Webディレクター,かくあるべき「第二部 対クライアントへのマインド,Webディレクターの存在」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 9 分

コミュニケーションはWebだけではない

Webがすべてではない

阿部:

自分も含め,皆さんの会社は売上げの大半がWebで,Webを生業にはしている一方で,Webを仕事にしている人って,Webは手段,コミュニケーションをするうえでのツールだということも認識していると思います。そして,最終的にはリアルに落とすとか,何かにつなげていかなければいけないとわかっている。長谷川さんが先ほど情報プロダクト全般っておっしゃっていたのは,そういう意味ではないかと。

長谷川:

ええ。そうですね。

森田:

うちは実際,Webサイト以外の売上もあります。ただ,本来僕らがやらなければいけないコミュニケーションの構築という意味では,最後にはWebサイトが出てきます。でも,大きなプロジェクトの中では,それはごく一部ですよね。

阿部:

代理店さんも最近は変わってきています。一昔前であれば,ただカタログサイトを作ってくれ,といったレベルだったんですが,最近はその前段の,戦略とかかかわることが増えてきています。

決してWebだけではないシーンにも参加しているんですよ。そこから,本来Webでやるべきかどうか,みたいな議論の中で,僕らからも「いや,これはWebじゃないほうが良い」とか「これはリアルのほうが良いですよ」とかっていう意見も出てくるというか。

長谷川:

まさにこの部分,代理店とのブレストができるレベルって重要ですね。ディレクションもやりつつ,プロデューサーも担当できるという。今なら僕たち3人が呼ばれていけば大丈夫でも,これからは,そこに呼ばれて気の利いた話をできる人をどのように育成するかが求められますね。

森田:

そうそう,それがディレクターですね。

長谷川:

社内でWebのディレクションをやるという人は,代理店の人がWebもマーケディングの一手段だと考えている中で,その話の内容を全部理解したうえで,⁠Webではこういうことができますよ」と言えるようでなければならない。そういう人が本来的なディレクターだと思います。

でも,今はおそらく,世の中のWebディレクターといわれている職能イメージとしては,そこまでキャッチアップができなくても,その場の仕事をこなせるだけでディレクターとして成立することが多いのでしょう。もう少し興味を広げるところにいかないと,その人の価値も上がんないよ,と,そういう話じゃないか,と。

阿部:

⁠その場の仕事をこなすだけでは)そもそも仕事自体がつまらないですね。

長谷川:

ええ,決められたことをするだけになってしまいます。

阿部:

それをくつがえしたくて,今僕たちはがんばっているわけですから。

森田:

ええ,つまり,オペレーターというより,デザイナー寄りの仕事になっているわけですから。ただ,そのブレストの場面とかこうしましょうという場面のとき,実は,一番始めはWebの話すらいらなくて。まず,ビジネス視点とか世の中の情勢はこうですよねという話がボンボン出てきて,それを話しているうちに,ストーリーをハンドリングしていって,結論として「じゃあ,Webサイトは?」となるようにもっていけるかが重要なんだろうなと。

阿部:

ああ,なるほど。

コンセプトから作り込む

長谷川:

でも,それはもう高等技術に入ると思う。たぶん,そのぐらいの抽象段階から呼ばれるのは,若干レアケース,あるいはよっぽど買われているからだと思います。一般的なシーンでは,Webも含めてプロモーションプランがあるところに,ディレクターが呼ばれていったときには,そのプロモーション全体でやりたいことの中で,Webではここではをやるべきですよ,とか,他の分野と連動を考えたりとか。

森田:

そうですね。

長谷川:

うちでは商品設計まで扱うのですが,その中で,Webを使ってどういうコミュニケーションがとれるかというのを考えています。サービスをやっているところであれば,それがどういうプライシングが成り立つかとか,うちはユーザ調査もやるのでどういう人がどう来るかとか,いくらで売れば成り立つかも関わってきます。実際,そこは不定形度合いがかなり強いです。

阿部:

代理店さんも最近はあまり言わなくなりましたが,⁠続きはWebで」をやろうといわれたら,それにいかにして対抗して「いや,続きはTVでいいじゃないですか」と言えるか,と。

