2010年版SEO体得講座

第9回 SEOツールを使いこなそう!(5)SEOペナルティチェックツール「takotubo.jp」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

タイトルテキスト重複チェックツール

3つめのツールはタイトルテキスト重複チェックツールです。同じタイトルのページがサイトの中に存在しないかをチェックします。調べたいサイトのURLを入力し[Check!]をクリックすると調査結果が表示されます図4⁠。

図4 タイトルテキスト重複チェックツール

図4 タイトルテキスト重複チェックツール

指定したURLのタイトルと同じタイトルのページがサイト内にない場合は,重複タイトルインデックス数が0と表示されます。同じタイトルのページが見つかった場合は,見つかったページ数が表示されます。

同じタイトルのページが複数あると重複コンテンツとみなされ,ペナルティの対象となる可能性があります。同じタイトルのページが見つかった場合は異なるタイトルに変更するとよいでしょう。

リンク切れチェックツール

4つめのツールはリンク切れチェックツールです。指定したページから他のページに張られている外部リンクの先のページが存在するかどうかをチェックします。調べたいサイトのURLを入力し[Check!]をクリックすると調査結果が表示されます図5⁠。

図5 リンク切れチェックツール

図5 リンク切れチェックツール

リンク切れはペナルティに直接関係するわけではありませんが,リンク切れが多いサイトは価値が低く見られる傾向があり,ユーザビリティの観点からもリンク切れが起こっていないか定期的にチェックして修正していきたいものです。

ペナルティを判定する確実な方法は今のところありませんが,以上のツールを使った調査でかなりわかるのではないかと思います。ペナルティの疑いが強ければ,直前に行った施策を元に戻すなどの対策を取りましょう。

参考サイト
SEOペナルティチェックツール takotubo.jp
http://takotubo.jp/

著者プロフィール

藤沢竜志(ふじさわたつし)

株式会社ディーボ 代表取締役社長

1964年大阪府出身。大阪大学基礎工学部情報工学科中退。大学在学中からソフトウェアベンチャーで仕事をはじめ、パッケージソフト製品の開発、マーケティングに従事。東京の食品流通業経営企画室で戦略情報システムを構築、米大手ソフトハウスのデータベース製品マーケティングマネージャー、ITソリューション営業を経て札幌へ移住。

1999年株式会社ソフトフロント開発担当取締役としてネットビジネスの共同開発を多数手がける。2001年営業担当取締役としてVolP、SIP技術ソリューション営業を担当、ヘラクレス市場への上場を経験。

2003年株式会社データクラフトの写真販売サイト(現イメージナビ)の事業責任者として画像検索エンジンの設計を行い、この頃からSEO対策に取り組み始める。

2005年株式会社ディーボ設立。SEO対策を技術面、運用面から研究。SEO対策は自社で行うべきという持論を持ち、現在はSEO対策のためのツールやサービスを開発し提供している。

著書に『即実践! SEO対策』がある。