クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第1回 桜を描こう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

桜の花を咲かせましょう

基本になる桜の花を使って,桜の花のバリエーションを作ります。複製した花に対して回転や拡大・縮小,彩度・濃度調整を加えて奥行きを出していきます。

作例では淡い柔らかい感じを出したかったので,それほどコントラストを強くしていませんが,そのあたりのさじ加減はご自由に。何度もリトライできるのがCG の一番よいところです。納得いくまで様々なバリエーションを試してみてください。

  1. 基本の花を使って3パターンの花(桜01,桜02,桜03)を作っておきます。パーツ数と色味,サイズで奥行きを表現します。
    • 桜01

      画像

    • 桜02

      画像

    • 桜03(※色違いの桜03も作っています)

      画像

  2. グラデーションで塗りつぶした背景上に,桜03を複製して散布します。散布後[個別に変形]コマンドを使ってランダムにサイズや角度を調整しました。アプリケーションのバージョンによってはブラシやシンボルを活用すると手間が省けます。桜02も同様に散布します。

    画像

  3. 楕円ツールで桜の輪郭を描き,パスファインダでひとつにまとめます。この桜の輪郭を使って,桜03,桜02をマスクで切り抜きます。なお,パスファインダがないときは楕円ツールで描いたものをガイドにして,ペンツールでトレスします。

    画像

    ↓

    画像

    ↓

    画像

  4. 桜01を適当に配置し,幹を加えて完成です。

    画像

次回はこれをもとにしてグリーティングカードを作っていきます。出来上がったグリーティングカードのPDFデータもアップします。お楽しみに。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com