グングン売上がアップする!ネットショップ構築のポイント

第1回 ネットショップに訪れるお客様の意識

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

「お買い物がしたいお客様を集める」なら,モール店舗に出店する方法が有効

では,⁠お買い物がしたい」と考えているお客様を集めるには,どのようにすれば良いでしょうか。

一つの方法として,独自でネットショップを構築するよりも,楽天市場Yahoo!ショッピングなどのモール店舗に出店するという方法が有効です。

楽天市場やYahoo!ショッピングを利用するお客様というのは,⁠お買い物がしたい」という気持ちが強い方が多いため,商品を検索,比較し,欲しい商品が見つかったら購入する割合が高い方が多いのです。その他にも広告,メールマガジン,懸賞,セール企画など,効率的に集客を行い,売上を上げるための仕組みが揃っています。

モール店舗には購入意欲の高いお客様が集まるため売上が上がりやすい

モール店舗には購入意欲の高いお客様が集まるため売上が上がりやすい

ただし,モール店舗は売上をあげやすい反面,他店舗・他商品の比較検討が簡単にできるため,他のお店や商品と比べたときに特長のあるものでないと目立たないということや,既製品などを販売する場合には価格競争になりやすいこと,同じ製品でも種類数,在庫数の多い店舗が有利になりやすい,ということもあります。

独自ドメイン店舗はお客様の求めるコンテンツを充実させ,長期的視点に立った店舗構築を行う

独自ドメイン店舗で売上を上げていくためには,購入意欲の高いお客様,つまり「ファン」の獲得が重要になります。

お店のファンとなるお客様は,販売商品への満足度が高く,リピーターとなってくれるだけでなく,商品の良さを自然にクチコミで広めてくれたりしてくれます。

ファンを獲得するためには,販売ページにて商品の良さを十分に伝えるということはもちろん,情報を探しにアクセスしてきたお客様に対して,十分な情報を提供すること,ブログなどを活用してお客様との交流を深めること,など,短期的に売上を上げるということではなく,お客様にとってためになるコンテンツを充実させ,長期的な視点に立ってお店を発展させていきます。

独自ドメイン店舗に訪れるお客様は,情報収集が目的であったり,単なる暇つぶしであったり,ウインドウショッピングをしていたり,実際に商品が欲しくて買いに来たり,など,さまざまなお客様が訪れてきます。比率としては,実際に商品を買いに来た方の数より,情報収集やウインドウショッピングに来た方の数の方が圧倒的に多くなるでしょう。

お買い物をされないお客様にも満足して帰っていただくためにもネットショップ全体のコンテンツを充実させることが,後々になってお客様となり,ファンとなり,ひいては売上アップにつながります。

ネットショップを構築するにあたって,⁠お客様はネットショップに『お買い物』をしに来ている」という当たり前のようでなかなか認識できていない,この一つの点を抑えておくことで,お客様の気持ちになって,⁠どのようなネットショップを構築すれば良いか⁠⁠,⁠お客様はどのようなコンテンツを求められているか」ということを考え,制作できるようになります。

次回は,モール店舗における商品ページ制作のポイントについて解説する予定です。

著者プロフィール

渕上雅己(ふちがみまさみ)

ミンクス代表,ウェブプロデューサー/デザイナー。

大学卒業後,ウェブ制作の専門学校を経て,ネットショップ構築に特化したウェブ制作会社に入社。業務を通じてネットショップにおけるウェブデザイン,ユーザビリティ,SEO/SEM,ネットショップ運営等に携わる。

2006年9月に独立し,ミンクスを本格的に立ち上げ,中小規模のネットショップ制作を中心に業務を行う。

URLhttp://mincs.net/