⁠,組み合わせによってできるものとできないものがあり,現状はかなり強い制限があるのでCtrl+spaceあたりにしておくのが無難です注8⁠。

次に入力ソースですが,変換エンジンに関してはIBusが認識していないとここにリストアップされません。たとえばibus-mozcパッケージをインストールした直後にはリストアップされないため,IBusを再起動する必要があります。しかしGUIでの再起動ができなくなっているため,一度ログアウトして再ログインする必要があります注9⁠。あとは[+]ボタンで必要なものを追加したり,⁠-]ボタンで不要なものを削除したり,順番を変更したりすればいいのですが,一番上は一番よく使うキーボードにしておくのが無難です。通常は[日本語]しょう。英語キーボードを使用する場合は一番上を[英語(US)]にしておいて,その下を[日本語(Mozc)]などにしておきます。そして,Super+spaceなりCtrl+spaceなりで英語からMozcに切り替えると,Mozcでも英語キーボードを使用することができます。

[すべてのウィンドウで同じソースを使用][ウィンドウごとに異なるソースを使用]はどういう機能なのかと言いますと,たとえばgeditを起動して次のソースに切り替えます。その後端末(gnome-terminal)を起動すると,geditと同じIBusの状態になります。IBus 1.4まではこの機能はデフォルトでオフであり,⁠キーボード・インプットメソッド][詳細]タブにある[すべてのアプリケーション間で同じインプットメソッドを共有する]にチェックを入れないとIBusの状態を共有しませんでした。しかし,IBus 1.5では共有するのがデフォルトになりました注10⁠。もし共有するのが嫌であれば[ウィンドウごとに異なるソースを使用][新しいウィンドウではデフォルトの入力ソースを使用する][新しいウィンドウでは現在の入力ソースを使用する]のいずれかを選択する必要があります。後者はわりと直感的に理解できるのですが,前者の「デフォルト」とは一体何を指すのかがわかりません。挙動を確認した限りでは,入力ソースの一番上のものにするようです注11⁠。 通常は[日本語]でしょうから,変換エンジンを起動しない状態で開きたい場合はこれを選択するといいでしょう。

注6)
候補ウィンドウを縦にするか横にするかの選択もできますが,基本的に日本語ではすべて縦にしますし,そもそもIBus側の問題でこれは機能しないと思いますし,軽く検証した限りでもそうでした。
注7)
さらに付け加えると,一度変更するとSuper+spaceキーに戻せません。このあたりが問題の鍵となる部分ではないのかとは思うのですが……。
注8)
今後のアップデートで緩くなる見込みです。
注9)
あるいは端末から⁠ibus-daemon -rxd⁠を実行してもいいです。
注10)
これはWindows 8でも同様です。
注11)
興味がある方はlibgnomekbdのソースを読んでみてください。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバー。Ubuntu Japanese Teamではパッケージングなどを担当。ほかには日本語入力関連やOpenOffice.org日本ユーザー会コミッティも兼任。