Away3D TypeScriptではじめる3次元表現

第11回 Away3D TypeScriptが2015年3月13日付でビルドを改めた

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

新ライブラリで動くように書替える

ところが,新しいライブラリに差し替えて前掲コード1を試すと床が表れない。ブラウザの開発ツールで確かめると,TriangleMethodMaterialクラスが見つからないというエラーが示される図3⁠。したがって,TriangleMethodMaterialクラスのコンストラクタも呼び出せないということだ。

図3 Google Chromeの[JavaScriptコンソール]に示されたエラー

図3 Google Chromeの[JavaScriptコンソール]に示されたエラー

たしかに,awayjs-methodmaterialsのライブラリからTriangleMethodMaterialとTriangleMaterialModeのふたつのクラスがなくなっている。そして,新ライブラリには,MethodMaterialとMethodMaterialModeというクラスが替わりに納められていた図4⁠。したがって,この書替えをしなければならない。

図4 awayjs-methodmaterialsライブラリの中身が変わった

図4 awayjs-methodmaterialsライブラリの中身が変わった

2014年11月5日付ビルド

図4 awayjs-methodmaterialsライブラリの中身が変わった

2015年3月13日付ビルド

さらに調べてみると,新たなクラスをあとふたつ加えることになった。前掲コード1require()関数のコードがどう書き替わるのかを先に示しておこう。つぎのように,クラスTriangleMethodMaterialはMethodMaterialに差し替え,さらにふたつのクラスDefaultMaterialManagerとMethodRendererPoolを追加した。

var DefaultMaterialManager = require("awayjs-display/lib/managers/DefaultMaterialManager");

// var TriangleMethodMaterial = require("awayjs-methodmaterials/lib/TriangleMethodMaterial");
var MethodMaterial = require("awayjs-methodmaterials/lib/MethodMaterial");
var MethodRendererPool = require("awayjs-methodmaterials/lib/pool/MethodRendererPool");

クラスTriangleMethodMaterialと差し替えるMethodMaterialのコンストラクタには,引数としてテクスチャを渡す。そして,デフォルトのテクスチャは,DefaultMaterialManager.getDefaultTexture()メソッドで得る。したがって,MethodMaterial()コンストラクタはつぎのように呼び出す。すると,前掲コード1の平面をつくる関数(createPlane())は,以下のように書き替えなければならない。

new MethodMaterial(DefaultMaterialManager.getDefaultTexture())
function createPlane(width, height, light, y) {
  // var material = new TriangleMethodMaterial();
  var material = new MethodMaterial(DefaultMaterialManager.getDefaultTexture());

}

もうひとつ,View()コンストラクタに渡すDefaultRendererオブジェクトも,つくり方が変わった。DefaultRenderer()コンストラクタには,引数にMethodRendererPoolクラスを渡すことになった。したがって,前掲コード1のViewオブジェクトをつくる関数(createView())は,以下のように書き替える。

new DefaultRenderer(MethodRendererPool)
function createView(width, height, backgroundColor) {
  // var defaultRenderer = new DefaultRenderer();
  var defaultRenderer = new DefaultRenderer(MethodRendererPool);
  var view = new View(defaultRenderer);

}

前掲コード1にこれらの書き替えを加えたのがつぎのコード2だ。新しい2015年3月13日付ライブラリのもとで,石畳のテクスチャが貼られた床の周囲をドラッグでカメラが回り込む。あわせて,サンプル1をjsdo.itに掲げた。

コード2 石畳のテクスチャが貼られた床の周囲をドラッグでカメラが回り込む(2015年3月13日付ライブラリ向け)

