サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方

第23回 チームで更新するための準備。ユーザーを登録しよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

ユーザーって何だ?

さてさて。今回はユーザーの登録をするわけですが。そもそも,ユーザーって何でしょう?

……いえいえ,別にトンチとか引っ掛けとか,そういう話じゃないです。確かに一見簡単そうな問題ですけどね。簡単すぎて考えもしなかった。なんてこと,よくあるじゃないですか。

ここであらためて考えてみましょう。WordPressにおける「ユーザー」とは――

その1:ユーザーの範囲

まず,言葉的には「使う人」ということですね。WordPressに当てはめてみると,WordPressを使う人です。

この場合,厳密に言えば,ただ単にWebサイトを閲覧してきた人も,一応「ユーザー」ということになります。しかし,Webサイトの場合,⁠いちいち登録しないと閲覧すらできない」となると,使い勝手が相当悪いサイトになりますので,通常「ただ見る人」は登録なしでもサイトを見ることができるようになっています。

今回は言葉として,⁠ただ見る人じゃない人=WordPressを管理目的で使う人」のことを登録ユーザーと呼ぶことにしましょう。

その2:ユーザーの目的

この登録ユーザー,もし仮に「1人しかそのWebサイトを管理しない」のであれば,実のところそもそも必要ありません。だってどうせ1人しかいないわけですから,管理画面に入るためのパスワードさえあれば,それで充分なハズです。

なぜ「ユーザー」を作らなければならないのか。それはつまり,ユーザーというものは,複数人いることを前提とした仕組みの中で,1人を特定するためのシルシだから,ということが言えます。

WordPressは,ユーザー管理機能が付いていますので,⁠基本的には複数の登録ユーザーで管理するための仕組みになっている」ということですね。

その3:ワタシがアレコレ書いている目的

……アレコレ書いている割には当たり前のことばかり言っている気がする。いつものアノ芸が発揮されているだけの気がする。

いえいえ!このユーザー管理。特に小さめな企業さまのサイト運営において案外軽視されがちでしてね。ここは口をこってりして言わなければいけないことなんですよ。

つまり,⁠複数の方々で管理しているにもかかわらず,ユーザーを1人だけ設定して,そのIDとパスワードをみんなで使い回している」なんてケースが良くあるのです。

「あ,ウチそうなってる」って思った方,結構いらっしゃるでしょう?ユーザーを管理するのは,結構面倒ですしね。

ですが,WordPressがしっかり「ユーザー管理機能」を用意しているということは,複数人で管理していくのであれば,人数ぶんユーザーを登録しておいたほうが何かとイイことがあるわけです,絶対。やりましょうね,ユーザー登録。ねっ!

ではでは,ユーザー登録の必要性を(半ば強引に)理解していただいたところで,しっかり登録方法を覚えていきましょう。

※注意:今回のユーザー登録は,一般設定で「メンバーシップ(だれでもユーザー登録ができるようにする⁠⁠」を「ON」にした場合の,外部ユーザーによるユーザー登録ではなく,あくまで管理者がユーザーを登録するケースでお話をしています。⁠一般設定のメンバーシップって何?という方は,第10回をチェック!)

著者プロフィール

カワサキタカシ(かわさきたかし)

元アイ・ビー・エムERPコンサルタント,元アップル教育ソリューション開発者兼営業,他にも様々な経験を経て,人材育成会社『株式会社マイウェイ』を夫婦で起業。現在,同社の取締役兼なんでも担当。

「Webサイト」から「iPhoneアプリ」,「ビジネスサービス」から「会社」まで,『作ること』が好き。そして作る楽しさを誰かに『教えること』も好き。楽しく作る技術を学ぶコミュニティ,『サルでき.jp』をぐーたら管理中。

著書に『iPhoneアプリ開発塾』(技術評論社),『サルにもできるiPhone同人誌の創り方』(飛鳥新社)がある。

株式会社マイウェイ Webサイト
株式会社マイウェイ Facebook
カワサキタカシ Facebook
サルでき.jp


企業サイト作り(運用)にお困りの経営者さま・Webご担当者さま。ワタシ,『企業サイトを楽しく作る(育てる)ためのサポートサービス』もやっております。困り果てて現実逃避の小旅行に出かける前に,是非一度弊社Webサイトまでお気軽にご相談くださいませ。