クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第31回 『しかけ絵本 その1』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

絵に色をつけましょう

  1. ここで,一度レイヤーをひとまとめにしておきます(レイヤーパレットのプルダウンメニューから,新規レイヤーに集める⁠⁠。

    画像 画像 画像

  2. 墨線レイヤーの下に着色用のレイヤーを追加して着色します。

    画像 画像 画像

  3. 墨線レイヤーをコピーして,輪郭線を選びパスファインダや連結を使ってもかまいませんが,今回はアウトラインを再度トレースしています。

    このやり方だと,墨線と色の間にちょこっと隙間できたりして,それが味なったりもします。

    画像

  4. 塗りレイヤーのアウトラインだけのオブジェクトを,パスファインダー→分割で切り出していきます。

    画像 画像 画像

  5. 画像 画像 画像

  6. 切り出すラインを全部描いてありますが,実際は順番に切り出しております。

    画像 画像 画像 画像 画像

    このやり方のいいところは,アートワークがすっきりしているのと,オブジェクト同士が重なっていないので,同じレイヤー内ならオブジェクトの階層を気にしなくてもいいことです。

  7. さあ,切り出しながらざっと全体に色を入れていきましょう。

    色構成の調整はこの時に気の済むまでやっておきます。

    画像

  8. 細かいデテールをいれ,アピアランスも調整して描画完了。

    画像

  9. レイヤーはこうなっております。

    レイヤー数が多くなればなるほどサブレイヤーの入れ子をうまく使ってやることが大事です。

    画像

  10. 同じサイズの絵を後21枚描かなくてはいけませんから,流用できるマスクを切っておきましょう。

    マスク用のレイヤーを追加して,長方形ツールでアートボードをクリック。ダイアログボックスを呼び出し,オプションの欄に数値を入力します。

    このとき,数式をいれてやれば,その答えが自動的に入力されます。作例ではA4横置きの幅を三等分,高さを2等分する式を入れました。

    画像 画像 画像

    画像 画像 画像

  11. 長方形が描けたら,それと絵を囲むように長方形を描き足して,両方とも選択し,塗りと線を入れ替えます。

    [メニューバー⁠⁠→⁠オブジェクト⁠⁠→⁠複合パス⁠⁠→⁠作成⁠⁠,これで余分な部分をマスクできました。

    画像 画像 画像 画像 画像

  12. わかりやすいように色を付けてありましたから,これも変更しております。

    画像

さあ,お母さんとお買い物にでかけます。

画像

画像

次回はみなさんも一緒に⁠しかけ絵本商店街⁠に出かけましょう。

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com