var LoaderEvent = require("awayjs-core/lib/events/LoaderEvent");
var AssetLibrary = require("awayjs-core/lib/library/AssetLibrary");
var URLRequest = require("awayjs-core/lib/net/URLRequest");
var RequestAnimationFrame = require("awayjs-core/lib/utils/RequestAnimationFrame");
var View = require("awayjs-display/lib/containers/View");
var DirectionalLight = require("awayjs-display/lib/entities/DirectionalLight");
var DefaultMaterialManager = require("awayjs-display/lib/managers/DefaultMaterialManager");
var StaticLightPicker = require("awayjs-display/lib/materials/lightpickers/StaticLightPicker");
var PrimitivePlanePrefab = require("awayjs-display/lib/prefabs/PrimitivePlanePrefab");
var DefaultRenderer = require("awayjs-renderergl/lib/DefaultRenderer");
var MethodMaterial = require("awayjs-methodmaterials/lib/MethodMaterial");
var MethodRendererPool = require("awayjs-methodmaterials/lib/pool/MethodRendererPool");
var HoverController = require("awayjs-display/lib/controllers/HoverController");
var view;
var plane;
var cameraController;
var timer;
var planeDiffuse = "assets/floor_diffuse.jpg";
var lastMouseX;
var lastMouseY;
var lastPanAngle;
var lastTiltAngle;
function initialize() {
  var directionalLight = createDirectionalLight(0.25, 0xFFFFFF);
  view = createView(240, 180, 0x0);
  var scene = view.scene;
  plane = createPlane(800, 800, directionalLight, -300);
  scene.addChild(plane);
  cameraController = setupCameraController(view.camera, 1000, 0, 90, 45, 20);
  AssetLibrary.addEventListener(LoaderEvent.RESOURCE_COMPLETE, onResourceComplete);
  AssetLibrary.load(new URLRequest(planeDiffuse));
  document.onmousedown = startDrag;
  timer = new RequestAnimationFrame(render);
  timer.start();
}
function createView(width, height, backgroundColor) {
  var defaultRenderer = new DefaultRenderer(MethodRendererPool);
  var view = new View(defaultRenderer);
  view.width = width;
  view.height = height;
  view.backgroundColor = backgroundColor;
  return view;
}
function createPlane(width, height, light, y) {
  var material = new MethodMaterial(DefaultMaterialManager.getDefaultTexture());
  var plane = new PrimitivePlanePrefab(width, height).getNewObject();
  plane.material = material;
  material.lightPicker = new StaticLightPicker([light]);
  plane.y = y;
  return plane;
}
function createDirectionalLight(ambient, color) {
  var light = new DirectionalLight();
  light.ambient = ambient;
  light.color = color;
  return light;
}
function setupCameraController(camera, distance, minTiltAngle, maxTiltAngle, panAngle, tiltAngle) {
  var cameraController = new HoverController(camera);
  cameraController.distance = distance;
  cameraController.minTiltAngle = minTiltAngle;
  cameraController.maxTiltAngle = maxTiltAngle;
  cameraController.panAngle = panAngle;
  cameraController.tiltAngle = tiltAngle;
  return cameraController;
}
function onResourceComplete(eventObject) {
  var assets = eventObject.assets;
  var material;
  var count = assets.length;
  var url = eventObject.url;
  for (var i = 0; i < count; i++) {
    var asset = assets[i];
    switch (url) {
      case (planeDiffuse):
        material = plane.material;
        material.texture = asset;
        break;
    }
  }
}
function render(timeStamp) {
  view.render();
}
function startDrag(eventObject) {
  lastMouseX = eventObject.clientX;
  lastMouseY = eventObject.clientY;
  lastPanAngle = cameraController.panAngle;
  lastTiltAngle = cameraController.tiltAngle;
  document.onmousemove = drag;
  document.onmouseup = stopDrag;
}
function drag(eventObject) {
  cameraController.panAngle = 0.5 * (eventObject.clientX - lastMouseX) + lastPanAngle;
  cameraController.tiltAngle = 0.3 * (eventObject.clientY - lastMouseY) + lastTiltAngle;
}
function stopDrag(eventObject) {
  document.onmousemove = null;
  document.onmouseup = null;
}

サンプル1 Away3D 15/03/13: A plane added texture to with the camera panned and tilted by the mouse

これまで書いたコードを新ライブラリで動かすには

この連載でこれまで書いたコードを2015年3月13日付ライブラリで動かすにはどう書き替えればよいか。

前掲コード2の下敷きにした第4回コード3「HoverControllerオブジェクトによるカメラのパンとチルトをマウスドラッグで動かす」は,第1回から都合4回かけて仕上げたお題だ。これは,前述の直しを入れればビーチボールを含めて正しく動く。

また,第7回からつくり始めて前回でき上がった第10回コード2マウスポインタの画面中央からの座標に応じてカメラを水平および垂直に動かすも同じように書き替えればよい。参考までに,サンプル2としてjsdo.itに掲げた。

サンプル2 Away3D 15/03/13: Dealing with the mouse interactions for objects and the camera

第5回と第6回で書き上げたお題の第6回コード3背景の映り込んだドーナッツ型を上下左右にに回るカメラで捉えるについては,前述の修正に加えてSkyboxMaterialクラスがなくなった。そして,Skybox()コンストラクタには,素材のキューブマップがそのまま渡せるようになった。そのため,スカイボックスをつくる関数(setupSkybox())はつぎのように書き替えることになる。

// var SkyboxMaterial = require("awayjs-renderergl/lib/materials/SkyboxMaterial");

function setupSkybox(cubeTexture) {
  // var skybox = new Skybox(new SkyboxMaterial(cubeTexture));
  var skybox = new Skybox(cubeTexture);
  view.scene.addChild(skybox);
  torus.material.addEffectMethod(new EffectEnvMapMethod(cubeTexture));
}

2015年3月13日付Away3D TypeScriptについては,とりあえずこれくらい説明すればよいだろう。さて次回は,床にパーティクルを加えたい。

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書