Ubuntu Weekly Recipe

第442回 Ubuntu GNOME 16.10の変更点

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

ショートカットキーの表示

対応しているアプリケーションだけにはなるのですが,Ctrl+?キーあるいはCtrl+F1キーを押すとショートカットキー一覧が表示されました。図7は「ファイル」⁠Nautilus)で表示したところです。

図7 ⁠ファイル」⁠Nautilus)のショートカット

画像

新規パッケージ

初期セットアップ(gnome-initial-setup)のほかにもいくつか追加されたパッケージがあります。そのうちの一つは「文字」⁠gnome-characters)です図8⁠。これまで同じ役割をになっていた「文字マップ」⁠gucharmap)はインストールされなくなりました。とはいえ機能的に完全な代替になっているわけではないため,⁠文字マップ」が必要な場面もあるかもしれません。その場合はインストールしてください。

Waylandセッション(gnome-session-wayland)も追加され,ログイン時にWaylandも選択できるようになりました。

図8 新規パッケージの「文字」

画像

外観が大幅に変わったパッケージ

普段はあまり使う機会はありませんが,⁠dconfエディター」は外観が大幅に変わりました。起動時に警告が表示されるようになり図9⁠,設定ではサブウィンドウが表示されるようになりました図10⁠。これでついうっかりほかのところを変更してしまったというミスは防げるはずです。

図9 dconfエディターは起動時に警告が表示されるようになった

画像

図10 値の変更はサブウィンドウから行う

画像

削除されたパッケージ

インスタントメッセンジャーである「Empathy」はついにデフォルトではインストールされなくなりました。開発者不足で長らく開発が進んでいないので,やむを得ないところです。あとは前述のとおり「文字マップ」⁠gucharmap)も削除されました。

拡張機能

Dash to DockTopIcons PlusもGNOME Shell 3.20に対応しています。16.10からはいくつかの拡張機能がリポジトリに追加されていて,その中にはTopIcons Plusも含まれています。⁠gnome-shell-extension-top-icons]パッケージをインストールしたあと,Alt+F2キーを押して「コマンドを実行」を表示し図11⁠,"r"と一文字だけ入れてエンターキーを押すとGNOME Shellが再起動します。⁠Tweak Tool」⁠gnome-tweak)を起動して「拡張機能」を表示すると追加されていますので,⁠オン」をクリックして有効にしてください図12⁠。

図11 Alt+F2キーを押し,"r"とだけ入力してエンターキーを押すとGNOME Shellを再起動できる

画像

図12 Tweak Toolを起動し,拡張機能をオンにする

画像

パッケージ管理が楽か,Extensionsのサイトからダウンロードするのが楽かはケースバイケースです。どちらがいいかをお好みに応じて選択してください。

より完全にGNOME 3.22にする

以前と違って大部分のパッケージは既に3.22になっているため,完全に3.20にする方法はありません。

逆に,GNOME3 Stagingのリポジトリを追加し,アップグレードすればほぼGNOME 3.22になります。とはいえGTK+を3.22に上げる必要があるため,かなりのリスクがあります。

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese Teamメンバーで,主として日本語入力関連を担当する。特定非営利活動法人OpenOffice.org日本ユーザー会。LibreOffice日本語チーム。ほか,原稿執筆も少々。