月刊インタラ塾,gihyo.jp瓦版

第7回レポート「中村洋基と木谷友亮のWeb業界一受けたくない授業」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

どんなものを作ってきたか―木谷さん編

Medias.net

NECの携帯電話Nシリーズのブランディングサイト。

NEC側にすでに,何でもできる携帯=ライフブラウザ,それを表現する「世界が手の平で動き出す」というタグラインがあったので,Webを作ってという話になったとき,世界の⁠今⁠をビジュアライゼイションすればいいのではないかと思ったという。

サイト上には,ブログやニュースのキーワードからその日の感情を分析し,40種類以上の動きで表現するMEDIA MANが登場する。右上のフェイスマークはその日のニュースサイト,ブログのキーワードをもとに笑顔になったり,泣いてたり。解析はNECの感情理解エンジンを使っている。1日1回更新。これがアーカイブされていき,日付をクリックするとその日のMEDIA MANが登場する。

画像

感情理解エンジンはNECの携帯に搭載されていて,たとえば,メールの文面を解析してメールのサブジェクトに「涙」⁠ハート」などのマークが自動で点いている。それが楽しいメールなのか,悲しいメールなのか一見してわかるというもの。

MEDIA MANの身体の構造は毎日のニュースからなり,感情を現す動きは,感情理解エンジンを使って世界中のブログをスキャンして出している。ただ,⁠焦り・喜び・怒り・悲しみ」とあるうち,最初は「悲しみ」「焦り」ばかりになってしまっていたが,⁠最近,やっと笑顔が出ています。」ちなみに,MEDIA MANにはmobileアプリ版,ブログパーツ版もある。

携帯のコンテンツでスペシャルサイトを作るというとすごく複雑なインタラクションを作りがちだが,実際にユーザーはそんなものは求めていない。シンプルで,こちらが押し付けるのではない,だけどブランドをきちんと刷り込ませるものを作ったつもりだと,木谷さんはいう。

井上雄彦/最後のマンガ展

マンガ家の井上雄彦さんの美術展(上野,2008年5月)の特設サイト。

このサイトはインタラクションは全然なく,写真を3日に1回更新する。⁠今日の井上雄彦」⁠というより,美術展の進捗を公開日まで少しずつ見せていく)というもの。井上さんがなかなか描かない(いなくなったり?)ので,画がなくなり,しまいには木谷さんの靴まで登場することになったり,打ち合わせで悩んでいる井上さんの写真ばかり載せていたらファンの人から「井上さんに打ち合わせばかりさせないで!」というメールが来たり,と思ったより大変だったという。

美術展のためのWebサイトは絶対に必要なものではない。しかしファンはどういうものを描くんだろうと少しでも情報が知りたいだろうし,美術展の運営サイドからすればWebであまり見せすぎても困るわけで。どこまでをどう見せるか,のバランスが難しい。

もちろん,美術展のためのWebサイトでなくとも,サイトでは「見に来てくれる人のニーズ」「クライアントの伝えたい情報」のバランスをうまくとることが重要だ。さらに,そこに作り手の表現したいことも加わることになる。

「Webを作るとき,どうしても自分たちの技術や考えばかりになって途中からユーザーのことを考えなくなってしまう。結局,⁠おもてなし⁠ができてないということになる。でも,Webはアートじゃない。これくらいなら来てくれた人に喜んでもらえる,そのちょうどいいところを考えていけるといいなと思う」⁠木谷さん⁠⁠。

ケートラ

Hondaの携帯用コンテンツ。携帯に登録すると自分のモバターが現れる。そのモバターがみんなのケータイを乗り継いで勝手に歩き回る,いわゆる「モバター君の放し飼いコンテンツ⁠⁠。

モバターが旅先で買ってくるお土産や送ってくる日記を楽しむ,いわゆる⁠ゆるい⁠コンテンツだ。⁠移動することを楽しんでもらう」ということを企業理念に掲げているHondaのいいたいことをうまく表しているといえる。

ちなみに,ゆるキャラのモバター,お土産などのデザインも木谷さん。キャラクターグッズ化して不労所得を狙いたいらしいので,ケートラをやっている人は問い合わせボタンで「モバターかわいい!!」と,ぜひコメントしましょう。

画像

また、時間の都合で、会場では紹介できなかったものもあった。

超短距離1M走

ナイキ主催の「超短距離1M走選手権⁠⁠。この選手権とは、人類最強の瞬発力を競うというもので、1Mをどれだけ早く走れるかを競う。

この大会への参加は無料で開催期間中であれば、各会場で自由な時間に挑戦ができる。そして、その結果はWEB上でリアルタイムにランキング表示される。もしかしたら世界最速の称号を得る事が出来るかもしれないと誰しもが夢見る事ができる企画。

booing.jp | 全日本ご不満放出選手権(公開終了)

日本労働組合総連合会の特設サイト。

このサイトはユーザーが不満を書き込むとそれがエネルギー(不満注入)として、サイトのキャラクターである「トブ太くん」に不満を注入し、不満でふくらんだトブ太くんをクリックで飛ばし、その距離をランキング表示する。

「あなたの不満を少しだけ解消します」というサイト。

著者プロフィール

月刊インタラ塾(げっかんいんたらじゅく)

昨今、マス広告のあり方が大きく変化し,Web広告はより一層重要なポジションを担って来ております。そんな中,「宣伝・広報」「広告代理業」「広告制作業」に携わる方々へ向けてユーザーに響くWeb広告を生み出すための考え方や技術など,役に立つ情報をイベントを通じてお伝えできるのではないかと思い,開催致しました。また,このイベントをきっかけに,次代を担う人がでてきてくれればと願い,微力ながらもWeb業界全体に貢献ができればと考えております。

URLhttp://www.intarajyuku.net/