長谷川:

その話を逆から言えば,WebのディレクターというとどうしてもWebサイトを作るという話になるけど,⁠いや,この仕事はWebの中身に1,000万,2,000万かけるより,まずはプロモーションしないと誰で来ませんよ」と,そのWebにちゃんと人が来るかとか。⁠今この予算でこれを作ってもあなたの会社では運用はちゃんとできないのでは」とか。

対談の様子(1⁠

対談の様子(1)

ビジネス感覚を身に付ける

森田:

ディレクターにとって,金銭的な感覚は大事ですね。Webで何かをするとき,どこまで何をしようかと話をしているときに「これ,いくら,かかるの?」と聞かれることがあります。

阿部:

その場できちんと答えられないと。そのための情報だったり,経験だったりをどう身に付けるか,ですね。

長谷川:

たとえば,予算の額を聞いたときにその金額ではリニューアルは絶対できなかったとしても,まず,その中でできることを逆提案していく,そのぐらいでなければいけないですよ。

森田:

うん。それで業績的によくなれば,真のリニューアルをしましょう,という話にもつなげらたりしますからね。

長谷川:

今の話で思い出しましたけど,Webって,コーポレートサイトを作ったりとか,コンテンツを作ったりとか,サービスを作ったりとか,ほんとに何でもありの手段なんで,やることの自由度が高すぎるといえば高すぎる。その中で,どういうことをやるとどういうメリットがあって,コストはいくらかかって,費用対効果はどのぐらいあるかという話まで求められる。それって,自分が経験したことはなくても世の中にWebなんていっぱいあるのだから,調べることができるんです。

森田:

Webディレクターと呼ばれている人でも勉強不足の人は多い。クライアントのところに行くときに,たとえば上場企業だったら決算書ぐらい見てから行ってほしい。その会社規模に合わせた手段を考えなければいけないと思います。

長谷川:

それに,手段が正しいかどうかの前に,売上に対して販促費用はいくら,その中でWebに使う予算はいくら,と。そのぐらいのセンスを持っているようにしたいですね。

森田:

うん,必要だね。

長谷川:

最初のヒアリングのときに「ブログやりますか?」とかではなく,まず,相手の会社の事業を教えていただかないと話ははじまらない,と。

そのあたりをちゃんと読み解く感覚とか,情勢を見る感覚とか。それこそ1年で数千万しか売り上げないのに「1,000万かけましょう」みたいな話だったら,⁠それはなんかの間違いだ」と言う必要があります。

著者プロフィール

阿部淳也(あべじゅんや)

(株)コスモ・インタラクティブ執行役員,クリエイティブチーム1 マネージャー/プロデューサー。

株式会社コスモ・インタラクティブ
「パンチの効いたアイディア」と「必然性のあるデザイン」,「妥協しない技術」によるインタラクティブコンテンツを主軸としたプロダクション。顧客企業のさまざまなシーンでのコミュニケーションを支援するために日々,熱い思いで奮闘中。Flashを主体とした映像連動のリッチコンテンツ制作やサーバサイドと連携したRIA(Rich Internet Application)開発では国内TOPレベルの実力を持つ。

長谷川敦士(はせがわあつし)

(株)コンセント代表取締役,インフォメーションアーキテクト。

株式会社コンセント
ビジュアルデザイン,システム,情報アーキテクチャを融合して企業のコミュニケーションデザインを行う,Web時代の設計事務所。コーポレートサイトから,コンテンツサイトまで幅広く手がけている。ユーザ調査から,設計/制作,そして運用までWebプロジェクトをトータルに支援する。

森田雄(もりたゆう)

(株)ビジネス・アーキテクツ取締役,Quality Improvement Director。

株式会社ビジネス・アーキテクツ
顧客企業の事業を支援するコミュニケーション戦略を提案・実施する国内最大規模のWebデザイン企業.顧客企業の経営課題を的確に捉え最新の情報技術を活用し,デザインという切り口から多面的なサービスを提供することにより,大企業の新事業立ち上げや事業の再編・再構築を支援.制作したWebサイトを通じて国内外のアワードを多数受賞している。