Ubuntu Weekly Recipe

第623回 LibreOffice 6.4 CalcとMicrosoft Excel 365の関数比較

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Calc 5.3から6.4までの間に変更があった関数

Calc 5.3から6.4までの間に変更があった関数は17個でした。具体的にどのような変更があったのか個別に見ていきましょう。

DURATION・DURATION_ADD・CONVERT・CONVERT_OOO・CONVERT_ADD

Calc 5.3よりExcelに準じ,DURATION関数をPDURATION関数に,DURATION_ADD関数をDURATION関数に変更しました。

また従来のCONVERT関数をCONVERT_OOO関数に,CONVERT_ADD関数をCONVERT関数に変更しました。すなわちCONVERT_OOO関数とCONVERT_ADD関数は別物なので気をつけください。

EFFECT

EFFECTIVE関数はCalc 5.3よりExcelと同じEFFECT関数に名称を変更しました。

ROUNDSIG

Calc 5.4よりROUNDISIG関数が追加されました図1⁠。バグ報告によると,小数点をいくつまで表示するかを指定する関数です。

図1 ROUNDSIG関数

画像
COUNTIF・SUMIF・AVERAGEIF

COUNTIF関数とSUMIF関数とAVERAGEIF関数は引数によってはExcelと違う結果を返すことがありましたが,Calc 5.4より同じにする修正が加えられました。

FINDB・SEARCHB・REPLACEB

Calc 6.0よりFINDB関数とSEARCHB関数とREPLACEB関数はExcelと同様の動作に変更されました。

REGEX

REGEX(正規表現)関数はCalc 6.2から追加された関数です図2⁠。詳しくはバグ報告を参照してください。

図2 REGEX関数

画像
LARGE・SMALL

LARGE関数とSMALL関数はCalc 6.2から配列にRANK関数を使用するようになりました。バグ報告はOpenOffice.org時代のもので,14年越しの修正でした。

FOURIER

FOURIER(フーリエ)関数はCalc 6.3から追加された関数です図3⁠。具体的な解説はリリースノートを参照してください。

図3 FOURIER関数

画像

著者プロフィール

あわしろいくや

Ubuntu Japanese TeamとLibreOffice日本語チームのメンバー。LibreOffice,VirtualBox,Joplin,Budgieデスクトップなどの翻訳を手がける。技術同人サークルteam zpn主宰。ほか原稿執筆を少々。