サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方

第16回 整理上手になれるかな?カテゴリーとタグの設定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

タグを設定しよう

記事整理整頓機能その2,タグです。

タグは,TwitterやFacebookをやっている方なら,⁠タグ付け」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

タグとは,記事に目印を付けるための機能です。

この記事は「技術関連⁠⁠,この記事は「製品関連⁠⁠,この記事は「人事関連」のように,対象の記事に対して目印を設定しておくことによって,後で検索しやすくするために使います。

ま,こちらも言葉で説明されてもわかりにくいと思いますので,カテゴリー同様,どんな感じに設定するのかを見てみましょう。

サイドメニューの「投稿」の中,先ほどのカテゴリーメニューの1つ下が,タグメニューです。

こちらがタグ管理画面です

こちらがタグ管理画面です

こちらはカテゴリーと違って,最初の段階では何も設定されていません。

画面左側にある入力フォームに内容を記入して,一番下の「新規タグを追加」ボタンを押すと,画面右側の「タグ一覧」に,追加したタグが表示される,という,カテゴリーとほとんど同じような作りになっています。

試しに新しいタグを追加してみましょう。

「名前⁠⁠,⁠スラッグ⁠⁠,⁠説明」を入力します。こちらも「説明」については無くてもOKです

「名前」,「スラッグ」,「説明」を入力します。こちらも「説明」については無くてもOKです

入力ができたら,追加ボタンをポチッとな。

タグが追加されました

タグが追加されました

それでは,追加したタグを使って,記事にタグ付けをしてみましょう。タグは記事投稿画面のこの部分から設定することができます。

カテゴリーのすぐ下です。同じく前回は触れませんでしたが,こちらもよく見ると確かにありますね

カテゴリーのすぐ下です。同じく前回は触れませんでしたが,こちらもよく見ると確かにありますね

タグ付けされた記事の様子を画面で確認してみましょう。

おお,ちゃんとタグが記事に表示されています!

おお,ちゃんとタグが記事に表示されています!

タグはボタンになっていますので,ポチッとクリックしてみましょう。

この「テストタグ」が付けられているすべての記事が,ずらっと表示されます。他のタグの記事は表示されません

この「テストタグ」が付けられているすべての記事が,ずらっと表示されます。他のタグの記事は表示されません

……おや?なんだかほとんどカテゴリーと同じ説明になってしまった気がします。これはどうしたことでしょう?

カテゴリーとタグ,どう使い分けるの?

ということで,カテゴリーとタグをお話してきましたが。コレ,どう見ても同じような機能ですよねえ…。

さらに言ってしまうと。カテゴリーとタグには,⁠どんな言葉を入れても問題ありません⁠⁠。極端に言えば,カテゴリーとタグに,⁠同じものを設定すること」もできちゃったりします。

さらにさらに言ってしまうと。1つの記事に,⁠複数のカテゴリー」を設定することも,⁠複数のタグ」を付けることも,問題ありません。できちゃいます。

もうこうなると,完全一致と言ってもさしつかえがないレベルです。これ,どう使い分ければいいのでしょう?

サルでき流の考え方としましては。

とりあえず,カテゴリー使っとけが,オススメです。

もちろん,⁠カテゴリーは部署や製品群などの変動要素が少ない⁠枠⁠として使い,タグは特定のプロジェクトや個別の製品名など,ピンポイントで検索できる⁠目印⁠として使う」という考え方でまったく問題ないのですが,慣れないうちは両方設定しようと思うと,結構悩んでしまったりします。

ここで悩んで記事が書きにくくなってもあんまり良いことありませんからねえ~。と,いうことで,悩みそうなアナタは,カテゴリーだけ使っておきましょう。

何事も慣れますので,慣れてからいろいろやってみよう,という気持ちで大丈夫です。

まとめ

いかがでしたか?

記事のまとめ機能,カテゴリーとタグのお話でした。なんだか不思議な機能でしたね。そっくりなものが2つあるなんて。

この2つの機能,ワタシのおぼろげな記憶では,前はもっと違うイメージの機能だったんです。それが,今回あらためてチェックしたら,なんだかすごく近いものになっていて驚きました。

考えられる理由としては…そうですね。

WordPressはWebサイトのひな形として,多くの人に使ってもらえるように作られていますので,⁠カテゴリーは絶対にこうやって使わないとダメ,タグは絶対にこうやって使わないとダメ」なんてことにしてしまうと,多種多様なユーザさんに対応することができなくなってしまう可能性があります。

ですので,あれこれ機能を見直していく中で,なるべくどんな状況でもどちらの機能も耐えられるように,共通機能が増えていったんじゃないかと,ワタシは勝手に思ってみたりします。

使う側はなんとなく「正解」が欲しくなってしまうのですが,この2つの機能については「正解は自分で作るもんだ」という感じが良いのかもしれません。皆さま独自のカテゴリーとタグの使い方を研究してみてくださいね。

…おっと。

と,いうところで終了の時間です。

ではでは,今回はここまで!

次回をお楽しみに~。

画像

著者プロフィール

カワサキタカシ(かわさきたかし)

元アイ・ビー・エムERPコンサルタント,元アップル教育ソリューション開発者兼営業,他にも様々な経験を経て,人材育成会社『株式会社マイウェイ』を夫婦で起業。現在,同社の取締役兼なんでも担当。

「Webサイト」から「iPhoneアプリ」,「ビジネスサービス」から「会社」まで,『作ること』が好き。そして作る楽しさを誰かに『教えること』も好き。楽しく作る技術を学ぶコミュニティ,『サルでき.jp』をぐーたら管理中。

著書に『iPhoneアプリ開発塾』(技術評論社),『サルにもできるiPhone同人誌の創り方』(飛鳥新社)がある。

株式会社マイウェイ Webサイト
株式会社マイウェイ Facebook
カワサキタカシ Facebook
サルでき.jp


企業サイト作り(運用)にお困りの経営者さま・Webご担当者さま。ワタシ,『企業サイトを楽しく作る(育てる)ためのサポートサービス』もやっております。困り果てて現実逃避の小旅行に出かける前に,是非一度弊社Webサイトまでお気軽にご相談くださいませ。