サルでき流 WordPressではじめる企業サイトの作り方

第27回 はじめてのSEO入門。検索エンジンにウケるタイトルの付け方とは?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

ウケるタイトルの付け方:Webサイトのタイトル編

さてさて,それではいよいよ本題に入りましょう。

ウケるタイトルの付け方のお話です。

では話をはじめる前に,そうですね……たとえばアナタの会社が,⁠飲食店を経営している」ことにしましょう。いえ,例えですので何でも構わないのですが,具体的な話にしたほうがイメージが付きやすいと思いますので。

「カフェ」にしましょうか,暑苦しい当記事を,せめて雰囲気だけでもオシャレに。店員はもちろん「笑顔がキュートな女のコ」でいきます。

空想はタダですのでね。

カフェのWebサイトを作る,となると,その目的は当然お客さまに沢山来てもらえるように,お店の告知をするということになります。

告知するための情報,⁠キーワード」はこんな感じ。

  • 名前を「ウミネコカフェ」と言います
  • 場所は「東京の池袋」にあります
  • 「コーヒーとフレンチトースト」が自慢です
  • お店の雰囲気はちょっと「レトロ」です
  • 顧客の中心は,平日が「ビジネスマン」で土日が「カップル」です
  • ※当然すべて架空です。

うーむ。今どきこんなカフェがあるのかどうか,書いてみて自信がなくなってきました。自分の想像力の乏しさに脱帽,もとい絶望です。

顧客の方向性は今のままで問題無いとすると,とにかくこういうお客さまをバンバン呼び込みたい,ということになります。

では,まずはWebサイトのタイトルをどうするか考えましょう。

普通に考えると,シンプルに「ウミネコカフェ」ですね。店名ですし。

“⁠⁠UMINEKO-CAFE」なんて,オシャレに英語にしてしまったり。フランス語なんてのもイイんじゃないかしら。”

……と,盛り上がっているところをバッサリいきますが,ここで素直にWebサイトのタイトルを「ウミネコカフェ」にしてしまうと,そもそも店名を知っている人でないと,検索できないことになります。英語になると,さらに知っている人が減り,フランス語なんてもってのほかです。

……ですよねえ。

ワタシの経験から言うと,Webサイトのタイトルは,他の何よりも検索エンジンへの影響が大きい(=ウケる)です。その次に記事や固定ページのタイトルで,⁠本文」「本文中に添付してある画像」は,各種タイトルと比べれば「おまけ」程度にしか威力を発揮しません。

様々な情報は,記事の中にちゃんと書いてればいいでしょー,というのは,なかなかに厳しいお話で,とりあえずタイトルに書かないとはじまるものもはじまらない,と覚えておいたほうが安全です。

とすると,ここで安易に「ウミネコカフェ」とだけ付けてしまうのは,⁠実はスーパー勿体無いことをしている」ということになります。

困ったぜ……じゃあ何をドコまで書けばいいのやら……。

ですね。ええ。

せめて,⁠キーワード」をもう少し入れておきましょう。入れ過ぎると収集がつかなくなりますので,3個~5個くらいを意識しつつ。

たとえば……。

  • 『池袋のレトロなカフェで極上のフレンチトーストを | ウミネコカフェ』

こんな感じ。

補足ですが,この場合,WordPressの「サイトのキャッチフレーズ」の項目は使わず,すべて「Webサイトのタイトル」として設定しています

補足ですが,この場合,WordPressの「サイトのキャッチフレーズ」の項目は使わず,すべて「Webサイトのタイトル」として設定しています

正直結構長めですが,⁠池袋」⁠カフェ」⁠フレンチトースト」⁠店名」は放り込めました。キーワードは4つ。⁠レトロ」「極上」は無くてもいいのですが,検索結果に表示された時に,前後のカフェよりも目を引くことを狙っています。

ちなみに,その2つを無くすと,こう。

  • 『池袋のカフェでフレンチトーストを | ウミネコカフェ』

ややシンプル。っていうか,だいぶシンプル。投稿記事の場合は,前に記事タイトルが入ってきますので,このくらいのほうがトータルの長さ的には良さそうです。ワタシはもう少しクドいのが好きなので,⁠レトロ」⁠極上」付きをオススメしますが。

何をドコまでタイトルの中に入れるかを考える時,⁠文章」で考えるとズルズルと伸びてしまいますので,こうやって「キーワードの個数」で考えるようにしましょう。スッキリわかりやすくなります。

ちなみに,間に入っている「|⁠⁠。この記号は「バーティカルバー」と言って,Webサイトでは,2つの言葉をつなぐ際によく使われます。使いこなすと通っぽい雰囲気が出せますので,覚えておきましょう。キーボード上のドコにこの文字があるか……まずはそこからです。

さてさて。

ユーザーが検索エンジンを使って検索するシーンを想像すると,池袋に来てカフェを探すのであれば,⁠池袋カフェ」と入力して検索ボタンを押しそうですよね。

ですので,⁠タイトルの前半」にそれらの言葉がガッチリ入るように意識しましょう。⁠タイトルの後半」は補足的な言葉を付けていきます。

で,まずそんな感じに骨組みができたら,後は検索結果にズラッと並んだ時に,ユーザーさんが目で見て「おっ」と思って欲しい言葉を入れておくと良い感じです。

  • 『池袋のレトロなカフェで極上のフレンチトーストを | ウミネコカフェ』

ほーら,なんだかステキなWebサイトのタイトルに見えてきたでしょう?

クールな雰囲気はキレイサッパリなくなってしまいましたが,これは「強さ重視なんだ」と自分に言い聞かせましょう。ワタシも「なんかゴテゴテだなー」と心の片隅で思いながら,日々自分を洗脳しています。

著者プロフィール

カワサキタカシ(かわさきたかし)

元アイ・ビー・エムERPコンサルタント,元アップル教育ソリューション開発者兼営業,他にも様々な経験を経て,人材育成会社『株式会社マイウェイ』を夫婦で起業。現在,同社の取締役兼なんでも担当。

「Webサイト」から「iPhoneアプリ」,「ビジネスサービス」から「会社」まで,『作ること』が好き。そして作る楽しさを誰かに『教えること』も好き。楽しく作る技術を学ぶコミュニティ,『サルでき.jp』をぐーたら管理中。

著書に『iPhoneアプリ開発塾』(技術評論社),『サルにもできるiPhone同人誌の創り方』(飛鳥新社)がある。

株式会社マイウェイ Webサイト
株式会社マイウェイ Facebook
カワサキタカシ Facebook
サルでき.jp


企業サイト作り(運用)にお困りの経営者さま・Webご担当者さま。ワタシ,『企業サイトを楽しく作る(育てる)ためのサポートサービス』もやっております。困り果てて現実逃避の小旅行に出かける前に,是非一度弊社Webサイトまでお気軽にご相談くださいませ。