すぐに仕事に役に立つ InDesign速効Tips

第8回 クォーテーションマークを縦組み用に切り替える

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

InDesign CS3の字形パネル

ここで挙げた,⁠字形パレットを使うとダブルミニュートが入力しにくい」というのは,InDesign CS2までの現象です。最新バージョンのInDesign CS3の字形パネルでは,こうした点が改良されて,ダブルミニュートが入力しすくなっています。

InDesign CS3の字形パネルの[表示]ポップアップをクリックして,⁠始め&終わり約物]を選択すると,いろいろな種類の括弧記号と一緒にダブルミニュートも表示されます。ダブルクリックすると,縦組みでも無事に入力されます。

InDesign CS3の字形パネルの[表示]欄を[始め&終わり約物]にして,ダブルミニュートを入力できる

InDesign CS3の字形パネルの[表示]欄を[始め&終わり約物]にして,ダブルミニュートを入力できる

そもそも,InDesign CS2までの[表示]ポップアップメニューでは,ユニコードの字形内容によるグループ名が表示されるだけで,入力する人のためにわかりやすく,文字や記号を分類表示するものではありませんでした。こうした点を変更して,⁠ことえり」の文字パレットのような分類表示にしたのが,InDesign CS3の新しい字形パネルです。

[表示]をクリックすると,⁠数字][通貨]のようなわかりやすい名称でセット名が表示されます。⁠数字]セットを選択すると,丸数字の一覧なども現れて,InDesign CS2までは,字形パレットで選択しにくかった黒丸数字などが簡単に入力できるようになります。

InDesign CS3の字形パネルでは,記号の種類別のセットが表示され,⁠数字]を選択すると丸数字などが一覧になる

InDesign CS3の字形パネルでは,記号の種類別のセットが表示され,[数字]を選択すると丸数字などが一覧になる

「最近使用した字形」の表示

InDesign CS3の字形パネルのもうひとつの新機能は,⁠最近使用した字形」が表示されることです。ページデザインでは,何度も同じ種類の記号を入力することが多く,字形パネルの「最近使用した字形」から,文字をダブルクリックすることで,効率的な入力が可能になります。

InDesign CS3の字形パネルでは,⁠最近使用した字形」が常時表示される

InDesign CS3の字形パネルでは,「最近使用した字形」が常時表示される

このようにInDesign CS3の字形パネルは,これまでの「特殊な異体字や記号を入力するためのパレット」という役割を改めて,⁠文字入力のためのパネル」に生まれ変わったといえるでしょう。

参考文献
「InDesignプロフェッショナルテクニック」174ページ

著者プロフィール

株式会社シータス

東京の印刷会社。商品カタログ,PR誌,書籍などの企画制作から組版・製版・印刷,Webサイトの企画・制作,さらに食品・雑貨の輸入販売などなど,幅広く展開中。また,InDesignをはじめとしたDTPやWebのノウハウを活かし,書籍の執筆も行う。おもな著書に「InDesignプロフェッショナルテクニック」「Photoshopデジタルフォト基礎レッスン」「Flash MX 2004で作る小さくて可愛いWebアニメーション」「デジタル一眼レフ プロ級写真の撮り方教えます」(技術評論社刊)など多数。

Webサイト「ぱぴっとタウン」でコラム「ステップアップのためのInDesign導入術」を連載中。 →http://www.papit-town.jp/column/index.html

URLhttp://cetus.co.jp/

著書