効果測定 虎の巻

第4回 流入元の測定(後編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

流入元の項目と指標

流入元の識別ができたら測定項目を検討します。

次に一般的な流入元の識別項目を示します。

バナー広告
媒体名,広告種別,費用,クリック数,直帰率,コンバージョン数
リスティング広告
媒体名,出稿キーワード(広告グループ⁠⁠,費用,クリック数,直帰率,コンバージョン数
自然(オーガニック)検索
検索エンジン名,キーワード,流入数,直帰率,コンバージョン数
外部サイト
ホスト名,ページ(URL⁠⁠,流入数,直帰率,コンバージョン数
メール(メールマガジン)
メールタイトル,期間,メール種別,送付数,流入数,直帰率,コンバージョン率
その他
新聞,雑誌等のウエブ以外からの流入広告媒体名,期間,クリック数,コンバージョン数

上記が識別できるように設定・確認しておきましょう。

リンク先にURLパラメータをユニークに振っておくと,独自にレポートを作成する場合に有効です。 例えば,広告を独自のカテゴリ別に集計したい場合は リンク先URLに対してカテゴリを割り当てたマスタを用意しておき,測定ツールからExcelやCSV形式で,リンク先URLを含めたデータを取得して,ExcelやAccessで集計すればいいでしょう。

 リンク先URLから独自にレポートを作成

図 リンク先URLから独自にレポートを作成

自社サイトの流入元(集客媒体)とその割合,コンバージョン数を常に把握するように心がけましょう。

重要な指標

流入元に関連する重要な指標はつぎのとおりです。

  • 流入元のシエアと変動(推移)
  • コンバージョン数・
  • 直帰率
  • 間接効果(ポストクリック)訪問後のユーザの行動 ※1ポストクリックについては別の機会で説明します。

流入数の把握ができると,ウエブサイトにとってどの媒体が集客効果があるかわかるようになります。

※1)コンバージョンの前に直帰率 - LPOとは?

しかし,せっかく集客に成功しても,コンバージョンに到達する前に離脱されてしまっては効果がありません。

そこで,LPO(ランディングページ最適化)という手法が注目されています。 最近ではインターネットネット広告に加えて,4マス媒体やテレビCM等からもウエブサイトへと誘導する手法が増えています。 したがって最初にユーザが目にするページがユーザの目的と合致しているかどうかが重要になっています。

ランディングページが最適化されているかどうかは直帰率で判断できます。 直帰率をレポーティングできるツールであれば,是非評価項目の対象に加えてください。 特にリスティング広告は成果報酬であることも手伝って,数万以上のワードを出稿する企業もめずらしくありません。

広告の直帰率の改善作業は最近のウエブマーケティングでは必須だといえるでしょう。

著者プロフィール

山田賢治(やまだけんじ)

(株)アクティブコア 代表取締役社長。パッケージベンダーにてRDBMSのカーネルの開発,海外勤務を経て,データウエアハウス専用DBMS事業の立ち上げ,分析アプリケーションの設計・開発に携わる。

その後,インターネット系ベンチャーの技術部長を経て2005年に(株)アクティブコアを設立し,代表取締役社長に就任。現在は同社の経営全般および製品の設計・開発に奮闘中。

URL:http://www.activecore.jp/