クラフトマウス ~パソコンで作る四季の手作りクラフト

第57回 『手作りうちわ その2―クラフト編』

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

え,丸うちわはどうなったか?

はい,きちんとケリをつけました。

  1. 厚めの用紙の裏と表をそれぞれ別に出力して,プリンタ用紙の折れ防止用に入っている厚紙に貼り付けました。

    うちわキットには各パーツの予備が入っていますから,それを利用してヘリ紙を貼り付けています。これだけでもうちわらしくなりました。

    画像

  2. 壁を修理した時の端材があったので,それで持ち手を作ってみました。

    下部に指を入れる穴を開けるだけでもいいでしょう。

    画像

  3. どうです!いい感じでしょう。

    画像 画像

  4. さあ,これでOK。原稿を送ろう,という段階になって,折りたたみ丸うちわの構造を思い出しました!

    最初から円で作ったのが間違いの元。

    長い紙を蛇腹に折ることから始めるべきだったのです。

    画像

    これをぐるっと丸めると

  5. おお!これだ!

    早い話が"ハリ扇"の作り方と同じなんですね。

    画像

  6. 下の部分を止めて,両端に厚紙を貼り付けました。

    画像 画像

  7. 開くとこうなります。

    画像

  8. ちゃんと扇げるんですよ。

    大きくてしなるから,バタバタ扇ぐのではなく,ゆったりと扇ぐ感じです。

    少ない力で結構な風を運んでくれます。

    画像

あきらめないで良かった!


いかかでしたか?

デザインの部分にこどもやペットの写真を使えば,お子さんも喜んで使ってくれるのではないでしょうか。

前回も書いたけど,うちわはそのまま郵送できますから,暑中見舞いにもいいですよ。

さてさて,それなりにご好評を頂いていた『クラフトマウス⁠⁠,今回が最終回です。

筆者の都合で最終回なのですが,今回の丸うちわとのなんとも楽しい格闘で,やめるのが惜しくなってきてしまいました。

画像

クラフトはやっぱり楽しいです。

パソコンでデザイン,指先でクラフト。

デジタルとアナログは仲良しなんです。

皆さん,これからもマウスでカチカチ,ハサミでチョキチョキ,クラフトライフを楽しんでください。

ではまた,どこかでお会いしましょう!

著者プロフィール

杠聡(ゆずりはさとし)

イラストレーター,ライター。東京都日野市在住。技術評論社刊の単行本カバーなど広告,出版でのお仕事をベースに,自転車旅行で出会った風景や人を題材にした作品づくりを続けています。

URLhttp://www.yuzuriha.com