2010年版SEO体得講座

第5回 SEOツールを使いこなそう!(3)被リンクチェックツール「hanasakigani.jp」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

マイサイト被リンクチェックツール

hanasakigani.jpのもう1つの機能はマイサイトの被リンクの情報を調べるツールです。画面上部の2番目のタブを見ると「マイサイト被リンクチェックツール」とあります。この機能は,入力ボックスにURLを入れて,[Check!]ボタンをクリックするとYahoo!で「link:」で検索したときの被リンクの元ページを調査してその結果を表示します図2⁠。各列の意味を説明しましょう。

図2 被リンク元の調査結果

図2 被リンク元の調査結果

「No.」

Yahoo!における被リンクの検索結果の順番を表します。この図では10位までしか表示されていませんが,最大50件まで表示できます。

「被リンクのページタイトルとURL」

文字通り,リンク元ページのタイトルとURLです。

「アンカーテキスト」

リンク元ページの中にある入力したURLへのリンクのアンカーテキストです。画像の場合はalt属性またはtitle属性の内容を表示します。

「nf」

これはnofollowの略です。被リンクの<a>タグに属性値「nofollow」があるとその被リンクは検索エンジンのランキングに影響を与えませんので注意が必要です。

「PR」

GoogleのPageRankの略です。ページの重要度を表す総合的な指標です。

「OBL」

Out Bound Linksの略です。リンク元ページから張られているリンクの総数です。

「HIS」

当社で独自に定義した被リンクの重要度を数値化した指標です。数字が大きいほどそのリンクの価値が高いことを表します。

この調査結果の表は,画面で確認できる他,CSVデータとしてダウンロードすることもできます。

このマイサイト被リンクチェックツールを使うと,どのようにSEO対策に役立てることができるでしょうか。まずアンカーテキストに注目してみましょう。この図では,3種類のアンカーテキストがあります。ひとつは「SEO対策⁠⁠,もう1つは「Webマーケティング⁠⁠,そして空白です。リンク元サイトは取引先や関係会社もあれば,まったく知らないサイトも出てきますが,⁠リンクのアンカーテキストを変更してください。」と言える先であれば,依頼をしてSEOターゲットキーワードによるアンカーテキストを増やすことができます。

またPRやHISの指標を見ると,被リンクそれぞれが持つパワーがわかります。これを見て,どういう種類のリンクが有効なのかを把握し,今後の被リンク増強の方針を立てることができるでしょう。

参考URL
被リンクチェックツール「hanasakigani.jp」
http://hanasakigani.jp/

著者プロフィール

藤沢竜志(ふじさわたつし)

株式会社ディーボ 代表取締役社長

1964年大阪府出身。大阪大学基礎工学部情報工学科中退。大学在学中からソフトウェアベンチャーで仕事をはじめ、パッケージソフト製品の開発、マーケティングに従事。東京の食品流通業経営企画室で戦略情報システムを構築、米大手ソフトハウスのデータベース製品マーケティングマネージャー、ITソリューション営業を経て札幌へ移住。

1999年株式会社ソフトフロント開発担当取締役としてネットビジネスの共同開発を多数手がける。2001年営業担当取締役としてVolP、SIP技術ソリューション営業を担当、ヘラクレス市場への上場を経験。

2003年株式会社データクラフトの写真販売サイト(現イメージナビ)の事業責任者として画像検索エンジンの設計を行い、この頃からSEO対策に取り組み始める。

2005年株式会社ディーボ設立。SEO対策を技術面、運用面から研究。SEO対策は自社で行うべきという持論を持ち、現在はSEO対策のためのツールやサービスを開発し提供している。

著書に『即実践! SEO対策』がある。