Ubuntu Weekly Recipe

第634回 クロスプラットフォームで動作するEPUBリーダー「Thorium Reader」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

今回は,Ubuntuで使えるEPUBリーダーを簡単に見渡しつつ,昨年新たにリリースされたEPUBリーダー「Thorium Reader」を紹介します。

はじめに

ご存じのとおり,電子書籍のファイルフォーマットの一つがEPUBです。現在,電子書籍販売プラットフォームの多くで採用されています。そしてEPUBファイルを読むためのアプリケーションを,EPUBリーダーと言ったりしています。

本連載でも第350回においてBeruというEPUBリーダーが取り上げられました。しかし,Beruは当時のUbuntu Touch(とデスクトップ)を対象に開発されていたこともあってか,この開発は2017年で止まっているようです。フォークされて開発が続いているSturm Readerがありますが,Ubuntu Touch用でした。

Ubuntuで使える,さまざまなEPUBリーダー

今回,後述する「Thorium Reader」を紹介するにあたり,UbuntuというかLinuxに対応しているEPUBリーダーについて詳しくなかったので簡単に調べてみました。なお確認環境はUbuntu 20.04 LTS on VirtualBox on Windows 10です。

はじめに,Ubuntu Softwareにおいて「ebook」「epub」あたりで検索して,気になったEPUBリーダーをいくつか簡単に試しました。

Foliate

評判が良さそうだったので最初に試してみました。本棚画面,読書画面ともに基本的な機能は一通り揃っていているようです。具体的には,見開き表示や画像の拡大表示,全文検索,後述のOPDSフィードなどに対応していて,良い印象を受けました。ただ,縦書きの本(右から左に進む)は開けますが,きちんとサポートされておらず,スクロールモードにすることで一応読める状態でした。

Books(ブック)

GNOMEの電子書籍管理ソフトウェアです。本棚画面で,カバー画像が上手く表示されませんでした。読書画面は本文ファイルごとにスクロールモードで読む形で,こまかな機能は持っていないようです。なお,画像が原寸大で大きく表示されるため,読みにくい印象です。縦書きはサポートされておらず,強制的に横書きで表示されました。

Atril

MATE Desktop Environmentに付随するドキュメントビューアーです。本棚機能はありませんが,EPUBを開けます。読書画面はBooksと同様に,本文ファイルごとにスクロールモードで読む形で,画像は大きく表示されてしまいました。読書機能として目次表示と全文検索,ブックマークなどがありました。試した環境では,次ページにキーボードで移動できずボタンを押す必要がありました。また,縦書きの本はサポートされていないようで,本文ファイル移動に手間がかかるのと,本の一部は開こうとすると強制終了しました。

calibre

クロスプラットフォームで動作する電子書籍管理ソフトウェアです。どちらかというとEPUBファイルの管理に比重を置いていますが,EPUBリーダー(E-Book Viewer)も付いています。本棚画面ではサムネイルのカバー画像での一覧もでき,読書画面では見開き表示や画像の拡大表示,全文検索などが可能です。縦書きのEPUBは,Flow mode(スクロールモード)での表示が良いようです。

左:図1 Foliateの本棚画面。Libraryでは本をカバー画像で表示またはリスト表示でき,CatalogsではOPDSフィードの登録にも対応している
右:図2 Foliateの読書画面。Software Design 2020年8月号目次を開いたところ。画面上の目次や,EPUBリーダー機能の目次から各記事に移動できる

画像 画像

左:図3 Booksの読書画面。Software Design 2020年8月号を開いたときに最初に表示されるカバー画像。画面内に収まらずに表示される
右:図4 Atrilの読書画面。WEB+DB PRESS Vol.118を開いたときに最初に表示されるカバー画像。画面内に収まらずに表示される。合わせて,目次も展開されて表示される

画像 画像

左:図5 calibreの本棚画面。カバー画像をサムネイル表示するには右下にある「レイアウト」から選択する。書誌を変更することや,EPUBファイルを別形式に変換することも可能
右:図6 calibreの読書画面。転生したらスプレッドシートだった件のプロローグの冒頭。かつ,Excelで全文検索をしたところ

画像 画像

次に,ブラウザを活用したEPUBリーダーを見てみました。描画エンジンがブラウザ依存になるため,その点では期待が持てます。

Readium

Chromeアプリです。Chrounim(またはChrome)を起動してReadiumをインストールします。Readiumの起動には,アドレスバーにchrome://appsと入力してReadiumを探す必要があるかもしれません。詳しくは後述しますがリファレンスアプリこともあり,本を管理する機能が弱いですが,読書画面でのレンダリングはしっかりしているので読む分には十分でしょう(全文検索や画像の拡大機能はありません⁠⁠。ただ,読書画面が小さいとページ表示の時に,図版がページに分かれて表示されてしまいます。また現在のバージョンでは,サポートが終了します,という画面が,起動時や本棚画面に戻ったときに毎回表示されるのがつらいところです。また,試した環境では本文を選択できませんでした。

Bibi

ウェブアプリです。本棚機能はなく,ローカル上でBibiをブラウザで開いてEPUBファイルをインポートして使います。最初に本を開くのに少し時間がかかりますが,動作自体は安定していますし,きちんと表示されます(全文検索や画像の拡大機能はありません⁠⁠。Readiumとは異なり,ページ表示の時の図版もページ内に収まって表示されます。一部の縦書きの本は,スクロールモードにする必要があるかもしれません。

左:図7 Readiumの読書画面。たった1日で即戦力になる Excelの教科書【増強完全版】「増補完全版の刊行に際して」を表示したところ
右:図8 Bibiの読書画面。スペースキーで見た目を整えるのはやめなさい「はじめに」の冒頭を表示したところ

画像 画像

以上,Ubuntuで使えそうな既存のEPUBリーダーを駆け足で見てみました。継続して使うことを考えると,本棚機能もしっかりしているFoliateまたはcalibreを使うか,本棚機能は「ファイル」に任せてブラウザ活用型のEPUBリーダーを使うかになりそうです。

著者プロフィール

高橋和道

gihyo.jp編集部 所属。最近では電子書籍の制作にも関わる。

URL:https://twitter.com/k_taka